MI:J

三次にて・・・・vol.1  

三次(みよし)とはここです。






九州まで中国自動車道を走りながら、良さそうな街にさしかかったらICを出て訪ねております。
まずは街の名前が重要。
いかにも由来がありそうないい名前に眼をつけます。
ちなみに『ひばりが丘』とか『○○東』とか、そういう名前の街には目もくれません。
続いて地図を見て、鉄道の終着駅だったり、路線がそこで複数交差してるとか、交通の要所的なものであるかをみます。
いまのところそれで外れたことはありません。
もっとも、交通の要所でないから駄目と決め付けるわけではありませんが、数多い街を効率的に回ろうとすればそういうやり方になるのかなと思います。




15_0814_実家→三次市→相生DPP4_002




15_0814_実家→三次市→相生DPP4_003




15_0814_実家→三次市→相生DPP4_007




15_0814_実家→三次市→相生DPP4_016




15_0814_実家→三次市→相生DPP4_012


ひと気がなく、眠ったような街でした。
しかし、けっして陰気ではないってのがポイント。



ところで、耳に心地よい街・地方の名前ってあると思います。
個人差はあるんでしょうけど。
僕が知ってるうちで、心のそこから耳に心地よく、耳にするとなんらかの情景が浮かぶのは、『丹後』、『敦賀』、『津軽』でしょうか。
ローマ字で『T』で始まる名前に惹かれるのように耳ができているのでしょうかね?
偶然かも?
理由は不明です。




続きます。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


今日は大掃除をしながら昔のことをふと思い出しました。

高校生のころ親戚の家で過ごした年末。
TVで洗剤のコマーシャルが。
ベットベトでギタギタになった換気扇が出てきて、普通の洗剤では落ちませ~ん・・・・・・が、これを使えば驚くくらいに綺麗に!!!、とかいうやつ。
僕はつい言いました。
『そんなになるまで放っておくから落ちないのだ』
みなが爆笑しました。

それから何十年後の今。
ようやくなんでウケたのか思い至りました。
大掃除など絶対にやりもしない高校生のガキが、聞いたような口を聞いたからでしょう。

そんなことを思いながら、掃除機をかけ、床を拭いていたのでした。


 

入谷~下谷~鶯谷あたりにて・・・・vol.3  

前回の続きです。


いったんはバラバラになったあと、ほぼ偶然に仲間と合流し、以降連れ立って歩きました。
連れがいると自分のペースで撮れない・・・と思われるかもですが、皆さんペースが似通ってる部分が少なくないのでほぼ困ることはありません。
たまにじっくり狙ってて遅れることもありますが待っててくれますし。
それより他の方が何をどう撮ってるのかが見学できるのが面白いですね。



15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_028




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_030




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_032




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_033




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_036




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_038



自選は上から2枚目です。




シリーズ終わります。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


これが聖地エルサレムの墓地で発見されたそうです。

20151223-00000020-it_nlab-000-1-view.jpg

イエス・キリストの秘宝!!??
・・・・ではなくドイツ製の健康器具だったそうです。
むろん現代物。
誰かがいたずらか何かで置いたのでしょうか。

発見されてから考古学者が鑑定してもなんだか分からなかったそうですw
そりゃあそうです。


しかしながら、これがいま発見されず、3000年後に掘り起こされたらどうでしょうか?
たぶん国宝とか重要文化財になる可能性が。
もしかして、けっこう由来が怪しいものも混じってるのではないでしょうか?


そして・・・・・・・・・・・・・・
調査の結果、その恐れが現実のものになりました。

全画面キャプチャ 20151226 213004

平安時代の法具で国の重要文化財だそうですが・・・・・・・・・
形といい色といい、さっきの健康器具にそっくりではないですか。

完全にアウトです。


 

入谷~下谷~鶯谷あたりにて・・・・vol.2  

前回の続きです。


仲間たちとはぐれたりしつつも、いつの間にかまた合流するという、けっこう技ありの散歩です。
嗅覚やペース配分に共通点があるのでしょうね?
それにしてもそれほど狭い領域でもないので、やはり不思議です。
見えないセオリーがあるのですよ、たぶん。




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_018




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_017




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_021




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_022




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_024




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_016

4000円のトレーナーってけっこう高いですよ。
ユニクロが出てきてから、衣料品価格の感覚がずれたのかもしれません。



今回は全体的に寄り気味ですね。
撮ってるときはあまり意識してませんでしたが。


今回の自選は一番上です。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



話は変わりますが、新幹線の名前と言えば、
『ひかり』
『のぞみ』
『つばさ』
『はやぶさ』
『つばめ』
『とき』
など。

一番の共通点は『速さを感じさせる』でしょうか。
ところで「とき」って速かったでしたっけ?

