都電荒川線・・・・vol.2
前回の続きです。


スタート地点の学習院下駅あたりから王子方面に都電沿いに歩きました。



2017_0305_都電荒川線_DPP4_031




2017_0305_都電荒川線_DPP4_019




2017_0305_都電荒川線_DPP4_037




2017_0305_都電荒川線_DPP4_046


殺風景な場所もありつつも、ビルの間を縫い、住宅街を抜け。
様々な光景が見られて飽きません。


庚申塚からはいったん道を逸れて巣鴨地蔵通り商店街へ入り、喫茶店で一休み。
衝撃的にマズいコーヒーをいただいて一息ついてから元のルートに復帰。


王子までこのまま歩こうかと思ってましたが、途中で気が変わり、西ヶ原4丁目あたりの駅から都電に乗りました。
王子で降りて再び歩き出し、荒川車庫方面へ。
この区間はいまいちめぼしい物は見つけられず。
荒川車庫駅にたどり着いたところで切り上げました。

次回来るなら荒川車庫駅から三ノ輪橋までの区間を走破しようと思います。


シリーズ終わりです。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


ところで、急に思い立って、明日から3泊4日で和歌山方面にドライブに行ってきます。

初日は和歌山まで550km。そこで一泊です。
8時間以上はかかるので、朝6時スタートで着くのは2時か3時。
和歌山の街をちょろっと歩くつもりです。

2日目は和歌山から紀伊半島を反時計回りで海沿いを走り、適当な街を撮り歩き、その日は新宮で宿泊。

3日目は新宮から全くルートは決めてませんが、鳥羽まで行って、そこから伊勢湾フェリーで渥美半島へ渡り、浜松で宿泊。

4日目は疲れてれば東名でまっすぐ帰宅。
元気があって天気が良ければ、R152を北上して長野に入り、佐久で行われる熱気球大会を観戦し、それから帰るかも。
宿が取れれば佐久でもう一泊です。取れなければそのまま強行軍で帰宅します。

こんな感じです。


なので明日からしばし更新が滞ります。
 


( 2017.04.30 ) ( 鉄道 ) ( COMMENT:2 )
都電荒川線・・・・vol.1
EOS M5に望遠ズームを着けて行ってきました。
都電は何度か撮ってますが、望遠は初です。

知人から聞いた撮影スポットへまず向かいました。





踏切を渡る人と電車が一緒に撮れると聞いてましたが、行くまではそれがどういうことなのか分かってませんでした。
行ってみると、なるほど! でした。
望遠レンズだから撮れる絵ですね。


2017_0305_都電荒川線_DPP4_004




2017_0305_都電荒川線_DPP4_008




2017_0305_都電荒川線_DPP4_013



頻繁に来るのでシャッターチャンスはいくらでもあります。
数ある車体の中でもこの車体じゃないと嫌、とか言わなければ。

すれ違いの写真も気軽に撮れます。
1時間に1本とかいう路線だとこういうわけにはいかないですね。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



あなたの考える最もかっこいい人工物は?
というトピの掲示板がありました。
トピ主は戦闘機”F-14”が昔からのお気に入りだそうです。

いろんな人が反応してますが、仏像だ、日本刀だとかいう思わぬ書き込みが多数。
中国西安市大慈恩寺の大雁塔だとか原発の冷却塔だという相当なマニアな人も。

これが好きだって言う人も
lakata_org-01.jpg
女性です。
いったいどういう育ち方をしたら・・・・ww
ちなみにBagger 288という掘削機だそうです。

便器だっていう人もいました。
え? 便器?? ww


面白い答えが多くて楽しいです。


僕自身は・・・日本家屋ですかね?
屋根の絶妙な反りが良いです。

 




( 2017.04.29 ) ( 鉄道 ) ( COMMENT:0 )
岳南鉄道・・・・岳南原田駅にて
岳南電車の岳南原田駅にて。




ここは工場を背景にして撮れるのが魅力です。
工場と鉄道、両方好きな方にお勧めです。



2017_0304_岳南原田駅_DPP4_009




2017_0304_岳南原田駅_DPP4_016




2017_0304_岳南原田駅_DPP4_024




僕の隣で撮ってた人は線路に身を乗り出しすぎて、近づいてきた電車に警笛を鳴らされてました。
一歩踏み込むのは良いことですが、鉄道の場合は御法度のようです。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


