宮ヶ瀬プチツーリング
ちょっと寒いですが、今日は宮ヶ瀬湖にちょっとツーリングに行ってきました。


湖岸のくねくね道を、後ろから迫ってくる速いクルマ・バイクに道を譲りつつ、軽く流しました。


2018_0218_宮ヶ瀬ツーリング_GRII_DPP4_004


2018_0218_宮ヶ瀬ツーリング_GRII_DPP4_002

行きつけのカフェでティータイム。
山小屋風。




2018_0218_宮ヶ瀬ツーリング_GRII_DPP4_007

レストハウスにて。
ここは駐車場が広く、クルマ、バイクが集まります。
けっこう珍しい車種もあり、同好の方達のちょっとしたコミュニティエリアになっております。
僕のバイクの左側に写ってるスーパースポーツはスズキのGSX-R1000R、2017年モデル。
お値段なんと驚きの200万円オーバーです。
そんな凄いのがしれっといるのがここ宮ヶ瀬湖です。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



最近、テンションが下がり気味。
寒いからでしょうか。
しばらくは更新が滞ります。


( 2018.02.18 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:3 )
西伊豆ツーリング
・・・といっても、走りに専念したので、西伊豆の写真はないです。


朝7時半出発。
顔が凍りそうですが、すかさずウインドシールドを上げて、顔に風が当たらないようにしました。
この寒い時期、電動調整式ウインドシールド、グリップヒーター、シートヒーターがついてるのは本当にありがたいです。

東名の御殿場を超えて、沼津ICから西伊豆にIN。
戸田を経由して土肥へ。
土肥で何をするわけでもなくUターンし、そのまま来た道を戻って、帰路につきました。


そろそろ昼になって、腹が空いてきました。
SAへ立ち寄りました。



2018_0121_西伊豆ツーリング_GRII_003


醤油ラーメン。
かなり衝撃的に不味かったです_| ̄|○
スープが鰹節の埃っぽい臭い&メンマが薬臭い&焼き豚が固い&ぬるい、などなどの要素がてんこ盛り・・・・・
コショウは僕が振ったものです。




2018_0121_西伊豆ツーリング_GRII_004

1時半頃、家に帰り着きました。
往復6時間、320kmほどのツーリングでした。



いま、ちょっとした課題があります。
それはこの320kmを、ガソリン給油無しで走りきれるかどうか、というものです。
おっかないので、伊豆で給油しましたが、こういう場所のガソリンの高いこと!
都心部プラス10円以上します。
これがいかにも勿体ない。
途中給油無しのワンタンクでいければ、助かります。
ガソリンタンク容量はカタログ値で15リットル。 
でもガソリンタンクの容量って、実際は使い切れないことがあるそうなので、実際は14リットルくらいしか使えないかも。
そう考えると、リッターあたり23kmくらい走れば320kmは走りきれます。
そのくらいの燃費はたぶんありますが、かなりギリギリの線です。
どうしようか思案中です。





2018_0121_西伊豆ツーリング_GRII_005

家に帰り着いたら、すぐに洗車。
クルマはそうでもないですが、バイクはいつも綺麗にしておかないと済まないタチです。
数回乗ったら隅々まで洗い、定期的にワックスをかけてます。
バイクは身体の一部ですから大事にしているのです。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




 





( 2018.01.21 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:6 )
宮ヶ瀬ランチツーリング
昨日から、脚の付け根と肩にかなりの痛みがあり、せっかくの休日ですが、自宅療養してました。
今日は昼頃になってだいぶ良くなったので、久々にバイクでちょろっと出かけてきました。



2018_0107_宮ヶ瀬ツーリング_GRII_DPP4_001




行ったのは・・・・・・


2018_0107_宮ヶ瀬ツーリング_GRII_DPP4_002


行きつけの宮ヶ瀬湖にあるレストラン「オレンジツリー」。




2018_0107_宮ヶ瀬ツーリング_GRII_DPP4_003

ガーリック・ハンバーグ。
かなりのボリュームで、お腹いっぱいに。



食後は道志路を山中湖方面に向かったのですが、かなり気温が低く、この先は路面の状態が怪しいと判断し、途中でUターン。
普通に走って帰宅しました。
3時間程度のショート・ツーリングでした。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村