・・・と書いていて気がついた共通点がありました。
それは哺乳類の名前がないということ。
なぜでしょうね?
チーターとか、速そうではないですか。
ムササビとかも飛べば速そう。
ウサギも良さげ。

なぜ哺乳類の名前が無いのか、ご存知の方は教えてください。

 

入谷~下谷~鶯谷あたりにて・・・・vol.1  

3回か4回くらいに分けてアップします。

先週末は写真仲間と一緒に街撮りを楽しんできました。
今回は日比谷線の入谷集合ってことだけ把握し、下調べも何もなしで来てしまいました。


日比谷線の入谷駅はここ。





このあたりは土地勘は全くなし。
地名もなにも分からず。
入谷とか下谷とか、分かりにくいです。
撮ってるときは地名など気にしませんので、なおさら覚えられません。
しかしまあ最終的には鶯谷駅に行けばいいのですからあまり気にせず。



15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_001




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_002




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_004




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_005




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_007




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_008




15_1220_IPPONS_入谷→根岸→鶯谷_DPP4_013



今回使ったのは買ったばかりのEOS M3。
チルト式モニタつきなのでローアングルが楽で、かなり多用しました。
見上げっていままであまり撮ってこなかったので新鮮。

写真はたいして調整してません。
調整なしでもOKなくらいです。
色の出方やクリアさは5D markIIIより優秀では?
しかし逆光とか薄暗いところでは、AFのすばやさは一眼レフにはかないません。

続きます。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


しかし、


鶯谷


ってよく見ればすごい漢字ですね。
のんきなほーほけきょのウグイスになぜ火が2連装なのでしょうか?
納得いかないのでちょっと覚えられません。

そのほか、日暮里とか御徒町とか、普通に口にする地名も、いざ紙に書けと言われると困ります。


 

福岡 中洲散歩  

福岡の繁華街天神の隣に2本の河に挟まれた場所があります。
そこが中洲。
歌舞伎町、すすきの、この中洲で日本3大歓楽街だそうです。
西日本最大の歓楽街です。





真昼間の飲み屋街が大好きな僕としては見逃せない場所です。


15_0813_実家・天神・中州DPP4_001

強烈な密度です。
ここには3500軒のお店があるそうです。



ところが!!!!!



15_0813_実家・天神・中州DPP4_002



 
15_0813_実家・天神・中州DPP4_011



 
ぜんぜん撮れませんでした。
なんていうか綺麗過ぎるのです。
掃除が行き届いていてごみなどほとんどありません。
新橋のガード下とか新宿の思いで横丁とかの巨大なのを想像していたので完全に当てが外れました。
期待していた場末感など全くなし。
綺麗なのはいいことでしょうけど、僕にとっては却ってそれがあだになりました。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



CNNニュースから抜粋。

地球からわずか14光年という「至近距離」に、地球型の惑星が発見された。
生命が存在する可能性のある惑星としては、これまで見つかった中で地球から最も近い。
「ウルフ1061c」という惑星は、恒星との距離が極端な暑さや寒さにさらされない圏内にあって、液体の水が存在し得る「ハビタブル(居住可能な)」惑星に分類できることが分かった。
研究チームを率いるダンカン・ライト氏は、「これまで見つかったハビタブル惑星の中で、これほど地球に近いものはほかにない。
これほどの近さであれば、もっと多くのことが分かるチャンスは十分にある」と解説した。

時速1光年で飛べば14時間の距離です。
近いですね。


オーストラリアの研究チームが南米チリにある欧州南天天文台の大型望遠鏡を使って発見したそうです。
望遠鏡でちょろっと見えるだけでなぜ地球型だとか分かるのか不思議です。

しかし!!!!!!!!!


