MI:J

下北沢~三軒茶屋界隈にて・・・・vol.3  

R246と世田谷通りに挟まれた怪しい三角地帯です。



さっきも撮りましたが、飲み屋がオープンする6時までのあいだ、時間つぶしのためもう一回。
こんな日暮れにここを撮るのは初めてでした。
昼間とはがらっと変わります。



2017_0204_下北沢→三軒茶屋_DPP4_032




2017_0204_下北沢→三軒茶屋_DPP4_033




2017_0204_下北沢→三軒茶屋_DPP4_039




2017_0204_下北沢→三軒茶屋_DPP4_041


仲間とけっこう被りましたね。
まとまって歩いてるし趣味も共通点があるので、そうなるのでしょう。
それでも色合いなどで個性は出ます。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


地球の中心から見てエベレストより2100mも高いところがあるのをご存じでしょうか?
標高じゃないですよ。
地球の中心からの距離です。

それはここです。



640px-Volcán_Chimborazo,__El_Taita_Chimborazo_


エクアドルのチンボラソ山というアンデス山系の山がそれです。

赤道直下は地球の自転による遠心力で膨らんでるので、地表面がエベレスト付近より地球の中心から遠い位置にあります。
そこ基準でカウントすればチンボラソ山頂がエベレストより2100mも高い位置になるのです。


ちなみにエクアドルの紋章はこれ。

Escudo-del-Ecuador.jpg

描かれてる山は当のチンボラソ山です。
日本の菊マークに比べてずいぶん脂っこいですが、よくよく見ればけっこう可愛らしくて好感が持てます。
 

下北沢~三軒茶屋界隈にて・・・・vol.2  

今回のシリーズの写真はキヤノンEOS M5で撮ったものです。
そこにオリジナルのピクチャースタイルを当てています。
コントラストを上げつつシャドウは持ち上げ気味、色の濃度をぐっと上げつつ全体的に彩度を落としつつ青は一段と彩度と明度を落としてます。
空の青はもっと渋くて良いと思ってますが、これ以上彩度を落とすと妙な色むらができてしまうので、そのちょっと手前で我慢してます。
赤と黄色は青に比べれば相対的に彩度高めです。
一応は今のところ気に入ってますが、空の青色は水色に近い部分がちょっと気に入りません。


2017_0204_下北沢→三軒茶屋_DPP4_012



2017_0204_下北沢→三軒茶屋_DPP4_017



2017_0204_下北沢→三軒茶屋_DPP4_020



2017_0204_下北沢→三軒茶屋_DPP4_021


続きます。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




ところで、世界の中で日本って睡眠時間が短いそうです。
OECDが2014年に調査したところ、29カ国のうち日本はワースト2だったそうです。

国民の平均睡眠時間(対象年齢15~64歳)
1.南アフリカ     9時間22分
2.中国        9時間02分
3.インド       8時間48分
4.ニュージーランド  8時間46分
5.アメリカ      8時間36分
6.スペイン      8時間36分

28.日本        7時間43分
29.韓国        7時間41分

日本が短いと言うより、南アフリカ人、寝過ぎでは・・・・


睡眠時間は個人差があって、最低8時間は寝たいという人や、3時間でOKって人も。
けっこう差がありますね。

僕は6時間くらいです。
11時就寝で起床は5時過ぎです。
たぶん短い方でしょう。
とはいえ、寝れる状況なら最大で11時間くらい寝たことも。
いったん途中で起きますが、すぐに二度寝、三度寝。
延々寝るより、これが気持ち良いです。
ということですから、体質的に短時間睡眠というわけではなさそうです。
平気ですが。

それにしても南アフリカ人、寝過ぎですよw
 

下北沢~三軒茶屋界隈にて・・・・vol.1  

写真仲間たちと下北沢からスタートして茶沢通りを南下しながら三軒茶屋、そしてその界隈を撮り歩きました。
当日は天気が良く、寒さも和らぎ、絶好の写真日和でした。


茶沢通りは初めて歩きました。
人通りが多く、狭い歩道を人を避けながら歩くのがけっこう大変。
洒落たお店が点在しており、それを眺めつつ歩くと、2km程度の距離がずいぶん長く感じました。


2017_0204_下北沢→三軒茶屋_DPP4_001




2017_0204_下北沢→三軒茶屋_DPP4_003




2017_0204_下北沢→三軒茶屋_DPP4_009




2017_0204_下北沢→三軒茶屋_DPP4_011



三軒茶屋では現地在住の友人のご自宅に上がらせていただき、珈琲とお菓子を頂きつつ膨大なLPのコレクションの一部を鑑賞させていただきました。
その節はありがとうございました。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




ところで、皆さんの入浴の手順はいかがでしょうか?
最初にかけ湯をする人が多いのではないでしょうか?