( 2018.01.07 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )
バイクを格好良く撮ろう!
・・・・ということで、かつて僕は写真を始めました。
バイク写真は自分の写真のルーツです。


いつものコース。
奥多摩周遊経由で塩山へ向かいます。
途中で写真を撮りながら。



2017_1027_塩山ツーリング_5DMarkIII_DPP4_006




2017_1027_塩山ツーリング_5DMarkIII_DPP4_009


細かい点は置いておいて、ざっくり言うと、自分のバイクがどの角度から見るのが一番格好いいかを把握し、整った背景と光線で撮るってのが全てです。






塩山では行きつけのお店で昼食を撮り、一息ついたら引き返します。



2017_1027_塩山ツーリング_5DMarkIII_DPP4_018


念願のツーショット達成w
ピントが浅すぎましたが・・・・・



2017_1027_塩山ツーリング_5DMarkIII_DPP4_022



ここにも。
この通りは多めです。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



世の中で食べ物の好き嫌いは人の数だけあるのでしょうけど、白米が苦手とか、醤油がアウトとか、水はダメだがお茶なら飲めるとか、極端な人もいらっしゃるようです。
どうやって日常の食生活を送ってるのでしょうか?

嫌いにもレベルがあって、無理すれば食えるっていう苦手レベルのから、全くダメってのまであると思います。
僕の場合、苦手レベルなのは、酢豚、ぶりの照り焼き、ミョウガ、ニンジン、フルーツ全般(特にバナナ)。
全くダメのレベルは抹茶系。抹茶アイスとか全く無理。
旧日本軍が「航空元気食」なるものを飛行機乗り達に配っていて、いざというときに食わせたらしいですが、これは、抹茶粉末・ビタミンB1等を米粉に練り込んで、砂糖をまぶしたゼリー状の菓子だったそうです。
こんなもん食った日にゃー、ぜんぜん元気じゃ無くなってしまいますね。

 


( 2017.12.04 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:3 )
2017年 北海道ツーリング・・・・12日目 《帰京編》
北海道ツーリング12日目です。
楽しかった北海道ツーリングも、今日がいよいよラストです。


過去記事
2017年 北海道ツーリング・・・・1日目
2017年 北海道ツーリング・・・・2日目
2017年 北海道ツーリング・・・・3日目
2017年 北海道ツーリング・・・・4日目 《網走番外地編 vol.1》 】
2017年 北海道ツーリング・・・・4日目 《網走番外地編 vol.2》 
2017年 北海道ツーリング・・・・5日目 《トラブル編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・5日目
2017年 北海道ツーリング・・・・6日目
【2017年 北海道ツーリング・・・・7日目】
2017年 北海道ツーリング・・・・8日目 《オロロンライン編》 】 
2017年 北海道ツーリング・・・・8日目 《羽幌炭砿編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・8日目 《旭川到着編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・9日目
2017年 北海道ツーリング・・・・10日目 《青い池編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・10日目 《三股山荘・三国峠編》 】
2017年 北海道ツーリング・・・・11日目 《炭鉱巡り編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・11日目 《栗山トンネル編》 


札幌出て、どこにも寄り道せず、千歳空港に向かいます。
天気はどんよりした曇り空。


手順は行きの羽田空港での手順と同じです。
指定のGSで燃料を抜き、空港のANA貨物エリアに向かいます。






ANA貨物エリアはここです。



2017_0818_札幌→自宅_DPP4_004

貨物カウンターにて。
傷のチェックを受け、バッテリーから端子を外したら、完了です。
しかし、バイクを人に預けるというのは一抹の不安があります。
クルマならそんなに気になりませんが。
ライダーなら分かると思いますが、バイクは自分の身体の一部です。
輸送のための書類を書き、バイクを預けます。そして自分は、タクシーで空港玄関口まで行きました。



