スタバにて
おっと間違えました。
バスタでした。
ここの2階のテラスは見晴らしが良くて気持ちいいので、ときどき来ます。
テラスには何らかのオブジェがあって、定期的に模様替えされてます。
このときは花をあしらったアーチ状のオブジェでした。



2018_0312_新宿_GRII_DPP4_001




2018_0312_新宿_GRII_DPP4_002




2018_0312_新宿_GRII_DPP4_004




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村





( 2018.05.21 ) ( ) ( COMMENT:0 )
@新宿・・・・vol.2
前回の続きです。




2018_0306_新宿_GRII_DPP4_012




2018_0306_新宿_GRII_DPP4_013




2018_0306_新宿_GRII_DPP4_015




2018_0306_新宿_GRII_DPP4_018






にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




今や、公衆電話の使い方を知らない若者が多いそうです。
NTT東日本が2017年に実施したアンケートでは、小学生の85%が使い方を知らなかったそうです。
受話器をまず真っ先に持ち上げないといけないなんてのは、知らないひとには確かに分からないでしょうね。
というか、使い方云々以前に、あれが電話であるということがまず分からないと思います。


それに、今の時代、スマホで何でもできてしまうのに、公衆電話はあれだけの巨体にもかかわらず電話しかできないのです。
いったい、中身はどうなってるんでしょうね?
スカスカなんじゃ?
 
 


( 2018.05.12 ) ( ) ( COMMENT:2 )
@新宿・・・・vol.1
行きつけの病院の帰り、時間が余ったので、そこらをぶらぶらと。



2018_0306_新宿_GRII_DPP4_006




2018_0306_新宿_GRII_DPP4_007




2018_0306_新宿_GRII_DPP4_009




2018_0306_新宿_GRII_DPP4_011





続きます。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村





ところで、皆さんはどのくらいの頻度で耳掃除してますか?
僕は毎日です。
風呂上がりに竹の耳かきでコチョコチョやるのが習慣。


しかし某医療機関研究員○○さんによると、適正な頻度は2週間に1回。
そして、ベビーオイルを塗った綿棒で耳の入り口付近を軽くぬぐう程度が適当、なのだそうです。


なにぃ!!!???
僕がそんな生ぬるいことでは満足するとでも??


耳垢は、耳の中を適度に湿らせ、チリやホコリが中に入るのをブロックし雑菌の繁殖を防ぐ大事な役目があるんだそうです。
なので、必要以上に耳垢を取ってしまうと、耳を痛めることになりかねないのだとか。


はあ、そうですか・・・
ちょっとがっくりです。



 


( 2018.05.09 ) ( ) ( COMMENT:2 )
@熱海・・・・vol.3
前回の続きです



いよいよ終盤。
渚町をうろつきます。





この海岸線沿いの一帯が渚町で、細い路地に飲食店などが集まっています。
この辺が前回見逃していた場所です。




2018_0129_熱海_6DMarkII_DPP4_046

これは1階は普通の住宅に見えますが、2階は・・・・
素人ではなさそうですね。




2018_0129_熱海_6DMarkII_DPP4_052

見ての通り廃ビルですが、各マスがパッチワークのようになっていて面白いです。

隣のビルとべったりくっついてしまってますが、大丈夫なのでしょうか?
昔の木造の建物とかだとよく見る造りですが、コンクリートのビルではあまり見ません。




2018_0129_熱海_6DMarkII_DPP4_054

素っ裸になってでも飲み代を調達したい方々には絶好の立地ですね、つるや質店。




2018_0129_熱海_6DMarkII_DPP4_059

蛍光灯の緑色がこんなに格好いい感じになってるのは初かも。





熱海シリーズ終わります。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 




( 2018.04.26 ) ( ) ( COMMENT:2 )
@熱海・・・・vol.2
昼食を取ってから清水町のあたりをウロチョロしてると、立派な建物の前に出ました。


起雲閣です。





入場料がいるようなので、玄関のあたりで迷っていると、とっても綺麗なお姉さんに入りませんか?と声をかけられ、ついふらふらっと w



起雲閣は、大正8年に実業家の別荘として建てられたのが始まりで、その後は他の人の手に渡りながらも増築を重ね、庭園を回遊する建物群になりました。
和風と洋風の入り混じった様式に彩られています。
昭和22年からは旅館に生まれ変わり、著名人に愛されたとか。




2018_0129_熱海_6DMarkII_DPP4_026

玉姫と名付けられた建物のサンルームです。
アールデコ調を基調とし、各種装飾が満載。



2018_0129_熱海_6DMarkII_DPP4_031

サンルームの隣にある洋室。
寺院に用いられる、格天井を持ちながらも、寄せ木細工の床や暖炉が備え付けられ、不思議な雰囲気になっております。




続きます。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村





( 2018.04.21 ) ( ) ( COMMENT:2 )