R152ツーリング・・・・vol.2
前回の続きです。


ランチタイムを終え、走行再開。
先は長いので、じっくり腰を据えて走ります。
ペースはゆっくり。




2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_016

蛇洞林道(じゃぼらりんどう)にて。《MAP
先述したように、R152は2カ所ほど未開通区間があって、それぞれ迂回路があります。
この蛇洞林道は、その迂回路の一つ。

ここは蛇洞林道の中でも最も美しい部分です。
両側はすっきりしたカラマツ林になっていて、無粋なガードレールがありません。
秋は黄葉と落ち葉で景色が金色になります。
いまの季節だと、ちょっとそれが想像できにくいかもですが。






2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_017

日本共産党のポスターって、木造とのマッチングが抜群です。







そして大鹿村中心部へ差し掛かり、視界が開けたところで、この看板が目を引きます。



道路の軸線上にあるので、いやでも目に入ります。




2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_019

2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_020

ここの地名が「大鹿村」だけに、かなりのインパクト。
前から気になってました。
ネットで調べると、2011年の日本映画「大鹿村騒動記」で使われたセットをそのまま引き継いでいるそうです。





あと、ちょっと分かりにくいですが、ここからもうちょっと北上したとこで、「塩の里」という休息施設があって、そこでも食事ができるそうです。《食べログ
名物の鹿肉料理が食べられるそうです。
R152からちょっと脇に入るので、気をつけていないとスルーしてしまいそう。
よく見れば、「塩の里→」という標識が出てるようですね。


「ディア・イーター」と「塩の里」と、どっちの鹿肉料理が美味しいでしょうね?
今度、食べ比べてみたいと思います。
いずれにせよ、鹿にとってはここらはデンジャラスゾーンですね。





続く







にほんブログ村





( 2018.07.15 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:0 )
GOKIの季節がやってきた!
ついに来ましたね・・・・・・。


2018_0712GOKIの季節がやってきた_001


イラストだけでも拒否反応。

視神経が腐りそうです。






にほんブログ村




つい昨日、今期初GOKIを退治しました。
瞬殺のはずのゴキジェットプロがすぐに効かず、しばしのたうち回ってました・・・・・おえええ

発見したときの視覚的ショック、戦闘、片付け、とストレスが半端ないです _| ̄|○






  


 


( 2018.07.12 ) ( その他 ) ( COMMENT:0 )
R152ツーリング・・・・vol.1
去る5月終盤に、お気に入りのR152を、久々に走ってきました。
4年ぶりです。


R152は、静岡県の浜松と、長野県の茅野を、ほぼ一直線で結ぶ、約180kmのルートです。



正確に言うと、2カ所ほど未開通の部分があって、それぞれ迂回ルートを通ることになります。
全般的に交通量が少なく、その割には道が整備されていて、走りやすいです。
荒れた舗装林道のような区間もありますが、それは全体から見たらごく一部です。
変化があって、走り甲斐があります。


東京方面からだと、新東名の浜松浜北ICで降りてR152にコースインし、ずっと走って北上し、諏訪ICから中央道に乗って帰ってくる、という感じになります。
東京起点とすると、総走行距離は650km前後になります。
けっこうな距離ですが、このうち下道はたった180kmだけですから、イメージよりハードではありません。
まあ疲れるには疲れますが。




ということで、今回も新東名の浜松浜北ICからのアプローチになりましたが、R152の一部が土砂崩れで通行止めになっているとのこと。 【通行情報
迂回路はあるのですが、その迂回路が狭くて中型車以上のすれ違いが困難なので、約15分間隔で北進・南進を切替えるという片側交互通行規制になってるそうです。
なんだか面倒くさいので、今回はぜんぜん別のルートでここを迂回し、適当なところでR152に合流するというコースにしました。
その迂回路はこんな感じ。



