FC2ブログ
渡良瀬バルーンレース・佐野・足尾ツーリング・・・・vol.12
前回の続きです。


足尾駅周辺を撮り終わり、さらに上流を目指して、線路沿いの道を遡ります。





2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_084

前回アップした、古河キャ〇〇ックという会社の近くの建物。
社宅っぽい作りで、「昭和初期のものです」と言われたら信じてしまいそうなほど古風な造り。
いや、実際そうかも?



2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_086

トイレは家の中ではなく、外にあります。
いま気づいたのですが、たぶん共同トイレだから外にあるんでしょうね?
それにしても、便器の柄がいやに雅です。
こんな便器だったら、出るものも出ないですよw




2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_092

何から何まででたらめすぎて、外壁がパッチワークになってます。
あるものはなんでも使うという方針のようですね。




2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_096

古河橋。《MAP
一番見たかったものの一つです。
この橋は、明治23年12月28日竣工の鉄橋で、明治中期までに架設された道路用鉄橋として、原位置に現存する極めて貴重な橋なんだだそうです。
ドイツのハーコート社製で、ボウ・ストリング・ワーレン・トラス式、ピン接合、長さ48.5m、幅員4.8mだとのこと。
見ての通り、床は木製で、痛んできてるせいか、通行禁止になってました。

部材はドイツのハーコート社で作り、日本に輸送し、現場に持ち込んだ、ということでしょうか。
現場での組み立ては、ハーコート社から技師が来たのでしょうか?
その辺は不明です。

橋を輸入するというのは現代では聞きませんが、明治23年というと、開国から数十年。
鉄骨の橋を作るノウハウが無かったんでしょうね。




2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_099

トラスの接合部が、メカニカルで美しいですね。




前の記事の最後の方にも書きましたが、こういう明治・大正・昭和初期あたりの構造物の美しさは、現代の最新のものより優れています。
最新の橋は合理的なのかもしれませんが、「合理的」という魔法の言葉に、支配されすぎているような気がします。
誰だって、外に出かけるときは、ちゃんとした服を着て身支度を整えますよね?
橋だってそうです。
人様の前に何十年にもわたって姿をさらすわけですから、佇まいの美しさを追求すべきです。
これって、そんなに変なことは言ってないような気がするのですが・・・





にほんブログ村

 



( 2019.08.19 ) ( 街・集落 ) ( COMMENT:0 )
渡良瀬バルーンレース・佐野・足尾ツーリング・・・・vol.11
前回の続きです。


「山ノ神ドライブイン」で蕎麦をいただいて、粕尾峠《MAP》に取り組みます。
この峠は、タイトで険しく、走り甲斐がある峠だ・・・・と言いたいところですが、ちょっと路面のコンディションが悪すぎます。
峠の東側はそうでもないですが、西側は浮き砂が多く、神経をとがらせてないと転倒しそう。
なぜこんなに浮き砂が多いのかは分かりませんが、たぶん春の雪解けから時間が経ってないので、雪が運んできた砂が路面に残されてるんだろうと思います。(記事は4月初旬時点のものです)
いま行けば、砂が洗い流され、状況は変わってるかもしれません。


と、言いつつも無事に峠を降りて、足尾に到着しました。


旅が始まってから足尾に着目したので、どこにバイクを停め、どこを見るかとか、そういう下調べは一切してないです。
片っ端から撮っていくことになります。
バイクを停める場所は、まあ臨機応変に。




2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_060

渡良瀬川にかかる橋は、その名もずばり、「渡良瀬橋」。
脇に説明書きがあって、それによれば、この橋は元々鉄骨の橋だったらしいですが、その後の昭和10年(1935年)の大改修で、鉄骨部分をコンクリートで巻いて、今の形になったそうです。
そして平成9年(1997年)にすぐ隣に新しい橋が造られるまで、現役だったようです。
大改修を受ける前の元々の鉄骨の橋がいつのものかは、資料の散逸により、不明だそうです。


新しい橋は写真に写ってます。
よくある鉄骨の無粋な橋。
最新の橋が、昭和だか大正時代だかの橋に比べて貧相だってのがよく分かりません。





2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_067

渓流が美しいですね。
水だけ見てると、かつて鉱毒事件が起こったとは思えないです。
そこが却って危険なのかもですが・・・




2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_068

社宅?らしき建物が建ってます。
いったいいつのものかは不明ですが、昭和初期とかじゃないですかね?
でも窓がアルミサッシになってたりしますし、案外新しいかも?
ちょっと、分かりません。




2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_078

2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_081

古河キャ〇〇ックという会社の玄関脇に建ってる木造の事務所?です。
現役でしょうね?






続きます。






にほんブログ村

 


( 2019.08.17 ) ( 街・集落 ) ( COMMENT:0 )
渡良瀬バルーンレース・佐野・足尾ツーリング・・・・vol.10
前回の続きです。



葛生を撮り終わり、再び走り始めて足尾を目指します。
ほこりっぽい道で、土砂を積んだダンプがめちゃくちゃ多いです。
前も後ろも対向車線もダンプだらけの団子状態で走ってました。

やがて、そのダンプ達もいつの間にかいなくなり、ひなびた田舎道の雰囲気が濃いルートになってきました。



2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_041


2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_044


2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_048

栃木県道32号線沿いのとある集落にて。
大漁大漁♪




さらに、ちょっと走ると・・・・



2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_050

またしても。




さっきから停まってばかりで、ぜんぜん前に進みません。
嬉しい悲鳴っていうんですかね?