缶ジュースや缶コーヒーを買ったとき、飲み口を洗うという人がいるそうです。
不潔だからということだそうですが。

で、僕はどうしてるかといえば、今まで一度たりとも洗ったり拭いたりしたことはありません。
見た目で汚れてるなら拭くくらいはするかもですが、そんなことは今までありませんでした。
たしかに清潔ではないのかもですが、そんなことでは死にません。
だって実際死んでないですから。
それが証拠です。
ぴんぴんしてますよ。

PCのキーボードは便座より汚いそうですが、そのキーボードを触った手でお菓子をつまんで食うなんてこともしてるわけです。
缶ジュースだけ気にしても仕方ないですよ。

 


( 2017.04.08 ) ( 鉄道 ) ( COMMENT:4 )
岳南鉄道・・・・比奈駅にて
岳南電車の比奈駅です。





駅前はがらんとしてます。
人家も見当たらず。
誰のための駅なのでしょうね?


ここはクルマのナビがうまく動かず。
すぐそこにあるはずなのに、とんでもない大回りをせよと言ってきます。
絶対にウソだと思ったので見当をつけて適当に進むと無事につきました。
ナビ、信用なりませんね・・・・



2017_0304_比奈駅_DPP4_013




2017_0304_比奈駅_DPP4_012





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




比奈駅の1日の乗降客人数はたった百数十人だそうです。
一方で、比べるのがすでに間違ってますが、新宿駅は1日300万人を軽く超えます。
年に換算すると13億人!!
それって、中国とかインドの人口並じゃ・・・。
もはや国家レベル。
狂気としか言いようがありません。




( 2017.04.01 ) ( 鉄道 ) ( COMMENT:4 )
岳南鉄道・・・・岳南富士岡駅にて
寄居の途中ですが、ちょっと脇に逸れます。

先日行った岳南鉄道が気に入ったので望遠レンズを持って再度行ってきました。
望遠レンズはEOS M5用のEF-M55-200mm。
35mm換算で最大320mmという長大さ。
しかし重量わずか260gという軽さです。
撮影の3日前に手に入れました。
それと愛用の広角ズームも持ってます。


岳南富士岡駅から入って西隣の比奈駅さらに岳南原田駅をクルマで移動。
都心と違ってクルマを停めるスペースが駅前にあるのはありがたいです。


まずは岳南富士岡駅から。





2017_0304_岳南富士岡駅_DPP4_001




2017_0304_岳南富士岡駅_DPP4_005




2017_0304_岳南富士岡駅_DPP4_016




2017_0304_岳南富士岡駅_DPP4_019




2017_0304_岳南富士岡駅_DPP4_023



鉄道写真、かなり難しいですね・・・
今日、改めて見直すとアレですね。
細い駅構内という超限られた立ち位置から細い線路沿いという超限られた画角で撮って絵にするのは至難の業です。
それに、これで光の具合が同条件なら誰が撮っても同じ写真になってしまうのでは?
もうちょっと試してみようとは思いますが、いかんせん30分に一本しか来ない電車なので数打つわけにはいきません。
たぶん駅構内から撮るってのが最大の足かせだと思うのですが、線路沿いはほぼ建物があって線路に近寄れないので駅以外から撮るのは難しそうです。
どこか撮影スポットがほかにあるのかもしれません。
とはいえ先の予定があるので、しばし滞在して次の比奈駅に向かいました。


続く




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



ところで今日のお題は、外国人が難しく思う日本語、です。


読売新聞夕刊。

//////////////////////////////////////
北、来月11日に最高人民会議」
//////////////////////////////////////

僕らは「北」といえばあの国を真っ先に思い浮かべます。
北米や北アイルランドを思い浮かべる人はほとんどいないでしょう。
日本人ならそうです。
でも、外国人には??でしょう。
しかもこの言葉は新聞紙上でしか通用しません。
会話やTVではたぶん使いません。
新聞紙上で「北」と書いてある場合に限って意味がある言葉です。
考えてみれば超難解です。



さらに読売新聞夕刊。

//////////////////////////////////////
侍、先制許す
//////////////////////////////////////

ここで「侍」が野球のことだと分かる外国人はほとんどいないと思います。
超難解です。


ところで野球の話で新聞の1面を使うのは止めて欲しいです。
野球など、限られた趣味人用の話題です。
スポーツのことはスポーツ新聞で死ぬほど詳しく書けば良いのです。
僕が新聞紙上で許すのは相撲だけです。
あれは良いのです。
国技ですから。
野球はダメですw
テニスなんてもってのほかですw
  
と、スポーツ嫌いの僕はそう思います。
 


( 2017.03.22 ) ( 鉄道 ) ( COMMENT:2 )