あくまでも自宅限定の話ですが、僕はかけ湯はしません。
いきなり浴槽にドボンです。
そして身体を洗うのも髪を洗うのも浴槽の中。
いったん入ったら意地でも出ません。
だって外は寒いではないですか。
浴室には暖房がついてますが、それでも身体が濡れてると寒く感じますので、絶対に出ません。
たまにタオルを浴室に持ち込むのを忘れて浴槽に入って、タオルがないことに気がついたときは・・・自分を呪いますw
息を止めてすばやく浴槽から出て、一気にタオルを手にとって、浴室に戻ったら浴槽に飛び込みます。
絶対に浴槽から出たくありません。
寒いですから。

そして上がり湯も無し。
だって寒いではないですか。
湯を抜きながら頭→顔→肩→腕と湯から出た部位から拭いていきます。
湯が1/3まで減ったらいやいや出ます。
そして残りの部分を拭きます。

拭き終わってもすぐには浴室からは出ません。
浴槽を洗いながら暖房の温風で身体がほぼ完全に乾いて汗が出てきそうになった寸前を見計らってようやく浴室から出ます。

すべての行為の目的は「寒くないこと」です。
病的かもですが、僕自身の中では合理的なのです。


ちなみにタオルは何を使いますか?
僕はバスタオルは使いません。
だって洗うのも干すのも面倒。
なのでフェイスタオル派です。
それも乾ききったバリバリのタオルが好きです。
それを顔に当てて、すーっと水分がタオルに吸い込まれていく感触は快感です。
しかし濡れて次第にふにゃーとなってくるのが心から残念です。
最初から最後までバリバリなタオルがあったら間違いなく買います。
 

佐竹商店街  

おかず横丁の次はちょっと歩いて佐竹商店街へ。





16_1210_おかず横丁→佐竹商店街_DPP4_035

バイクネタですが、これはMVアグスタというイタリアの高級バイクメーカーのものです。
1960年代あたりの旧車ですが。
いったんはバイクから撤退して2000年頃に復活。
以降、極端な高級志向のバイクで知られ、最上位機種は480万円もします。
クルマより高いですね・・・・



16_1210_おかず横丁→佐竹商店街_DPP4_036




16_1210_おかず横丁→佐竹商店街_DPP4_039



これでこの日の撮影は終了。
仲間と別れて、僕は会社に戻ったのでした・・・




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



真冬並みの寒さが続いていてきついです。
Tシャツ型ホッカイロって出ないんですかね?

 

おかず横丁・・・・vol.3  

おかず横丁の続きです。

今回最強の物件です。

昼飯を食べる前に通ったときはさほどでもなかったのですが、飯食い終わってもう一回行ったら光の当たり方が変わりました。
見応えあり!!
食後のデザートにしては濃すぎます。



16_1210_おかず横丁→佐竹商店街_DPP4_034


うっ!!
目が痛い!!




16_1210_おかず横丁→佐竹商店街_DPP4_031

オリジナルの絵が気に入らないのでピクチャースタイルを自作しました。
「スタンダード」をベースにして、全体的にコントラストを上げました。
ただしハイライトはやや落として白飛びを抑えました。
さらに彩度を落としてコクを出しました。
特に青は大幅に彩度を落としてさらに明度もかなり落としてあります。
空がベタッとした水色になるのが嫌だったので。
赤もやや暗めにしてあります。
ただ黄色の明るい部分がいやに派手になりました。意図せずこうなって、理由は不明です。
もう少し工夫が必要です。


16_1210_おかず横丁→佐竹商店街_DPP4_031_02

これがオリジナル。
ピクチャースタイルは「風景」です。
色が浅く、空が水色すぎます。
当日は快晴で空の色は実際こんな感じでしたが、好みではありません。


ピクチャースタイルを自作したソフトはキヤノン純正のピクチャースタイル・エディタ。
色の理論を知らないと難しいようですが、分かる範囲でいじくり回してみました。
いじくりすぎると破綻してしまうので、そこそこが良いようです。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




ところで東京オリンピックのサーフィン会場は千葉県の釣ヶ崎海岸ってとこです。
どんな大波が・・・と思ったら・・・・

izuki20tanaka_Q2H7788.jpg

え?
しょぼすぎませんか?


世界的にサーフィンの名所はポルトガルだそうです。


見よ!!



オリンピック会場はここで決まりです。
千葉はやめましょう。


▲Page top