MI:J

十条にて・・・・vol.1  

先週の金曜日に地図を見ながら赤羽・王子あたりで獲物を探していたのですが、ふと良さげな場所を発見。
それが十条でした。




十条駅の西側にある十字状の商店街と、十条駅から東十条駅の間をつなぐ道も商店街になってるようです。
けっこうな規模です。


見つけてしまったからにはすぐに行かねば。
日曜日(先週の)に行ってまいりました。




16_0522_十条_GRII_DPP4_001




16_0522_十条_GRII_DPP4_002




16_0522_十条_GRII_DPP4_004




16_0522_十条_GRII_DPP4_012




16_0522_十条_GRII_DPP4_009




16_0522_十条_GRII_DPP4_006



大漁大漁♪
普段は100枚程度ですが、ここでは260枚ほど撮りました。
ここでアップする予定の写真も30枚あります。
街撮りとしてはかつて無い分量です。


続きます。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村





ところで、喫茶店でコーヒーを飲むことがめっきり減りました。
自宅でコーヒーを入れるようになったからです。
いままで長らくインスタントコーヒーでしたが、最近は豆を買ってきてドリップで入れてます。
喫茶店で飲まなくなったのは高いからです。
一杯300円とかです。
自宅でコーヒーを入れれば同等の物が50円程度。
その差は歴然です。
まあその差は場所代なのでしょうけどその割には居心地の良いお店が少ないです。
ちょっと薄暗くて古びてて新聞とかが置いてあってタバコが吸えてまずお冷やとおしぼりが出てきて客は数人でマスターは年配の落ち着いた感じの方、そんなお店が好きですが、滅多にありません。
学生時代に神田の古書店街の裏通りにあるミロンガというお店によく行ったものですが、そのお店がそんな感じでした。
マスターが引退してから雰囲気が変わってしまって行くことはなくなりましたが・・・・・

喫茶店に限らずスーパーとか飲食店とかの大手のチェーン店が個人で頑張ってるお店を駆逐してしまうっていうのはなにか不健全だと思います。
その点、十条の街は大手が入り込む余地無しで個人商店が元気が良いです。
チェーン店をことさらに敵視するつもりはありませんが、でもその元気さは小気味良いです。
頑張ってほしいものです。

新宿にて  

新宿西口と歌舞伎町です。
ゴジラは初めて見ましたが意外に小さいですね。


16_0226_新宿西口・歌舞伎町_GRII_DPP4_001


16_0226_新宿西口・歌舞伎町_GRII_DPP4_003


モスラとかキングギドラとかも作ってほしいものです。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


京島・押上にて・・・・vol.4  

前回の続きです。


押上への道すがら。


16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_041




16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_043



16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_049



終わります。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



ところで、明日から伊勢志摩サミットということですが、まずは首脳みんなで伊勢神宮にお参りするそうです。
キリスト教徒がアマテラス大御神に祈りを捧げるのです。
なにかの冗談ではないかと思ってますが・・・・・
さらにおかげ横丁で赤福をお土産に買ったりするのでしょうか?

まあ一国の首脳たちのストレスも半端じゃないと思いますので、会議前に楽しんでいただければと思います。

京島・押上にて・・・・vol.3  

前回の続きです。


どうもメインの商店街がいまいち撮る気にならず、さらに脇道へ入って行ってしまいました。
撮る気にならなかったのはそれが駄目だったからではなく、その日のテンションと合わなかっただけです。
基本的に僕は人通りの多いところではなく静かな路地の方が好きです。



16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_023




16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_024




16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_028




16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_025




16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_031




ラストでまた商店街に戻ってきました。
でもまた離れてしまい、そろそろ引き上げタイムということで押上まで歩くことにしました。
最初から決めてたわけではありませんが、成り行きです。


途中で同業者らしき二人連れを見かけましたが、それにしては一人はカメラ無し。
しかし路地を覗いたりして、明らかに同好の士のようなそぶりです。
とはいえ観察してると着ている服とかは一般人とはやや違います。
特殊な格好ではありませんが、お洒落すぎる感じ。
撮影が目的ではなく、ドラマとかのロケハンか何かだったのかも?
そのようなドラマがあるのでしょうか?
なんなら出演してやっても良いですが?ww



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


食欲がなく、お医者から夏バテだと言われました。
まだ5月ですが・・・・・・
とはいえ今日は30℃オーバーの真夏日。
気分は春ですので、身体が順応しきれてないのでしょう。
夏バテに効く漢方薬をもらいました。

食欲がないので肉は食べる気にならず、今夜の食事はアジの刺身とほうれん草のおひたしと納豆とヨーグルトでした。
この先が思いやられます。

  

京島・押上にて・・・・vol.2  

前回の続きです。


メインの商店街にさしかかりました。
しかし、たいていは脇道に逸れてしまい、普通に通り沿いに歩くことはあまりありません。
今回もそうでして、いったん入ってもすぐに脇へ入る路地が気になってしまい、商店街から外れてしまいました。




16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_010




16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_017




16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_012




16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_014




16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_015



今回のお気に入りは1枚目とラストです。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


毎晩のように夜遅くに笛を練習する音が聞こえます。
どう聴いてもさび付いた門を無理矢理開く音にしか聞こえません。
全く進歩がないのを誰かが指摘せねばなりません。
諦めが肝心だとw
 

京島・押上にて・・・・vol.1  

京島は2回目です。
1回目はそこが京島であるということを知らないまま歩いてました。
僕はそのエリアを最寄り駅の駅名で呼ぶ癖があるので、京島のことを曳舟エリアとして認識していました。
京島は良いところだと聞いて、行ってみたいと思ってたら知らずに行ってたのが分かったときはずっこけました。


