柳原・・・・vol.2
前回の続きです。



2017_1217_北千住柳原_6DMarkII_DPP4_028




2017_1217_北千住柳原_6DMarkII_DPP4_030




2017_1217_北千住柳原_6DMarkII_DPP4_031




2017_1217_北千住柳原_6DMarkII_DPP4_035




柳原シリーズ終わります。




前回の記事で、この柳原エリアの半円形の境界線が旧河道の名残ではないか云々と書きましたが、その後もうちょっと調べてみたところ、やはりそれっぽい感じです。


これが現在の柳原。

2018_0205_柳原_現在

半円形の円弧の部分が旧河道ではないかと思われる部分です。


そして、これが大正5年の地図。

2018_0205_柳原_大正5年

曲がりくねった旧流路を分断して、当時工事中の荒川放水路が縦断していく様子です。


ということで、だいたい旧河道の跡だと考えて良さそうな感じです。





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村








( 2018.02.05 ) ( ) ( COMMENT:2 )
柳原・・・・vol.1
足立区柳原にて。



「柳原」って、全国あちこちにあるので、足立区と言わなければ通じません。




2017_1217_北千住柳原_6DMarkII_DPP4_004




2017_1217_北千住柳原_6DMarkII_DPP4_005




2017_1217_北千住柳原_6DMarkII_DPP4_018




2017_1217_北千住柳原_6DMarkII_DPP4_025



柳原を特徴付ける、半円形の街割り。
昭和32年の航空写真を見ると小さな河になってます。
荒川に由来する旧河道の名残なのではないかと想像されます。
その後、その河は埋め立てられ昭和38年の航空写真では道になっています。
いまと同じですね。
なので、昭和32年から38年の間のどこかで、河が埋め立てられたのでしょうね。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村





まったく記事と関係ないですが、『祝う』『呪う』って漢字がすごく似てますね。
うっかり間違えたら、えらいことになります。
結婚呪いとかw
気をつけましょう。
 


( 2018.02.03 ) ( ) ( COMMENT:3 )
児玉町にて・・・・vol.5 【完】
前回の続きです。

群馬藤岡・児玉町シリーズのラストになります。 




2017_1203_児玉_6DMarkII_DPP4_061




2017_1203_児玉_6DMarkII_DPP4_059




2017_1203_児玉_6DMarkII_DPP4_063




2017_1203_児玉_6DMarkII_DPP4_065





ふと気がつくと、乗ろうと思ってた列車が来るまであと10分しかありません。
ダッシュで駅に向かい、券売機でもたもたしてるおばさんの後ろでジリジリしつつも、ぎりぎりで列車に駆け込んだのでした。





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




最近、Gladys Knigthが好み。
いままでノーチェックだったのですが・・・・ 




ちなみにこの動画はPVなので、口パクです。
  


( 2018.01.29 ) ( ) ( COMMENT:2 )
児玉町にて・・・・vol.4
前回の続きです。



2017_1203_児玉_6DMarkII_DPP4_046




2017_1203_児玉_6DMarkII_DPP4_043




2017_1203_児玉_6DMarkII_DPP4_051




2017_1203_児玉_6DMarkII_DPP4_053



そびえる肉看板、いいですね。
パワーがみなぎっております。
その割りには閉店してますが・・・




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




ちなみに僕が見た中で最上級の肉屋はこちら。

↓↓↓↓

2015_0809_兵庫県宍粟市→新見→実家DPP4_017

岡山県新見市の佐々奈美精肉店です。


これ級のがそびえてたらぞっこんでしたね。




( 2018.01.25 ) ( ) ( COMMENT:3 )
児玉町にて・・・・vol.3
前回の続きです




2017_1203_児玉_6DMarkII_DPP4_037




2017_1203_児玉_6DMarkII_DPP4_038




2017_1203_児玉_6DMarkII_DPP4_039




2017_1203_児玉_6DMarkII_DPP4_041





しかし、床屋・美容室って、どこにでもありますね。
八百屋・魚屋はなくても、これだけはあります。
しかも1軒だけでなく、複数。
相当な田舎町でもそうです。
ここ児玉町の駅前付近のエリアだけでも、僕が認識した限り、4軒ありました。
それほど需要があるとも思えませんが・・・。



美容室が多い理由、すなわち客が少なくてもやっていける理由は・・・・僕説ですが・・・・・

床屋・美容室は、定期的に必ず行かなければならないという必須のもの。
客は馴染みのお店に通いたがるので、固定客がつきやすい。広告宣伝費もかからない。
開業時に入れた設備が、10年かそれ以上持つので、頻繁に設備を入れ替える必要はなく、お店の設備費が安価。
単価が高い。
少人数で回せる。

など。
いかがですかね?




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



僕が美容室・床屋に入ったのは大学1年生のときでした。
それまで母に切ってもらってました。
店で切るのは初めて。


どきどきどき・・・・・目を開けると・・・・・



出た。

211_1_20150202062609bdc.jpg


家に帰って速攻でシャンプーしました。







( 2018.01.20 ) ( ) ( COMMENT:0 )