ウルフ1061c人も今頃望遠鏡でこっちを観察してるかもしれません。
ウルフ1061c型惑星発見とかいって。


 

唐津街道にて・・・・vol.2  

前回の続きです。

唐津街道は細切れに分断されてますので、次の街道跡に行こうとするとしばらくクルマで走らなければなりません。
で、次は青柳宿です。




さっきの畦町とはだいぶ離れております。


残念ながらめぼしい獲物は見つからず。
街道があったのはわずか数百年前のことなのですが・・・
ほぼ面影は皆無に近いです。



15_0811_実家・唐津街道青柳宿DPP4_005

手前の建物は足元がレンガ積みになっています。
どういうわけかこっちではレンガで足元を固めてる建物が少なくありません。
もしかしたら水害対策かもしれませんが、いずれにせよかなりお洒落感があります。


15_0811_実家・唐津街道青柳宿DPP4_008


麻生セメントってのは元総理の関係の会社で、こっちでは名門だそうです。





唐津街道シリーズ終わります。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


僕は寒さには極度に弱いですが、最近は割りと暖かくて助かっております。
しかし1月2月の寒さを考えるとげんなりしてきます。
早朝は連日氷点下。
顔が痛いくらいに冷え込みます。

寒さに強くなるには筋肉量を増やして基礎代謝量を増加させるのがいいそうですが・・・・・
その運動するのに外に出るのが寒いではないですか。
春になったら運動します。

 

 

房総半島 富浦の桟橋  

東京方面からだと館山のちょっと手前になります。

三脚があるので今回はクルマ。
アクアライン経由で房総半島へ入ります。
12時半に出発し、途中結構混んでいて、現地には15時半頃でした。
距離は150km程度なので思いのほか時間をロス。

今回は最初から夕景狙い。
日没まで1時間あるので、周囲を回って下見。
候補をいくつか決めて待ち構えます。
この桟橋最大の特徴は電柱があって街灯がついていること。
大きな桟橋だとあることも多いですが、この規模で街灯があるのは、あまり見たことがありません。
しかも手前15mほどが木の板が敷かれていて、雰囲気良し。



15_1121_千葉富浦の桟橋_DPP4_001



15_1121_千葉富浦の桟橋_DPP4_005




そして点灯。
日没とほど同時に点きました。
がらっと雰囲気が変わります。




15_1121_千葉富浦の桟橋_DPP4_023




撮ってる最中に地元の方に声をかけられ、しばらくお話しました。
手前が木製の橋になってるのは強い波が来たときに、波の圧力を逃がすためにそうなってるそうです。
今撮影中の映画の撮影にも使われているそうです。

・・・・とお話ししている最中にも刻一刻と空の雰囲気が変わってきます。
お話が面白いので続けたかったのですが、その一方でやきもきしてしまいました。




15_1121_千葉富浦の桟橋_DPP4_031



奥のコンクリは木製の板に比べるといかにも重いです。
肉眼でも嫌な感じですが、写真に撮るとそれが強く出ます。
真っ黒に写ってしまい、雰囲気もなにもありません。
このコンクリを最小限にするのが撮影のツボでした。



ところで、三脚の雲台に問題あり。
ハンドルのグリップのゴムが経年変化で劣化し、ベトベトに。
ハンドルを触るたびに、あ~・・・・・、となります。
気持ち悪い・・・・・


ちなみにその後、雲台買いました。
ジッツオの3ウェイ。
中古品です。
動きに適度の重みがありつつ滑らかで良い感じです。
ハンドルを指先でくるっと回しただけで動かない程度に仮止めできるのが便利そうでした。





おまけ


15_1121_千葉富浦の桟橋_DPP4_003



帰路は激しい渋滞に巻き込まれ、わずか150km程度に5時間かかりました。
2箇所で事故渋滞。
けっこう疲れ果てました。
休みになると事故るクルマが必ずいますね・・・・





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



今話題の軽減税率の引き換えで煙草の税率アップが検討されているそうです。
一本あたり3円とか。
もう煙草やめたいですが、もはや完全にニコ中。
そう簡単に止められそうもありません。