まず邪魔なヘルメットを手荷物として預けましょう。
でも千歳空港は、案内板が羽田より少なく、分かりにくいです。
ANAの窓口は分かりますが、保安検査所の場所が分かりにくいです。
おまけにすごく混んでいて、どこも行列になっており、どの行列に並べば行きたい場所に行けるかどうか分かりにくかったです。
じっくりと観察して狙いを定めました。

しばしの待ち時間を経て、ようやくヘルメットを預けられました。
受付のかたは、ヘルメットがライダーにとって大事で粗略には扱えないことをご存じで、プチプチシートにくるんで箱に入れてくれました。
これは有り難いです。

ここで突然ですが、構内に怒号が響きました。
客同士の喧嘩勃発!
殴り合いにまで発展。
お客様おやめくださいっ!!
と係員が止めに入りますが、聞く耳持たず。
警察官も飛んできて、引きはがされてました。
喧嘩の理由は分かりませんが、なんと粗暴な・・・・





2017_0818_札幌→自宅_DPP4_005

名残惜しい北海道を離れます。




2017_0818_札幌→自宅_DPP4_008

雲の上に出ました。
この青空を北海道現地ではほとんど見ることができなかっただけに、なんだか悔しい気がしました。




2017_0818_札幌→自宅_DPP4_009

もうすぐ羽田に着きます。
こっちでも天気は良くないようです。




2017_0818_札幌→自宅_DPP4_013

羽田の上空です。



着陸したら、羽田のANA貨物カウンターにバスで移動。
このバスでってのが面倒です。
高い料金払ってるので、行き帰りの専用バスくらい用意して欲しいのが正直なところ。




2017_0818_札幌→自宅_DPP4_015

ANA貨物カウンターにてバイクを受け取りました。
北海道では涼しかったですが、こっちは猛暑でした。
とうとう帰ってきてしまったという実感がわきます。



ガソリンはほとんど空なので、まず給油。
あとは帰るだけです。



しかしここからが試練でした。
最寄りの羽田ICから横羽線を経由し、横浜新道で、保土ヶ谷バイパスというのが正攻法ですが、そのときはちょっと回り道でも、首都高経由で中央道で帰るってのを選択しました。
しかしこれが失敗の元でした。
首都高にいったん乗ったのですが、環状線C2が渋滞してることが判明。
C2をご存じのかたは分かってもらえると思いますが、C2はほとんどトンネルです。
しかも強烈に暑いです。
たぶん35度以上はあるのではないでしょうか?
こんな猛暑の中で渋滞にはまって動けなくなったら、命に関わる事態にさえなります。
ということで首都高は使わないことに。


で、ナビをセットして一般道で自宅を目指したのですが、なにぶんこの辺りは全く土地勘なし。
ナビに従って走ってるはずが、いつの間にかルートを外れてしまい、自分がどこにいるのか完全に分からなくなりました。
全く知らないルートを2時間あまり右往左往。
東京都心部では音声のみナビは使いものになりません


結局いつの間にかR246に出ました。
ここなら分かります。
もうあまりの暑さにへたり気味。
真夏なのに秋物装備ですから当然です。
頭痛がしてきて、脱水症状一歩手前です。
暑いのに、必死で右往左往してたので水分補給ができなかったのです。
これはやばそうです。


R246を西に走り、東名横浜ICから、東名高速に乗りました。
途中のPAで水分補給。
そして、厚木まで行ってそこから圏央道に乗り換えました。
これは、大回りになりますが、時間的には最も速いルートでした。


ようやく帰宅。
もうくたくたになりました・・・・




楽しい日々でしたが、振り返ると、雨が多く、寒かったですね。
終日快晴という日は一日もありませんでした。
今回のツーリングは11泊12日でしたが、6日間はどこかで雨に降られました。
北海道はこれで3回目ですが、これほど天気に恵まれなかったのは今回だけでした。
次回、いつ行けるか分かりませんが、そのときは晴れ続きってのを期待したいですね。


総走行距離は2342kmでした。





2017年北海道ツーリングシリーズ完


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村





( 2017.10.25 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )