錦糸町散歩・・・・vol.2
錦糸町です。

まずは北口から。
駅前には、何もない感じだったので、北へ向かって歩き、蔵前橋通りを超えました。



2017_0910_錦糸町→住吉_GRII_DPP4_004




2017_0910_錦糸町→住吉_GRII_DPP4_003




2017_0910_錦糸町→住吉_GRII_DPP4_005




2017_0910_錦糸町→住吉_GRII_DPP4_013


スカイツリーが、根元からポキッと折れて、こっちに倒れてきたら、助かりませんね。
見た目の安定感がないので、そういう想像をしてしまいます。
東京タワーなら、そんな心配は無さそうですが。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



ところで、スカイツリーのてっぺんのアンテナは、誰がどうやって掃除するのでしょう?
誰かがやるわけですよね?
面白い動画がないか調べてみたのですが、残念ながら見つからず。


代わりに、世界一高いビル、ドバイのブルジュ・ハリファ(828m)のてっぺんの動画が見つかりました。
ぜひ全画面にしてお楽しみください。



気が狂ってるとしか思えませんが・・・
怖くて、最後まで見れませんね。


 




( 2017.10.29 ) ( ) ( COMMENT:0 )
錦糸町散歩・・・・vol.1
錦糸町北部です。



2017_0910_錦糸町→住吉_GRII_DPP4_021

お祭りの準備でしょうか?
このほか、あちこちで準備らしきものが見受けられました。



2017_0910_錦糸町→住吉_GRII_DPP4_022

やはりツーショットを狙いたくなります。
スカイツリーの形に関しては賛否両論あり、僕自身はいまいちだとは思ってますが、だいぶ目に馴染んできました。



2017_0910_錦糸町→住吉_GRII_DPP4_025

人相の良くない猫に出会いました。
スカイツリーとのツーショットを狙ったのですが失敗。
スクーターが邪魔すぎです。
背後にかすかに写ってます。



2017_0910_錦糸町→住吉_GRII_DPP4_028

じりじりと間合いを詰め、タッチ成功w
意外にフレンドリー。
顔で判断してはいけませんね。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


野良猫に近づくには、姿勢を低くし、様子を見ながら、じりじりと間合いを詰めていき、基本的には目線を合わせない、です。
なお、急な動きは厳禁。


( 2017.10.27 ) ( ) ( COMMENT:2 )
2017年 北海道ツーリング・・・・12日目 《帰京編》
北海道ツーリング12日目です。
楽しかった北海道ツーリングも、今日がいよいよラストです。


過去記事
2017年 北海道ツーリング・・・・1日目
2017年 北海道ツーリング・・・・2日目
2017年 北海道ツーリング・・・・3日目
2017年 北海道ツーリング・・・・4日目 《網走番外地編 vol.1》 】
2017年 北海道ツーリング・・・・4日目 《網走番外地編 vol.2》 
2017年 北海道ツーリング・・・・5日目 《トラブル編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・5日目
2017年 北海道ツーリング・・・・6日目
【2017年 北海道ツーリング・・・・7日目】
2017年 北海道ツーリング・・・・8日目 《オロロンライン編》 】 
2017年 北海道ツーリング・・・・8日目 《羽幌炭砿編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・8日目 《旭川到着編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・9日目
2017年 北海道ツーリング・・・・10日目 《青い池編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・10日目 《三股山荘・三国峠編》 】
2017年 北海道ツーリング・・・・11日目 《炭鉱巡り編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・11日目 《栗山トンネル編》 


札幌出て、どこにも寄り道せず、千歳空港に向かいます。
天気はどんよりした曇り空。


手順は行きの羽田空港での手順と同じです。
指定のGSで燃料を抜き、空港のANA貨物エリアに向かいます。






ANA貨物エリアはここです。



2017_0818_札幌→自宅_DPP4_004

貨物カウンターにて。
傷のチェックを受け、バッテリーから端子を外したら、完了です。
しかし、バイクを人に預けるというのは一抹の不安があります。
クルマならそんなに気になりませんが。
ライダーなら分かると思いますが、バイクは自分の身体の一部です。
輸送のための書類を書き、バイクを預けます。そして自分は、タクシーで空港玄関口まで行きました。



まず邪魔なヘルメットを手荷物として預けましょう。
でも千歳空港は、案内板が羽田より少なく、分かりにくいです。
ANAの窓口は分かりますが、保安検査所の場所が分かりにくいです。
おまけにすごく混んでいて、どこも行列になっており、どの行列に並べば行きたい場所に行けるかどうか分かりにくかったです。
じっくりと観察して狙いを定めました。

しばしの待ち時間を経て、ようやくヘルメットを預けられました。
受付のかたは、ヘルメットがライダーにとって大事で粗略には扱えないことをご存じで、プチプチシートにくるんで箱に入れてくれました。
これは有り難いです。

ここで突然ですが、構内に怒号が響きました。
客同士の喧嘩勃発!
殴り合いにまで発展。
お客様おやめくださいっ!!
と係員が止めに入りますが、聞く耳持たず。
警察官も飛んできて、引きはがされてました。
喧嘩の理由は分かりませんが、なんと粗暴な・・・・





2017_0818_札幌→自宅_DPP4_005

名残惜しい北海道を離れます。




2017_0818_札幌→自宅_DPP4_008

雲の上に出ました。
この青空を北海道現地ではほとんど見ることができなかっただけに、なんだか悔しい気がしました。




2017_0818_札幌→自宅_DPP4_009

もうすぐ羽田に着きます。
こっちでも天気は良くないようです。




2017_0818_札幌→自宅_DPP4_013

羽田の上空です。



着陸したら、羽田のANA貨物カウンターにバスで移動。
このバスでってのが面倒です。
高い料金払ってるので、行き帰りの専用バスくらい用意して欲しいのが正直なところ。




2017_0818_札幌→自宅_DPP4_015

ANA貨物カウンターにてバイクを受け取りました。
北海道では涼しかったですが、こっちは猛暑でした。
とうとう帰ってきてしまったという実感がわきます。



ガソリンはほとんど空なので、まず給油。
あとは帰るだけです。



しかしここからが試練でした。
最寄りの羽田ICから横羽線を経由し、横浜新道で、保土ヶ谷バイパスというのが正攻法ですが、そのときはちょっと回り道でも、首都高経由で中央道で帰るってのを選択しました。
しかしこれが失敗の元でした。
首都高にいったん乗ったのですが、環状線C2が渋滞してることが判明。
C2をご存じのかたは分かってもらえると思いますが、C2はほとんどトンネルです。
しかも強烈に暑いです。
たぶん35度以上はあるのではないでしょうか?
こんな猛暑の中で渋滞にはまって動けなくなったら、命に関わる事態にさえなります。
ということで首都高は使わないことに。


で、ナビをセットして一般道で自宅を目指したのですが、なにぶんこの辺りは全く土地勘なし。
ナビに従って走ってるはずが、いつの間にかルートを外れてしまい、自分がどこにいるのか完全に分からなくなりました。
全く知らないルートを2時間あまり右往左往。
東京都心部では音声のみナビは使いものになりません


結局いつの間にかR246に出ました。
ここなら分かります。
もうあまりの暑さにへたり気味。
真夏なのに秋物装備ですから当然です。
頭痛がしてきて、脱水症状一歩手前です。
暑いのに、必死で右往左往してたので水分補給ができなかったのです。
これはやばそうです。


R246を西に走り、東名横浜ICから、東名高速に乗りました。
途中のPAで水分補給。
そして、厚木まで行ってそこから圏央道に乗り換えました。
これは、大回りになりますが、時間的には最も速いルートでした。


ようやく帰宅。
もうくたくたになりました・・・・




楽しい日々でしたが、振り返ると、雨が多く、寒かったですね。
終日快晴という日は一日もありませんでした。
今回のツーリングは11泊12日でしたが、6日間はどこかで雨に降られました。
北海道はこれで3回目ですが、これほど天気に恵まれなかったのは今回だけでした。
次回、いつ行けるか分かりませんが、そのときは晴れ続きってのを期待したいですね。


総走行距離は2342kmでした。





2017年北海道ツーリングシリーズ完


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村





( 2017.10.25 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:2 )
台風一過
今日の東京、台風一過で綺麗な青空が広がりましたね。
秋らしいちょっと尖った光線も降り注ぎました。



2017_1023_新宿_GRII_DPP4_003




2017_1023_新宿_GRII_DPP4_001





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


もうすぐ11月になろうとしているこの時期に、台風上陸っていうのは珍しいですね。

実は台風は12月頃までは発生するってのはご存じでしたか?
こっちに来ないだけで、南洋で発生はするようです。

T1626.jpg
【出典】気象庁HP

例えばこれは去年2016年の12月の台風26号の経路図です。
日本の遙か南を西進し、フィリピンに上陸してます。



T9028.jpg
【出典】気象庁HP

・・・・と思ったら、さらに凄いのがあって1990年に12月に日本上陸ってのがあったようです。
ぜんぜん憶えてませんが。

このまま地球温暖化が進めば真冬の1月とかにも台風発生とかあり得るかもです。









( 2017.10.23 ) ( ) ( COMMENT:0 )
華厳の滝wツーリング
行ってきました。
華厳の滝。



2017_0909_秩父華厳の滝_DPP4_002

ちょっと寄り道です。
「ぢ」良いですねw
念のため言っておきますが、僕は痔ではありません。
お見せできないのが残念です。



2017_0909_秩父華厳の滝_DPP4_005

まずは腹ごしらえ。
秩父名物、”ずりあげうどん”です。




2017_0909_秩父華厳の滝_DPP4_006

好きな薬味をかけて食べます。
天かす、ごま、醤油、ごま油など。
いろいろ試し食いできます。
僕はシンプルにごま油と醤油をかけるのが好きです。



目の前ではハードな革ジャンを着た外国人の団体さんが。
口に合うのでしょうか?
お箸をちゃんと持ってました。
昨日今日持ったという持ち方ではありません。
旅行客ではなく、例えば在日米軍の方かもしれません。




2017_0909_秩父華厳の滝_DPP4_007

やって来ました、華厳の滝。
日光のじゃなくて、秩父華厳の滝でした。
恐ろしく山奥で、アクセス道路は狭くて長いです。
近いルートもありますが、そっちは僕のルートからは外れてましたので使わず。
しかしそっち使った方が、結果的に時間短縮になったと思います。

日光の本家華厳の滝と規模では適わなくても負けないくらい美しいってのが売り文句。
なんだか分かりませんが、全国10位だそうです。
絶対ウソだと思いますw



2017_0909_秩父華厳の滝_DPP4_013

小さい滝です。
高さは10m程度でしょうか?
本家華厳の滝は100m近いので、ミニチュアのようです。




2017_0909_秩父華厳の滝_DPP4_018_不動明王

滝の上に鎮座するのは、西郷どんにそっくりな不動明王。
素人が一生懸命作ったと思われますが大きさはかなりあります。
そう考えるとそれなりに経験者の作かも。
なにか違和感があるのですが、やぶにらみ且つ妙に眉毛が太く、オールバックだからかもしれません。
そこらにいる普通のおじさんに見えますね。



2017_0909_秩父華厳の滝_DPP4_021_不動明王

なぜにガッツポーズ?
任せなさい、言わんばかりです。
では、よろしくお願いします。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



やぶにらみは手術による治療もあるそうです。
眼を動かす外眼筋の位置をずらすんだそうです。
子供は全身麻酔下で行い、大人は局所麻酔で行う場合が多いんだとか。
その手術の様子は↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【閲覧注意】

















やぶにらみ手術

こ、これは・・・・・


これを局所麻酔だけでやるんでしょうか?
ちと僕には無理そう。
全身麻酔でやっていただきたいと思います。






( 2017.10.20 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )
2017年 北海道ツーリング・・・・11日目 《栗山トンネル編》
北海道ツーリング11日目です。


奔別炭砿、幾春別炭鉱を見た後は、栗山トンネルに向かいました。



過去記事
2017年 北海道ツーリング・・・・1日目
2017年 北海道ツーリング・・・・2日目
2017年 北海道ツーリング・・・・3日目
2017年 北海道ツーリング・・・・4日目 《網走番外地編 vol.1》 】
2017年 北海道ツーリング・・・・4日目 《網走番外地編 vol.2》 
2017年 北海道ツーリング・・・・5日目 《トラブル編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・5日目
2017年 北海道ツーリング・・・・6日目
【2017年 北海道ツーリング・・・・7日目】
2017年 北海道ツーリング・・・・8日目 《オロロンライン編》 】 
2017年 北海道ツーリング・・・・8日目 《羽幌炭砿編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・8日目 《旭川到着編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・9日目
2017年 北海道ツーリング・・・・10日目 《青い池編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・10日目 《三股山荘・三国峠編》 】
2017年 北海道ツーリング・・・・11日目 《炭鉱巡り編》 



高速道路を岩見沢で降りました。
10kmちょっと走ったところで、着きました。
国道沿いの待避所にバイクを停めます。
雨が降ってきています。

しかし問題はトンネルへのアクセス。
すぐ脇にトンネルが見えますが、急斜面で灌木がぼーぼー生えてるので、入れそうもありません。
どこか入り口があるはず。
ちょっと探してみましたが、見つからず。

ネットで栗山トンネルの記事を出し、写真をとくと見ました。
そこから判別して、トンネルの西側から入るらしいです。

待避所から約500m、国道沿いを西に向かって歩きました。
時速80kmくらいで流れている国道で歩道も無い場所を歩くのは恐怖!
たいていのクルマは避けてくれますが、なかには避けないクルマもおり、すぐ脇を猛スピードで走り抜けられると怖いです。
はねられたら即死ですよ。

それらしき脇道がありました。
入っていきます。


2017_0817_旭川→札幌_DPP4_065_栗山トンネル

はたしてトンネルの入り口にたどり着きました。



のぞき込んでみました。
遙か先に明かりが見えます。
そこがアーチ状の明かり取りのある場所でしょう。
その手前は真っ暗です。
懐中電灯は持ってましたが、パワーが足りず、足下がぼんやり照らせる程度。

歩くこと250m程度。
ようやく明かり取りのある場所にたどり着きました。
おっかなかったです・・・・



2017_0817_旭川→札幌_DPP4_053_栗山トンネル

2人写ってますが、僕の後からやって来た方達です。
ここは人気スポットなのでしょうね。
札幌とかからも近いですし、気軽に来れるのでしょう。



2017_0817_旭川→札幌_DPP4_056_栗山トンネル



2017_0817_旭川→札幌_DPP4_048_栗山トンネル




2017_0817_旭川→札幌_DPP4_057_栗山トンネル


アーチ状の明かり取りが連なってリズム感があります。
美しいですね。
すぐ脇を国道が走ってるので音は聞こえますが、姿は見えず。
中は別世界です。
慣れてくるとけっこう居心地が良いです。




2017_0817_旭川→札幌_DPP4_062_栗山トンネル

そろそろ出ましょう。
また真っ暗なトンネルを明かりを頼りに歩きました。
そして恐怖の国道沿いを歩き無事にバイクのところへ到着。
何が怖いって、トンネルよりこの国道です。
いつはねられてもおかしくない状態です。



これで今日のミッションは完了です。
もうホテルに向かわないと。

幸いに岩見沢ICの辺りで雨は止みました。
岩見沢から札幌まで高速道路移動。

そして札幌。
市街地は混み合っていて都内とたいして違わないです。
北海道最大の都市ですからそうなるのが普通かもでしょう。
都内と違うのは道の広さ。
片側3車線とか。
どこを走れば良いのかまごつきます。

ホテルの近くに着きましたが、ここでかなり迷いました。
碁盤目上になっていてどこも似たような風景。
目印が無いので、今自分がホテルに対してどこにいるのか分からなくなります。

最初の記事に書いたように、今回は音声のみナビを利用しています。
これがここでは全く役立たず。
1辺が50m程度の碁盤目では右折左折の案内が間に合わないのです。
ホテルに着くまで散々迷いました。
結局最後はホテルの看板を目視し、それでたどり着きました。
こういう市街地では音声のみナビは全く使えないというのが判明。
画面が見れれば全く問題ないのでしょうけど・・・・



2017_0817_旭川→札幌_DPP4_066

ホテルに到着!
普通の狭いビジホです。
これで1万円以上とか考えられません。


散々迷ってくたくたになったので、夕食に外に出る気になりません。
ということでルームサービスでハンバーグを食べました。
なかなか美味しかったです。


今日が北海道最後の夜です。
楽しい日々は矢のごとく過ぎ去ってしまうのです。
11日なんてあっという間でしたね。



今日のルート図。



走行距離は231kmでした。




続く。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村





( 2017.10.18 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:0 )
"ほうとう"ドライブ
昨日、山梨の方へ雨の中ドライブに行ってきました。
雨なら空いてるから、ということです。
で、目的は山梨の行きつけのお店に"ほうとう"を食べに行くこと。

案の定、道は空いてました。
中央道上野原ICから柳沢峠を経て目的地まで約100km、誰にも邪魔されずに走りきりました。



2017_1015_山梨ドライブ_GRII_DPP4_005

ちょっと寄り道。




2017_1015_山梨ドライブ_GRII_DPP4_007

これが”ほうとう”です。
固くてしっかりした麺を味噌で煮込んだもの。
他に猪豚肉、白菜、ジャガイモ、カボチャなどが入っています。
ほうとうはいろいろ食べましたが、ここのが絶品です。
味噌が違います。
一滴も残さず完食!

食後は近くの温泉で一息つきました。
露天風呂で長風呂し、仕上げに熱湯。
さっぱりしました。

帰りは来た道を戻りました。
柳沢峠では追ってきたインプレッサにさっさと道を譲り、追撃。
路面はウエットなので無理せず。

コーナリングスピードを無理に上げるより、直線でしっかり加速し、コーナー手前ではしっかり減速するってのがやはり速いですね。
そのうちミニバンに引っかかってペースが落ちましたが、それでもミニバンとは思えないペースで、良い気分で走れました。

中央道ではいつもの区間で10kmの渋滞。
雨だから渋滞は無いと思ってたのですが・・・・
それでも割りと流れていて、比較的ノンストレスで走れました。

最近目が悪くなって夜間走行は怖いです。
そろそろ眼鏡かコンタクトですかね。





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




温泉入ったら、帰宅するまでに湯冷めしてしまいました。
家に帰ってから、やや寒気がして、風邪を引き始めるときの症状が。
その夜は熱湯療法を施し、一晩寝たら治ってました。

風邪における熱湯療法とは自分が勝手につけた名前です。
我慢できないくらいの熱々の風呂に入り、風呂から上がったら、速効で布団を被って寝るというもの。
咳が出るくらい症状が進むと逆効果ですが、寒気がするとかいう初期症状なら効果てきめん。
個人差はあるかもですが・・・

ここで大事なのは「速効」で寝るという点。
湯冷めすると逆効果になるからです。
そのため、風呂に入る前にパソコンはOFFにし、居間の電気も消し、髪を乾かす時間を惜しむために頭も洗わず・・・・
上がったら、できるだけ素早く布団に入ります。
布団を被ると、猛烈に暑くなって汗だくになりますが、そこは我慢。
暑すぎて神経が高ぶるので寝付きは悪くはなりますが、体温が下がってくれば、自然に寝ます。
なぜこれが効くのか仕組みは分かりませんが、自分の中では以下のように理解してます。

・風邪を引くと熱が出るが、これは体温を上げて病原菌を退治しようとする身体の自然の仕組み。
・これを逆手にとって、体温を上げるというのを熱湯で強制的にやると、病原菌の退治が促進される。

どうなんでしょうね?
勝手な理解なので間違ってるかも。
でも、僕にはこれが効きます。

 


( 2017.10.16 ) ( その他 ) ( COMMENT:2 )
2017年 北海道ツーリング・・・・11日目 《炭鉱巡り編》
北海道ツーリング11日目です。


3泊した快適だった宿を出て、今日は札幌に向かいます。
楽しかった北海道ツーリングも、いよいよ終わり間近です。



過去記事
2017年 北海道ツーリング・・・・1日目
2017年 北海道ツーリング・・・・2日目
2017年 北海道ツーリング・・・・3日目
2017年 北海道ツーリング・・・・4日目 《網走番外地編 vol.1》 】
2017年 北海道ツーリング・・・・4日目 《網走番外地編 vol.2》 
2017年 北海道ツーリング・・・・5日目 《トラブル編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・5日目
2017年 北海道ツーリング・・・・6日目
【2017年 北海道ツーリング・・・・7日目】
2017年 北海道ツーリング・・・・8日目 《オロロンライン編》 】 
2017年 北海道ツーリング・・・・8日目 《羽幌炭砿編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・8日目 《旭川到着編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・9日目
2017年 北海道ツーリング・・・・10日目 《青い池編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・10日目 《三股山荘・三国峠編》 】


今日は廃墟巡りの日。
まず炭砿メモリアル公園を目指しました。
旭川から高速に乗り、美唄で降りました。



ところが、辿り着けず。
入り口を間違えたのです。
入り口の手前で曲がってしまい、入り口がゲートで塞がれていたので、立ち入り禁止かと思って諦めたのです。
あと60mほどまっすぐ走ったところに本来の入り口があったのですが・・・・
地図には詳しく載ってなかったから気がつかなかったのですが、後で航空写真を見て気がつきました。
馬鹿なことをしました・・・・




お次は奔別炭砿です。
美唄から再び高速道路に乗り、三笠で降りました。
・・・でたどり着きました。




2017_0817_旭川→札幌_DPP4_004_奔別炭砿

・・・・・立ち入り禁止になってました・・・・・
立ち入り禁止と言っても鎖が張られてるだけですから、入ろうと思えば入れたのですが、無断立ち入りになるので止めておきました。
入り口から一応見えます。
さほど遠くないです。
アングルが限られますのでこれが限界。


ちょっと消化不良気味です。
次は大丈夫でしょうか?


続いて、幾春別炭砿です。
奔別炭砿のすぐ近くです。
ここは分かりにくかったですね。
あるべき場所には博物館が建ってて、まさかここに炭砿跡があるようには見えなかったからです。
しかしここで間違いないはず・・・・


はたして、博物館の裏山にそれはありました。





2017_0817_旭川→札幌_DPP4_021_幾春別炭砿




2017_0817_旭川→札幌_DPP4_035_幾春別炭砿

ここは立ち入りOK。
すぐそばまで寄れます。
建物の中にまで入れました。
規模は小さく、可愛らしい建物でした。




次は栗山トンネルに向かいます。


続く。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村





( 2017.10.15 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:0 )
秩父 蕎麦ツーリング
まだ真夏だった頃の話ですが、秩父に蕎麦を食べにいってきました。


行ったのは横瀬にある蕎麦屋です。



2017_0903_秩父→雁坂トンネルツーリング_GRII_DPP4_003

ちょっと寄り道。




2017_0903_秩父→雁坂トンネルツーリング_GRII_DPP4_005

小鉢付の蕎麦セットにしました。
かぼちゃの豆腐、そばがき、葡萄、香の物。



2017_0903_秩父→雁坂トンネルツーリング_GRII_DPP4_008

ノーマルの蕎麦。
八割。



2017_0903_秩父→雁坂トンネルツーリング_GRII_DPP4_009

くるみ汁の蕎麦。


相変わらず美味しいですが、今日はやや水気が足りなかった感じ。
このお店は日によって味にムラがあるのが難点。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



汚い話ですが、僕は腸が弱いので、しょっちゅうお腹を壊します。
困って、お医者さんに相談したら、「ミヤBM」という薬を処方されました。
善玉の乳酸菌を補い、悪玉の腸内細菌を追い出す薬だそうです。
ミヤBMでお腹の調子はかなり良いです。
ありがたいのなんの。
乳酸菌というと、ヨーグルトを思い浮かべますが、僕はヨーグルト、ぜんぜん効きません。

よく、乳酸菌が腸まで届くかどうかってのが話に出ます。
胃酸で大半が死んじゃうそうです。
死んでも効果があるっていう話もありますが。

そんなに気になるなら、いっそのこと浣腸型のヨーグルトを出せば効果があると思います。
これなら100%生きたままです。
どこか商品化しないですかね?

浣腸型ヨーグルト


商品イメージ。




( 2017.10.13 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )
2017年 北海道ツーリング・・・・10日目 《三股山荘・三国峠編》
北海道ツーリング10日目です。


旭川の2日目です。
今日は、ツーリング前からずっと楽しみにしていた日帰りツーリングの日です。
旭川→美瑛青い池→狩勝峠→士幌町→三国峠→旭川
という周遊ルートです。
先の記事で美瑛の青い池を出るところまで書きました。
その続きです。



過去記事
2017年 北海道ツーリング・・・・1日目
2017年 北海道ツーリング・・・・2日目
2017年 北海道ツーリング・・・・3日目
2017年 北海道ツーリング・・・・4日目 《網走番外地編 vol.1》 】
2017年 北海道ツーリング・・・・4日目 《網走番外地編 vol.2》 
2017年 北海道ツーリング・・・・5日目 《トラブル編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・5日目
2017年 北海道ツーリング・・・・6日目
【2017年 北海道ツーリング・・・・7日目】
2017年 北海道ツーリング・・・・8日目 《オロロンライン編》 】 
2017年 北海道ツーリング・・・・8日目 《羽幌炭砿編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・8日目 《旭川到着編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・9日目
2017年 北海道ツーリング・・・・10日目 《青い池編》 


青い池を後にして再び走り始めました。
時刻は10時半頃。
このあと、南富良野と狩勝峠を経由して三国峠方面に向かいます。

今日のメインイベントは上士幌町の三股山荘でランチを食べること。
これは以前から決めてました。
9年前に行って、非常に印象が良かったからです。

しかし、これはすごい誤算でした。
美瑛から三股山荘まで200kmくらいあります。
いまから考えると変ですが、昼過ぎにはたどり着けるだろうとか思い込んでました。
実際はノンストップでも4~5時間くらいかかるのですが・・・・・

狩勝峠は大味な峠でした。
関東圏のタイトな峠道に比べたら直線みたいなものです。
たいしたコーナーでもないのにノロノロ走るクルマの後をおとなしく走ります。
北海道のクルマは直線は速いですが・・・・
生粋の北海道人が関東の峠を走ったら、あまりのタイトさと忙しさに発狂するかもw

士幌町に入りました。
この直線がすごかったですね。



なんと14kmあります。
90km/hの猛スピードで走るハイエースの後ろを必死でついて行きます。
取り締まりにあったら一発免停ものですよ。
しかしここらでは取り締まりなどないのでしょうか?
中央道だって制限速度は80km/hです。


道の駅「ピア士幌」で休憩。



現在2時半過ぎ。
もうすこしで3時になろうとしてます。
三股山荘までまだ50kmもあります。
いくらなんでも遅いので、念のためにお店にTEL。

「だいぶ遅いですが、ランチは大丈夫でしょうか?」
「もうランチタイムは終わったのですが・・・・」
「が~ん」
「明日は定休日だし、食材も無いんですよ」
「そこをなんとか!!、”畑のランチ”をぜひ食べたいんです!!」
「”ビーフライス”ならなんとかできます。これからご飯を炊きます」
「ありがとうございます! お願いします!!」

と無理を言ってお願いしてしまいました。
約束は3時半。
そこからの激走は人には言えません。



2017_0816_青い池→三国峠→旭川_DPP4_039_三股山荘

着きました。
3時15分頃でした。






2017_0816_青い池→三国峠→旭川_DPP4_037_三股山荘

ビーフライスです。
牛とろフレークに長芋を混ぜ込んで香ばしく焼いたものを熱々のご飯に載せたものです。
美味い!!
写真が悪すぎますが・・・・
キヤノンで料理を美味しそうに撮れた試しがありません。
と、カメラのせいにしておきます。




2017_0816_青い池→三国峠→旭川_DPP4_040_三股山荘




2017_0816_青い池→三国峠→旭川_DPP4_041_三股山荘

お店の内部はこんな感じ。
本格的なログハウスです。
じつに居心地が良いですね。





ところで今回はタウシュベツ橋を見る予定でしたが、すでに通りすぎました。
今から引き返したら三国峠に着く頃には日が暮れてしまいます。
それに橋までダートを4kmほど走る必要があります。
僕のバイクはダートが苦手。
砂利が深かったりしたらアウトです。
なのですっぱり諦めました。
以前、一回来たし、また次の機会に来れば良いのです。


そろそろ出なくては。
無理を聞いてくださったことを丁重にお礼して、お店を後にしました。




2017_0816_青い池→三国峠→旭川_DPP4_043_三股山荘




2017_0816_青い池→三国峠→旭川_DPP4_048_三股山荘

食後はお店の近くにある廃墟を撮りました。
営林署みたいな感じでした。
このあたりはかつて鉄道が走っていたそうです。
タウシュベツ橋も元々は鉄道の橋です。




2017_0816_青い池→三国峠→旭川_DPP4_051

三国峠に向かう途中にて。
美しい白樺林が続きます。
ガードレールも電柱も何も無いです。
ひたすらこんな道です。

ついでにガソリンスタンドもありません。
上士幌町から上川まで約100km、いっさいガソリンスタンドはありません。
ガス欠には注意です。
こんな奥地で動けなくなったらアウトです。
美しい反面で、そんな身の危険を感じる道ではあります。




2017_0816_青い池→三国峠→旭川_DPP4_055_三国峠

三国峠にて。
通りがかりのバイクをパチリ。
分からないですかね?




もう日が暮れそうです。
日没まであと1時間ちょっとでしょうか。
先を急ぎたいところですが、もう疲れてしまいました。
60km/hをキープし、追ってきたクルマに道を譲るってのを繰り返しました。
譲らなくても勝手に抜いていきますが、思わぬところで抜かれても困るので、意図的に道を譲るようにしてます。


上川から高速道路に乗り、愛別ICで降りました。
ホテルまであと数十キロです。
すでに日は落ちました。
街灯もない真っ暗な夜道を猛烈なスピードで走るクルマの後ろを必死に着いていきました。
90km/hは出てました。
気が狂ってるとしか言えません。

途中でホテルに電話をしました。
夕食の量を半分にして欲しいと。
何しろランチを食べたのは4時前。
あのボリュームの夕食を全部食べるのは不可能です。

ホテル到着は7時15分でした。
すぐに夕食でした。
半分にして欲しいと言っておきましたが、半分にはなってませんでした。
連絡するのが遅かったのです。
無理して食べましたが、それでもかなりの量を残してしましました。
チキンやメロンなど好物もありましたが、食欲もなく、スルーしてしましました。
勿体ないことをしました。
料理を作ってくださった方に申し訳ないです・・・・


いろいろあった一日でした。
いまから考えると、逆回りをした方が良かったですね。
しかしそうすると美瑛の青い池はたぶん暗すぎて撮れなかったかも?
撮れたとしても綺麗な青い色は出なかったかもしれません。
ちょっと分かりませんが・・・・・

 


今回のルート図。



走行距離は372kmでした。





続きます。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 



( 2017.10.11 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:0 )