皮膚にパッチを貼って皮膚経由でニコチンを入れ煙草に頼らなくする薬があるそうです。
保険が効くようで。

しかし今度はそれの中毒になるのでは??
というのが心配です。


 

東大本郷キャンパスの紅葉  

土曜日に写真仲間たちと東大に紅葉を撮りに行ってきました。
お目当ては大銀杏。
見たことはないですが、有名らしいです。


赤門を入ると立派な建物がボンボン建ってます。
文化財級のがそこら中に。
さすが元帝国大学。
 

学食ではまずいカレーとトッピングで温玉と杏仁豆腐。
まずいというのは補足説明が必要。
個人的には悪い意味ではありません。
粉っぽいいまどきはどこでも出さないようなカレー。
しかしそれを懐かしいと思う方にはウケそうです。
ぼくもその一人です。
昭和の正しいカレーでした。
言ってみれば『マズウマ』
これだけ食って400円以下。
近所に住んでたなら2日にいっぺんくらい通ってもいいかも?
 



15_1205_東京大学の銀杏_001




15_1205_東京大学の銀杏_003




15_1205_東京大学の銀杏_004




15_1205_東京大学の銀杏_006




15_1205_東京大学の銀杏_010




15_1205_東京大学の銀杏_012



ラスト2枚が大銀杏です。





・・・ということで、建物好きと銀杏とカレーが好きなら東大へGO!!

 


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



JAXAがマッハ1.6の旅客機について研究をしているそうです。
今年7月には無人機でテスト飛行もしたとか。
2030年ごろの実証飛行を目指すようです。

実用化すると、シンガポール日帰りとか可能になるそうですよ。
しかしいままでホテルで一泊して休めたものを、こんなのができたら宿泊費は支給されなくなります。
早朝起床で帰宅は深夜。
こんな羽目になります。
これはこれでいかがなものかと。
速くなって失ったものも多いのです。


 

 

唐津街道にて・・・・vol.1  

唐津街道ってのはもうちゃんとしたのは残ってませんが、面影を残している部分が断続的にあります。
その中のひとつ畦町。





しかしながら、旧街道だと言われなければ分からないくらいの微妙さ。



15_0810_実家・唐津街道畦町宿DPP4_002


 
15_0810_実家・唐津街道畦町宿DPP4_006


街道、まったく関係ない写真ですね。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



面白い記事を見つけました。
もう2年以上前のものですが。


全画面キャプチャ 20151204 194822


無法地帯ですね。

 



 

宍粟市にて  

宍粟市とはここです。





なんと読むか想像もつきませんよね?
『しそう』と呼びます。
覚えても翌日には忘れますww



15_0809_兵庫県宍粟市→新見→実家DPP4_001




15_0809_兵庫県宍粟市→新見→実家DPP4_005




15_0809_兵庫県宍粟市→新見→実家DPP4_006




15_0809_兵庫県宍粟市→新見→実家DPP4_010




うむ。
合格!!




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



ミドリムシなる微生物で飛行機の燃料を作る事業が始まるようです。
ミドリムシとは、尻尾で泳ぐという動物的動きをしつつ、葉緑体を持っていて光合成をするという動物と植物の合いの子みたいなやつだそうです。
体内で油を溜め込む性質があって、その油がジェット燃料に向いてるそうです。

バイオ燃料というとトウモロコシなどを思い浮かべますが、それは本来食べ物。
食料にするか燃料にするか競合してしまい、品不足になるという問題がありましたが、ミドリムシなら競合はないです。
またミドリムシ燃料から出るCO2はもともとミドリムシが吸収したものですから、排出してもCO2の総量は増えないというエコな燃料だそうです。

これから主流になるのでしょうか?
クルマとかの燃料にも使えそうですね?
産油国に頼り過ぎず自前でエネルギー調達ができるのは良いことではないでしょうか?


しかし人間にもアブラを溜め込んでいる人は多いので、そのアブラの活用も考えていただきたいです。
自分のアブラを切り売りして生活するひとも出てきそうですが。
美味いモノをたらふく食って製造したアブラが売れるならこんなにお得なことはありません。

 

▲Page top