MI:J

塩山・秩父桜ツアー  

最近お気に入りのツーリングコースは青梅街道で山梨の塩山に出て、塩山からは雁坂トンネルを超えて埼玉に入り、秩父経由で戻ってくるというもの。
GRIIを持って出かけました。

青梅街道に入るあたりから雨が降り始め、塩山に出るまでずっと雨でした。
しかし塩山に入ると雨が降った形跡はゼロでした。

今年は桜の見ごろが長く続きあちこちで楽しめます。
塩山のあたりも見ごろでした。
走りながら良いのを見つけると道端に停めてカメラを向けます。
今回はふらふらと適当に走ってたのでいままで行ったことのないエリアに迷い込みつつ撮りまわってました。




16_0402_塩山・秩父周辺の桜_GRII_DPP4_004




16_0402_塩山・秩父周辺の桜_GRII_DPP4_007




16_0402_塩山・秩父周辺の桜_GRII_DPP4_006



放光寺という変わった名のお寺の境内です。
寺の紋章がオセロゲームのよう。
武田信玄に大事にされたお寺だそうです。





16_0402_塩山・秩父周辺の桜_GRII_DPP4_010

胸をつく様な急坂の向こうに桜が見えたのでバイクで乗り込んだら、そこは中学校の校庭でした。
学生たちと鉢合わせし、驚きの視線に見守られつつあわててUターン。
学校の裏手に回って撮りました。


お気に入りの食事どころで、ほうとうを食べたあとは長い雁坂トンネルを超えて埼玉入り。
秩父鉄道沿いに走ってたところ、背後から蒸気機関車の音がしてきました。
とある駅の駐車場にバイクを止め、待ち構えました。


16_0402_塩山・秩父周辺の桜_GRII_DPP4_014

スクエアフォーマットで撮るのは無理がありましたね。
しかし設定をいじくる暇はありませんでした。


このコースは地味ですが、じっくり楽めます。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


太陽系外の生命探しのため、太陽系から最も近い恒星『ケンタウルス座アルファ星』まで探査機を送り込む計画が進められてるようです。
距離はなんと4光年。
探査機は1メートル角の凧になってて地球から強力なレーザーを当てて推進させ、光速の2割のスピードまで加速させるのだとか。
20年後にたどり着き、データを送信するのですが、4光年あるのでデータが地球に届くには4年かかります。
で、打ち上げは数十年先のことだそうです。
数十年ってのが20年とすればデータが来るのは44年先。
なんとか生きてる間に見れるでしょうか?
死ぬ前日までには見たいものです。
しかしどんなデータなのでしょう?
超凶暴なヤンキー星人が暴れてる動画かもしれません。
冥途の土産がそれってのは、いかがなものでしょうか・・・・
けっこうリスキーです。

 

▲Page top