2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_051

2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_052

粕尾峠に向かう途中で見つけた火の見櫓。
昭和34年と記されたプレートが付いていました。(写ってないですが)
ちょっと手が込んでて、可憐な印象。
手入れが行き届いておらず、屋根も飛んでますし、錆が多いのが残念です。





さて、粕尾峠を越えたら足尾というところまで来ましたが、時刻は11時を回りました。
足尾で飯を食べる場所があるかどうか調べたのですが、いまいちぴんとくる感じのお店はない感じ。
そんな感じで様子を見ながら走ってたのですが、ちょうどタイミング良くドライブインがありました。
「山ノ神ドライブイン」というお店でした。




2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_059

天ぷらセットをいただきました。
ごちそうさまでした。






にほんブログ村

 


( 2019.08.15 ) ( 街・集落 ) ( COMMENT:0 )
渡良瀬バルーンレース・佐野・足尾ツーリング・・・・vol.9
前回の続きです。


一夜明けて次の朝、熱気球渡良瀬バルーンレースの朝の部。
会場まで行ったのですが、風が強いので競技はキャンセルになってしまいました。
長年見てますが、朝の競技がキャンセルになったのは、僕の経験では初めてじゃないでしょうか?


熱気球競技は明日もありますが、都合により今朝がラストチャンスでした。
残念ですが、次のポイントに向かいます。


まず向かったのは葛生という街です。



これ、「くずう」と読みます。
難読であるだけでなく、なんとも発音しにくい名前ですね。
葛生はかつては石灰が採れる鉱山で長く栄えた街だそうです。
初日に足尾から佐野に向かう途中で、ここを通過したのですが、なかなか良い雰囲気を感じ、目をつけていたのです。
その時は陽が暮れたあとだったので、仕方なくスルーしたのでした。




2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_008

前々回の記事にも書きましたが、この手の交通系看板は見ごたえがありますね。
絵柄としては前々回ほどのインパクトは無いですが、塗膜がひび割れた様子や書体にしみじみとした味があります。




2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_012

グンゼは男性用ブリーフを作ってるメーカー、という認識でしたが、実際は女性用肌着も作ってるし、特殊プラスチック・フィルム、製造設備機器、医療用機器、不動産、ショッピングセンター、などなどいろいろやってますね。
グンゼのHPを見てて、子供のころ履いてたあの白いブリーフはもう作ってないのか・・・と思いましたが、杞憂でした。
ちゃんと作ってました。
往年の白いブリーフ




2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_027

「なくそう野犬」のキャラクターが、どう見てもスヌーピーにしか見えませんw
今やったら訴えられますが、昔は笑って見過ごしてたんですよね。
やっぱり古看板って見ごたえたっぷりです。

ところで、「スヌーピー」という漫画があるんだと思ってましたが、実はぜんぜん勘違いで、スヌーピーはアメリカの漫画家、チャールズ・モンロー・シュルツが書いた、「ピーナッツ」という漫画に出てくるキャラ、だそうです。




続きます。




にほんブログ村


 


( 2019.08.13 ) ( 街・集落 ) ( COMMENT:2 )
渡良瀬バルーンレース・佐野・足尾ツーリング・・・・vol.8
前回の続きです。



岩舟の火の見櫓見学と、佐野の街歩きを済ませたころ、ちょうど熱気球の午後の部の3時が近づいてきました。
ホテルに戻って、バイクに乗り、会場へ向かいました。


ちょっと気になる風が吹いてます。
道端に立ってるのぼり旗が真横にはためく、少なくとも”微風”ではなさそうな風です。
これは・・・・



2019_0405_バルーンレース→佐野市街散歩_171

会場に入り、まず目指したのは、大会本部のテント。
掲げられたホワイトボードには、競技中止のお達しが・・・・・。

過去の経験からして、午後の競技ってキャンセルになることって多いです。
近くにおられた大会本部の方にお伺いしたところ、キャンセルになるかならないかの分け目となる風速は3m/secあたりだそうです。
自然が相手だけに、しかたないですね。



しかし、会場ではファンサービスとして、オフィシャル気球の「たけしバルーン」号を立ち上げるところを実演してくれました。



2019_0405_バルーンレース→佐野市街散歩_173

横倒しにしておいて、球皮の口をみんなで広げます。
そして、大きな扇風機で風を送ります。




2019_0405_バルーンレース→佐野市街散歩_177

どんどん風を送ると、けっこう膨らみます。
7割がたくらい膨らんだところで、バーナーを焚きます。
 ※タイミングが合わず、この写真には写ってませんが。




2019_0405_バルーンレース→佐野市街散歩_179

バーナーを何回か焚くと、浮力が付き、自然と起き上がります。
飛んでいかないよう、みんなで押さえ込みます。
ロープの端っこは、クルマに繋いであります。




こんな感じでした。
明日の朝もまた撮りに来ます。





にほんブログ村
  
 
 


( 2019.08.09 ) ( 熱気球 ) ( COMMENT:0 )