FC2ブログ
山梨市江曽原集落・・・・vol.2
前回の続きです。




2019_1117_山梨市江曽原集落_RP_DPP4_013

この辺りの家屋は3階建てに見えるものが多いです。
しかし、2階と3階部分は共に高さがいやに低く、普通の居住空間ではないように見えます。
どうなってるのかは中から見ないと分かりませんが、養蚕型切妻民家と呼ばれるものらしいです。
明治時代、養蚕が盛んになり、2階を蚕室とすべく家屋が改造され、または蚕室付き家屋が新たに建てられました。
ここ江曽原は山梨県の中で、このタイプの家屋がよく残ってる地域のようで、山梨市景観百選にも選ばれております。




2019_1117_山梨市江曽原集落_RP_DPP4_015

痛んで剥がれてますが、おかげで漆喰塗り土壁が3層になってるのがわかります。
土壁の作り方をネットで調べてみたのですが、ほとんど情報がありませんでした。
一番詳しかったのは、「古民家における伝統的構法への取り組み(軸組み・土壁に関する実習報告)」という千葉職業能力開発短期大学校の角本邦久さんによるレポートです。
それによれば、大きく分けて4工程あり、
 ①竹を編んだ「小舞竹組」で下地を作る。
 ②荒土塗り(下塗り)
 ③中塗り
 ④漆喰塗り(仕上げ塗り)
だそうです。
写真では①は見えませんが、②と③と④が3層に見えてるわけです。
なお、荒土塗りに使う土は、1週間以上寝かせて作るんだとか。
角本さんと実習生の方、ありがとうございました。




2019_1117_山梨市江曽原集落_RP_DPP4_023

この集落は漆喰塗りの土壁が多いです。
他の場所だと、上にトタンが被せられたりするのですが、ここでは漆喰塗りがそのまま残ってます。
この時代に貴重ですね。




2019_1117_山梨市江曽原集落_RP_DPP4_031

だいぶ痛んでおります。
放置されてから何十年も経ってるんでしょうね。
しかし、こうなってもなお威厳が残ってる気がします。




2019_1117_山梨市江曽原集落_RP_DPP4_037

軸組みの割り付けが小気味よく、見飽きません。
自宅を含め、そこらの建売住宅などでは到底太刀打ちできないプロポーションの美しさがありますね。
ですが、実際に住むとなれば話は別で、屋根も壁も断熱などないでしょうから、夏は暑く、冬は寒いはず。
またそこら中隙間があるので、かわいい虫ちゃんがどんどん入ってきちゃうでしょうね。
僕は虫が苦手なので、それはちょっと勘弁です。
小学生のころ、風邪をひいて寝込んでた時、真上の天井にムカデが這ってるのに気づきました。
うあああ・・・・と思ったその矢先、そのムカデがぽとっと枕元に落ちてきました・・・・・
それがトラウマ。
虫は駄目です。




続きます。





にほんブログ村




( 2019.12.04 ) ( 街・集落 ) ( COMMENT:0 )
TEST
TEST

IMG_1514.jpg





( 2019.12.02 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 )
山梨市江曽原集落・・・・vol.1
11月中旬、山梨市の江曽原集落に行ってきました。


江曽原(えぞはら)とはここ。



いままで足を踏み入れたことのないエリアです。
ここを見つけたのは、このWEBサイトのおかげ。 
 日本の古い町並み
文章も写真も簡潔ですが、数量が充実しています。
山梨県だけで50以上の集落が載っています。
かなりの充実度です。
僕は山梨方面に頻繁に行くので、このサイトからいくつかの集落をピックアップして、一つづつ回っていくという具合です。
かなり助かっております。
感謝ですね。




2019_1117_山梨市江曽原集落_RP_DPP4_004 漆喰塗りの土壁にフレームが露出した真壁(しんかべ)の建物が多いです。




2019_1117_山梨市江曽原集落_RP_DPP4_003

トタンにあるペンギンマークがかわいらしいです。
特徴的なのでどこのものかすぐに分かると思ってましたが、ネットで検索かけてもぜんぜん出てきません。
よほどマイナーなブランドなのかもしれません。




2019_1117_山梨市江曽原集落_RP_DPP4_005

ここだけではないですが、空き家が多いです。
人が住まなくなると傷みが早くなりますね。




2019_1117_山梨市江曽原集落_RP_DPP4_007

長年運転してますが、実際に子供が道路に飛び出してくるのを見たことは2回しかありません。
1回目は、クルマを運転中、道路にボールが転がり込んできたので、警戒してブレーキを踏んだら子供が飛び出してきた、という絵に描いたようなパターン。
2回目は、小学生の時に友達と2人で自転車で急坂を駆け下りていった時のこと。
下った先に大きめの道路があるのですが、先行していた友達はブレーキが間に合わずに道路に飛び出してしまい、クルマに跳ね飛ばされてしまいました。
かなりの飛距離に見えましたが、幸いにどこも怪我もなく済みました。
たぶん大げさに記憶してるんでしょうね?