分かりにくそうに見えますが、それほど面倒ではありません。
この大きな迂回により、25kmほど余計に走ることになりますが、まあぜんぜん許容範囲です。





2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_003

天気が良くて暑いくらい。
木陰で小休止。




2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_004

ん?
廃線?
と、雰囲気でそう思ったのですが、ぜんぜん違いました。
JR飯田線です。
現役です。




2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_006

なんだか可愛い建物でした。
花が満開なのはポイント高いです。




この後、無事にR152に合流。
快適に走ります。

そろそろランチタイムです。
道の駅遠山郷に差し掛かりましたが、いつもこの先の食堂で食べてるので、道の駅はスルー。
そして、「梨元ていしゃば」《MAP》に行くと、まさかの閉店。
え??!!
もう何十年もお世話になってるのに・・・・いったいいつから?
情報が少ないのですが、調べていくと、2015年の11月30日に店じまいしたようです。
非常に残念です。



・・・・・と、いうことで、道の駅遠山郷《MAP》に引き返しました。
何度か立ち寄ってますが、食事はしたことないです。
何かありますかね?

2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_010

レストラン「味ゆ~楽」で、遠山郷ジンギス定食をいただきました。
1200円です。
けっこうなボリュームでした。
ジンギスカンというと、北海道だと思ってましたが、長野県北部の一部地域ではジンギスカンを食べる習慣があるそうです。
そこと、ここの関係は分かりませんが、調理法などはその地域のものにならってるのかも?
こんど機会があれば聞いてみたいと思います。




続きます。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




( 2018.07.11 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )
@N.R.O.
Nobeyama Radio Observatory、すなわち野辺山宇宙電波観測所です。
ちょっと前のことになりますが、5月の中旬頃にバイクで行ってきました。









入場は無料。
受付で記帳すれば自由に入れます。
観測に影響を及ぼすので、携帯電話はOFFにしなければなりません。





この観測所に並んでいるパラボラアンテナは、電波望遠鏡と言われるものです。
Wikiによれば、電波望遠鏡とは、可視光線を集光して天体を観測する光学式の天体望遠鏡に対して、電波を集めて天体を観測するものです。
可視光線を出さない星間ガスなどの観測に用います。
例えばブラックホールの周りを回る高温のガスは、電波望遠鏡なら観測できます。




2018_0522_須玉→野辺山→ぶどう峠ツーリング_6DMarkII_DPP4_002




2018_0522_須玉→野辺山→ぶどう峠ツーリング_6DMarkII_DPP4_007





2018_0522_須玉→野辺山→ぶどう峠ツーリング_6DMarkII_DPP4_012




2018_0522_須玉→野辺山→ぶどう峠ツーリング_6DMarkII_DPP4_013



なんだか暗い感じですが、実際は快晴です。
アンテナの白い部分のトーンを残そうとすると、どうしても全体的に暗めになります。
キヤノンのカメラは特にハイライトの粘りに弱いので、ハイライトを優先すると、こうなってしまいます。
他メーカーのカメラなら違うかも?





見学後は観測所の近くにある展望台へ。


2018_0522_須玉→野辺山→ぶどう峠ツーリング_6DMarkII_DPP4_024


八ヶ岳が見通せる絶景スポットでした。
柵が無いのがありがたいです。


使用レンズは85mm。
久々に使いましたが、28mmあたりに慣れた身には85mmって完全に望遠レンズの領域。
ファインダーを覗いて、おもわずのけぞってしまいました。









にほんブログ村




( 2018.07.03 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )
@新宿
いつもの街、新宿にて。



2018_0521_新宿_GRII_DPP4_005




2018_0521_新宿_GRII_DPP4_006






にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




ところで



2018_0627シャンシャン_001




今月12日に1歳を迎えた上野動物園のシャンシャンの最新情報。
一日に13~15時間くらい寝て、そのほかの時間は遊んでて、1日あたり4、5回ほどシンシンのお乳を飲み、竹よりリンゴが好み、だそうです。
シャンシャン、やりたい放題ですね。
全国5000万人の社畜からみたら、夢の生活ですw

 


( 2018.06.28 ) ( ) ( COMMENT:0 )