FC2ブログ
Canon EOS RP 導入しました
ところで、5月の中旬ごろの話ですが、新しいカメラとレンズを導入しました。
中野のフジヤカメラです。
フルサイズ機の6D MarkIIと3本のレンズを下取りに出しての購入でした。




Canon RP CBキャンペーン応募_002


Canon RP CBキャンペーン応募_003



camera-eosr.jpg



購入したのは、Canon EOS RPです。

フルサイズのミラーレスとして最近発売された2つの機種で、EOS Rが兄貴分で、EOS RPは弟分という位置づけ。
RPとRとではいろいろとスペックに差があります。

画素数  (Rは3030万画素、RPは2620画素)
シャッター速度 (Rは1/8000、RPは1/4000)
連写速度 (Rは最高で8コマ/秒、RPは最高で5コマ/秒)
満タンにしたバッテリーで、ファインダーを使って撮影した場合の撮影可能枚数 (Rは350枚、 RPは210枚)
サイズ (Rは約135.8(幅)×98.3(高さ)×84.4(奥行)mm、 RPは約132.5(幅)×85.0(高さ)×70.0(奥行)mm)
重さ (Rは660g、RPは486g  いずれもバッテリーとメモリーカード含む)

いままではEOS 6D MarkIIを使っていましたが、あまりに大きく重いので、ここのところはタンスの肥やしになっておりました・・・
そんななかで出てきたEOS Rシリーズ。
今までのフルサイズ一眼レフとは一線を画すコンパクトさと軽さ。

EOS M5とくらべてもRPは幅が17mmほど、グリップの部分の出っ張りが約10㎜大きい程度。
重さはM5の427gに対してRPは486gで、60g程度重いだけ。 6D MarkIIは765gですからRPは約280g軽いわけです。
これは圧倒的な優位性でした。

Rではなく、RPにしたのは、値段だけでなく、軽さを取ったということです。
上でも書きましたが、174gの差があり、この軽さは自分にとってメリットだと思ったわけです。


そしてレンズですが、EOS Rシリーズ用のレンズはRFレンズとして、いくつか出てきてます。
従来のEFレンズはアダプタを介して使えます。
今回買ったのは、RFレンズからは、RF24-105mm F4 L IS USM、RF35mm F1.8 MACRO IS STM。
さらにEFレンズからは、EF70-300mm F4-5.6 IS II USM。
そして、マウントアダプター EF-EOS R。

正確に言うと、Canon EOS RPと、RF35mm F1.8 MACRO IS STMと、マウントアダプター EF-EOS Rはキットになってるのを買ったので、バラで買うより少しお得品になっています。


僕はバイクでツーリングに行くときに、写真を撮るというケースがほとんどなので、機材のコンパクトさと軽さはかなりの重要な課題。
そこにフルサイズセンサーのモデルが出てきたのは、僕にとっては、重要なことでした。
僕が使っている大型のヒップバッグにはEOS RPにRF24-105mm F4 L IS USMを付けた状態で、EF70-300mm F4-5.6 IS II USMが入ります。
もちろん、予備バッテリー2個とSDカード数枚もなど撮影に必要なもの一式全部入ります。


ボディは圧倒的に軽くなりましたが、レンズがクソ重いので、これ、何とかならないんですかね?
多用する24-105mmは自分にとって重要な24mm、35mm、50㎜、85mmの4つの焦点距離を含んでいるので、かなり使い勝手が良いんです・・・・なのですが・・・・レンズ単体で700g。
もうちょっと何とかならないのか・・・・と思います。
700g程度で音を上げてたら、フルサイズ機など買うなと言われそうですね。
はい、反省して精進します。





Canon RP CBキャンペーン応募_004


Canon RP CBキャンペーン応募_005


Canon RP CBキャンペーン応募_008


小さいほうがEOS M5で、大きいほうがEOS RP
ボディの大きさはM5+α程度です。
ただ、レンズがバカでかいです。



Canon RP CBキャンペーン応募_006


Canon RP CBキャンペーン応募_007


EOS 1Nにもご参加いただきました。
EOS RPもそうですが、EOS 1Nも言ってみればフルサイズ機。
EOS 1Nを振り回して撮影していた人が今のEOS RPを見たらどう思うかも興味のあるところです。
「いやー、フルサイズ機はクッソ重くて」とか弱音を吐こうものなら、校庭をうさぎ跳びで10周とか言われそうかもw



今回はキャンペーンやってました。
所定の条件をクリアすれば…という条件付きですが。


Canon RP CBキャンペーン応募_009

そして、2万円分のギフトカードを頂きました。
期限があるタイプなので、忘れないようにしないと・・・・。



Canon RP CBキャンペーン応募_011

さらに、バッテリーと32GBのSDカードもゲット。
RPはM5と同じバッテリーLP-E17なので、具合が良いです。
32GBの方はJPG出力設定にしているGRII向けにしました。







にほんブログ村



※ このセットを買うにあたっては、以下の機材を下取りに出しました。
  EOS 6D Mark II
  EF35mm F2 IS USM
  EF70-300mm F4-5.6 IS USM (モーターの駆動が遅く、うるさい)
  EF24-105mm F4L IS USM (ボケ味が汚く、土塀やモルタルが持つ粒状感が出ず、ベタっとしてしまうという欠点が大きい)
  バッテリーLP-E6N (何かのキャンペーンの景品)



 


( 2019.07.08 ) ( カメラ ) ( COMMENT:2 )
フィルムカメラ EOS-1N 導入
ついにフィルムカメラに手を出しました。
EOS-1N。
中古です。

15_05EOS-1N購入

半年間の保障付き、動作不良の場合は一週間は返品可、というもので17000円弱。
保障なしならもっと安いのがあったかもですが、そもそもEOSのフィルムカメラは玉数が少ないようです。
足を棒にして探し回るのも面倒ですし、不良品をつかまされるのも嫌だったので数店を回っただけですが即決。

EFマウントのレンズ資産があるので、基本的にはEOSを狙ってました。
昔のFDマウントにEFをつけるアダプタとか着けてA-1とかAE-1っていう選択肢もあるかもですが、機能の制約がありそうですし、そういうのを探し回るのであれば様子を見てからステップアップすればいいので、最初は簡単なのから入りました。

それにしても大きいです。
縦位置用グリップが邪魔。
大きいし重くなるし。
しかも縦位置用シャッターボタンがついていないので何の意味があるのやら?
縦位置用グリップがないバッテリーパックもあるので、しばらく様子を見てから考えます。

社外品のバッテリーとストラップとフィルムも買いました。
フィルムは何がいいのか全く分からず。
まったく同条件で各種フィルムを比べた資料が見当たらないんですよね。
そもそもフィルムを扱えるのかどうかすら分からない状態ですから、サイコロを転がしてえいやっと安いのを選びました。
銘柄を選ぶのはしばらく様子を見てからにします。

説明書はないのでEOSではフィルムってどうやって装てんするだろう?という状態。
カスタムファンクションとかありますが何がなにやら。
基本的に絞り優先で露出補正ができればあとはどうでもいいような気がします。
まあチョロッと触ってみれば分かるのではないでしょうか?
分からなかったらおいおい調べればいいのです。

・・・・・と、面倒くさがりの性格丸出しです。
悩むのはカメラではなく撮影に振り向けたいです。
あとはフィルム選びですね。


ところで以前はニコンのフィルムカメラのボディやレンズを持ってましたが、ろくに使ってなかったのもあってデジカメ導入時にすべて売ってしまいました。
まさかこんな日が来るとは思ってなかったのです・・・。
取っておけばよかったですね。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


全く話が変わりますが、最近は外国ビールの飲み比べを始めました。
普通のスーパーとかに各国のが何種類もおいてあるので片っ端から飲んでます。
たいした数ではありませんが。

実は僕は下戸です。
下戸がなぜビール?、と思われるかもですが、動機は瓶の色やデザインが面白いからというもの。
酒飲みにはとうてい理解できない行動でしょうね?
上の写真の背後に写っております。

とはいえずいぶん味が違います。
下戸でも違うことが分かるくらいですからお酒好きならもっと分かるのでしょう。
いままでではBECK‘Sというドイツビールが気に入りましたかね?
有名どころのコロナは美味しいとは思いませんでした。
下戸ですから勘違いしてる可能性が大ですが・・・・
 



( 2015.05.28 ) ( カメラ ) ( COMMENT:11 )