続きます。






にほんブログ村



またおじさんによる猥褻事件です。
兵庫県伊丹市の市バスのなかで、それは発生しました。
伊丹署によると、男は窓際にいた20代女性の隣に座り、「狭くてごめんね」「どこまで乗るの?」などと話し掛け、下半身を露出したそうです。
一方的な露出狂ではなく、自らシチュエーションを演出する劇場型露出狂のようですねw
男は次の停留所で降りましたが、防犯カメラに姿が映ってたので捕まったそうです。

 


( 2019.11.29 ) ( 街・集落 ) ( COMMENT:3 )
山梨県徳和集落・・・・vol.3
前回の続きです。



2019_1110_山梨県徳和集落_RP_DPP4_017

適度に囲まれて、日が当たって、なかなか居心地が良さそうなところですね。
僕好みな場所です。




2019_1110_山梨県徳和集落_RP_DPP4_018

広いゲートボール練習場がありました。
この地区は地形が急峻ですから、まとまった広さの平地は貴重です。
その一等地にあるということで、ゲートボールの位置づけが測れます。
ゲートボールというとジジババのスポーツというイメージがありますね。
実際、ジジババ以外見たことないですw
しかしながら、「日本ゲートボール協会」のHPを見た感じだと、けっこう若手もいますね。
最年少は8歳だとか。
そのまま修練を積みジジババになったら凄腕のプレイヤーになるのでしょうね。
なにしろプレイヤー歴60年とか70年とかですから。




2019_1110_山梨県徳和集落_RP_DPP4_021

よく山間部で見かけるこれ、「地上式消火栓」というものだそうです。
一方で道路のマンホールにある消火栓は「地下型消火栓」と言います。
山間部だと雪が降ったりしがちなので地上型が多いようです。
この消火栓の近くは道交法で駐車が禁止されてますが、これとは別に、消防法40条で消防団員の消火や救護活動を妨げたものは、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処すると決まっております。
消防法違反で刑務所送りになりかねないのです。
極寒の網走刑務所で連続バラバラ殺人犯とかと同じ房になったりするかも?
気を付けましょう。




2019_1110_山梨県徳和集落_RP_DPP4_025

集落の入り口辺りにある祠です。
祠の手前には山梨名物の丸石神が。
集落を災いから守ってほしいという願いがかけられているのでしょう。





徳和集落シリーズ、終わります。





にほんブログ村




17日、慶応大学の某教授が下着泥棒で捕まりました。
アパートの1階に干してあった下着を取ったところ、女性の旦那さんに見つかり、逃走を図りましたが、数百メートル先で旦那さんに取り押さえられたそうです。
名前も写真も職場まで晒されちゃって、これからどうするのでしょうか。

そして19日、女子高生が男に穿いてたスカートを強奪されたうえに身体を触られるという事件が起きました。
しかも犯人の男は女装してたそうです。
産経新聞によれば白系でまとめてたとか。
そんなこと書かなくてよいですw
ここ最近、女性が襲われて穿いてたパンツを奪われるという事件がたて続き、いったい日本はどうなるのであろうかと心配していたところでさらなる強烈なパンチが来ましたね。
パンツではなくスカートという路線に女装というプレイが加わり、バリエーションが豊かになりましたw

このままバリエーションが増えてきたら、女が男に飛びかかり、穿いてたパンツを奪い去る、というのが出てきそうですね。
あらかじめ言ってくださればパンツくらい差し上げますよww

 


( 2019.11.24 ) ( 街・集落 ) ( COMMENT:3 )
山梨県徳和集落・・・・vol.2
前回の続きです。




2019_1110_山梨県徳和集落_RP_DPP4_010

野良作業に欠かせない軍手。
バイクやクルマの整備の時に軍手を使う人も多いようです。
でも僕は指先の感覚が鈍くなるのが嫌で、軍手はしません。
素手です。
油で手が汚れ、それを落とすために強い洗剤やケミカルを使い、とやってると手がガサガサになってしまいます。
まあやめたほうがいいですね。




2019_1110_山梨県徳和集落_RP_DPP4_011

集落の背後には乾徳山をはじめとして2000メートル級の山々が並んでます。
さぞかし水が美味しいでしょうね。
山梨は自然が豊かなので、降水量は結構あるかと思ってましたが、年間で1000mmで日本では最下位級。
かなり意外です。
海に面してないことで雨雲の発達が少ないからでしょうか。
日本一は宮崎県で、年間3000mmを越えます。

世界を見ると、1位はコロンビアで、年間3000mm級です。
ぼくはたぶんアマゾン川を擁するブラジルがトップ級だと思ってましたが、ランキング上は40位以下でした。
これも意外です。
コロンビアって赤道直下ってこともあって、どこにいようとクッソ暑そうなイメージがありますが、コロンビアの最高峰はクリストバル・コロン山という山で、標高5700m。
万年雪に覆われてるそうな。
寒いし、酸素薄いし、それは辞退申し上げますw





2019_1110_山梨県徳和集落_RP_DPP4_016

山梨県指定有形文化財の旧坂本家住宅です。
ご覧のように軽トラが停まってて、ぱっと見た感じ人が住んでて見学はできないように見えたので、スルーしました。
後で調べたところ、県が管理してて住人はいらっしゃらないようなので、見学できたかもしれませんね?

建物は、桁行10間(18.2m)、梁間4.5間(8.2m)。
建築年代は江戸中期の宝暦11年(1761年)だそうです。
普通の民家で江戸中期のものって、なかなか無いです。
かなり古そうに見えても明治期とかです。
ダメもとで覗いておけばよかったですね・・・・

なお、土壁が奇麗ですが、これは10年ほど前に補修工事を受けてるからです。
補修前はだいぶ痛んでたようです。





続きます。




にほんブログ村

 



上で降水量の話になりましたが、世界最下位はエジプトで、なんと年間18mmでした。
たったそれだけ?
日本では30分くらいで降ってしまう程度の雨量です。
それが年間で18mm・・・・・
生きながらにしてミイラになりそうな乾きっぷりです。
呼吸するのすら危険。
ツタンカーメンの呪いですねw




( 2019.11.19 ) ( 街・集落 ) ( COMMENT:0 )