・・・・で、京島です。



16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_001




16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_002




16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_004




16_0214_京島→押上_GRII_DPP4_008


続きます。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



うちの会社は早メシ食いが多いです。
こっちも負けじと頑張ってますが、その差は歴然です。
そのスピード、何が違うのか知りたいとこですが、それを観察してたらさらに遅れること必至なので観察できないままです。

今日も目の前に座った方はカレーを3分かからずに食べ終えてました・・・・

 

福島市にて  

前回の続きです。

喜多方と会津若松を回ったその日は郡山に戻って一泊。
日曜日は朝から福島市へ移動。
見終わったらそのまま帰京します。

郡山から福島は新幹線で一駅。
あっという間に着きます。

そころで郡山に2泊もしながら、郡山は一回も撮ってません。
今回は完全に夜寝る場所だと割り切ってます。
その根底には、やはり東京から近いので撮る気になればいつでも来れるという気持ちがあるからでしょう。


で、福島市。
さすがに県庁所在地だけあって大きな街です。
街の構造をつかむのにややかかりました。
なんせ全く下調べしてませんので・・・・



16_0212_福島市_DPP4_002




16_0212_福島市_DPP4_013




16_0212_福島市_DPP4_011




16_0212_福島市_DPP4_007




16_0212_福島市_DPP4_023



撮り終わったら昼になりました。
喫茶店で一服してから帰りの新幹線に乗り込みました。




福島シリーズ終わります。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



ところで、昼食はどこで何を食べたのか全く覚えてません。
新幹線の中で駅弁を食べたのか、お店に入ったのか・・・・・・
美味しい物は大好きですが、その割にはそれを求める探究心が欠けてるのです。
ですから結構ひどいのでも食べてしまいます。
で、何食ったかも忘れてしまいます。 


 

会津若松にて・・・・vol.3  

素晴らしい物件を発見。
メインの通りとは少々離れてますので出会ったのは偶然に過ぎませんが。
市役所のすぐ近くでした。


16_0211_会津若松_DPP4_034




16_0211_会津若松_DPP4_035




16_0211_会津若松_DPP4_037



GRIIもサブとして持ってました。
下のがそれ。



16_0211_会津若松_GRII_DPP4_011



会津若松は思ったよりエリアが広いようです。
あまり下調べしてませんでしたが、後から見ると回ってない部分も多かったです。
それはまた今度の機会に。



この日は郡山に帰ってからホテルのレストランでちょっと豪華な食事をしました。
そころが残念ながら白米がアレです。
美味いご飯を出すお店ってよほどのお店で無いとだめなのでしょうか。



次は福島市です。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


インドではいま深刻な干ばつに見舞われているようです。
東部のある地域では4月なのに48℃を記録したそうです。
ニューデリーも連日40℃オーバーとか。
この4月以降で300人以上が猛暑で亡くなったそうですが、ほんとに洒落にならないくらい死ぬほどの暑さなんでしょう。
48℃とか僕には天文学的レベルに思えますが。。。。
彼らからすればあの熊谷ですら避暑地クラスかもしれません。
僕は暑いのが好きですが、さすがにこれは無理。
 

会津若松にて・・・・vol.2  

前回の続きです。


会津若松と言えば鶴ヶ城でしょうけど、今回は行く気全くなし。
駅から2.2kmも離れてる上に周りには何もなさそうです。
城下町ってのはたいていはお城の門からちょっと外れた部分に元々の商人街があってそこが栄えてたりするのですが、このお城のあたりはちょっとそういう感じではなさそうです。
下の写真や前回の写真はこのあたりで栄えてる部分ですが、お城からは遠く離れています。
なにか理由があるのでしょうね?



16_0211_会津若松_DPP4_020




16_0211_会津若松_DPP4_021




16_0211_会津若松_DPP4_023




16_0211_会津若松_DPP4_030





続きます。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


バイクに乗った後など身体が疲れたときはお風呂が一番。
42℃くらいの熱めの湯に45分くらい入ります。
長風呂は身体に悪いらしいですがやめられません。
コーヒーとお菓子を持ち込むことも。
1時間でもOKです。
昔はカラスの行水で5~10分とかだったのですが。
歳をとると長風呂になるようですね。

ところで時々野沢温泉に行くのですが、現地の公衆浴場はまさに熱湯です。
源泉が80℃オーバーですから熱いのは当然ですが、それにしても。
つま先からジリジリと慣らしていき、お腹のあたりまで浸かったらそこが限界。
そのめちゃ熱い風呂に地元の爺さんが平然と肩まで浸かってて、『今日はぬるいな、50℃ないだろ』とか言ってます。
歳をとると感覚がマヒするようですね?


 

会津若松にて・・・・vol.1  

前回の続きです。

喜多方の締めは喜多方ラーメン。
パンフに載ってたお店で、今いる場所から近いお店を選びました。
松食堂」です。
なかなかの味でした。
ゆっくりしたかったのですが電車の時間が迫ってるので急いで食べ、早足で駅へ向かったのでした。


次は会津若松です。
電車で20分かからない距離。
しかしそのときは車両トラブルでずいぶん待たされて30分以上かかりました。


喜多方では曇りがちになってきてましたが、現地は快晴でした。
がぜんやる気が出ます。


16_0211_会津若松_DPP4_010




16_0211_会津若松_DPP4_013




16_0211_会津若松_DPP4_016


すごい立派な建物が建ち並んでおります。
一枚目は白木屋漆器店で、大正3年の竣工だそうです。
一見して石造りにみえますが、木造だそうです。
いったいどうやったらこんな建物を普請できるのでしょうか・・・


16_0211_会津若松_DPP4_004




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


ところで・・・・
何度見ても笑えます。



まあその世代です。
僕は由紀さおり、ぜんぜんOKですが?
 

▲Page top