FC2ブログ
K35→信州峠→ぶどう峠ツーリング・・・・vol.1
タイトル、わけ分からないですよね?
自分にしか分からないタイトル付けです。
いずれ分かります。


あいかわらずアップが遅く、6月初めのツーリングです。
まだメッシュジャケットとか無くても大丈夫な頃。
この時期が一番快適ですね。
真夏には真夏の良さがありますが。


まずはK35。
神奈川県道35号のことを、僕は勝手にこう書いてます。



空いてる田舎道です。
バイクなら、楽しくクネクネ走れます。
クルマだとちょっとカーブが煩いかなと感じるかも。



2018_0602_K35→信州峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_003

2018_0602_K35→信州峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_006

K35のルート沿いはキリ看の宝庫です。



K35を西に走って、R139にぶつかったら北上し、大月へ向かいます。
そして、大月ICから中央道に乗りました。
中央道を西に向かってどんどん走り、韮崎ICで降りました。
中央道に乗るのであれば、最初から乗れば良いのですが、そこが今回のこだわり。
ちょっとした気まぐれです。


韮崎からは信州峠を目指します。



このコースは一昔前には頻繁に走ったコースです。
ずいぶんご無沙汰しておりました。





2018_0602_K35→信州峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_009


2018_0602_K35→信州峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_012


2018_0602_K35→信州峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_017

ダム湖の手前にある増富辺りの集落は、なかなか味わい深いものがあります。
昔走ったときは、全く気がついてませんでした。
やっぱり年取ると変わるんですね。






続きます。





にほんブログ村




( 2018.07.28 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )
R&B in Shinjyuku
新宿にて。




2018_0604_新宿_GRII_DPP4_002


2018_0604_新宿_GRII_DPP4_008

最近有名な銀行ですが






にほんブログ村




ところで、音楽分野のR&Bは僕の好物の一つですが、中でも、最近知った名盤の筆頭は・・・・・





Donny Hathaway (ダニー・ハサウェイ) の「LIVE」です。

凄く有名らしいのですが、僕は恥ずかしながら最近まで知りませんでした。
キーボードとボーカルがDonnyです。
ひときわ明るく、伸びのある声質は誰にも好まれるでしょう。
録音も良く、会場の熱気がガンガン伝わってきて、臨場感たっぷり。

Marvin Gayeの「What's Going On」とか、Carole Kingの「You've Got a Friend」などのカバー曲も素晴らしいですが、「The Ghetto」のDonnyによるキーボードのソロも良いですね。
ラストの「Everything Is Everything」の後半のベースギターのソロも聴き応えありです。


 


( 2018.07.25 ) ( ) ( COMMENT:0 )
R152ツーリング・・・・vol.3 最終回
前回の続きです。



再び走行開始。
北上し、茅野を目指します。


・・・・・と、いうところで・・・・・・・・



むむ?
「青いけし」とはなんぞや・・・・?


2秒後、脳内イメージに「山肌一面にブルーの花」、が浮かび上がりました。
まだ2時過ぎで、時間はあるので、立ち寄ることに。


つづら折れの狭い林道をクネクネと。
クネクネ。
クネクネ。
クネクネ。


いったいいつ着くのでしょうか?
「青いけし→」
という案内看板はさっきから出てますので、間違ってはいなさそう。


クネクネ。
クネクネ。
クネクネ。


そして、R152を逸れてから3km。
急に視界が開けました。



眼光鋭い警官が警備中。
もしかして大鹿村バラバラ殺人事件とか、勃発中?


な、わけもなく・・・・・



2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_022


前世紀の薫り高い逸品です。
これだけでも、ここに来た甲斐があるというものです。



と、しばし感慨にふけってから、再び「青いけし」に向かって走行開始。


クネクネ。
クネクネ。
クネクネ。
クネクネ。
クネクネ。
クネクネ。


いったいいつ着くのでしょうかっ?



・・・・・R152から逸れて走りに走って12km。



ここが「青いけし」が見れる場所らしいです。



・・・・・・・人によるとは思いますが、・・・・・・どう考えてもしょぼそう。
ここまで散々苦労して走ってきたわけですが、ここへ来て脳内イメージ「山肌一面にブルーの花」、との乖離に目が覚めました。
やめましょうかね。



撤収!!




ちなみに、この道をもっと先に進むと、黒川牧場の「天空の池」ってのがあって、エキゾチックな写真が撮れるそうです。

画像検索してみてください。

急坂&砂利道区間があって、軽量なオフ車じゃないときついようです。
少なくとも重量のあるTMAXで入る場所ではなさそうです。




戻る途中で良い撮影スポットを見つけました。

2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_026

見晴らし抜群。


場所はここ。

下の道にバイクを置いて、上から見下ろしてます。
日本の道路って、どこに行ってもガードレールがあるので、こうしてガードレールが無く、見晴らしの良い場所というのは貴重です。



ようやくR152に復帰しました。
小一時間を消費しました。
青いけしは見ませんでしたが、良い写真が撮れたっぽいので、良しとします。


そしてR152を北上。



・・・・・と、こつぜんとタバコ屋跡が。



前後にまとまった集落はありません。
こんなところで、商売が成立したのでしょうか?
けっこう謎です。
また、半分樹に隠れた店構えも謎。

2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_028

ここが開業してたであろう50年くらい前は、このあたりは何かあったのかもしれません。




そうしてるうちに、分杭峠(ぶんぐいとうげ)へ差し掛かりました。



ゼロ磁場というパワースポットになってるそうです。
駐車場らしきものはありますが、実際はここは駐車禁止(バイクも)。
麓からシャトルバスで行き来する必要があるそうです。


僕はパワースポットなど微塵も信じないので、さらっと音速で通過。




この峠以降、通行量が増え、いままでとはかなり違う様子になります。
もう山奥の人里離れたルート、という感じでは無くなります。


そして、高遠を通過し、杖突峠を駆け下りたら、そこは茅野です。
ここで山場終了。
あとは中央道に乗って東京を目指すだけです。



ところで、R152はここで終了するわけではなく、さらに続きます。
霧ヶ峰あたりをさらに北上し、上田のあたりまで行って、そこが終点です。
けっこう長いんですよね。
今回のツーリングで走った区間は、R152全体の7割程度です。
完全走破する場合は、またペース配分や、ルートの研究が必要ですね。



茅野でガソリン給油し、諏訪ICから中央道に乗りました。
中央道ではジャスト80km/hにクルーズコントロールをセット。
左車線をひたすら走行。


僕は高速道路はかなりののんびり派です。
追い越し車線に出ることはほとんどありません。
中央道で80km/h、東名で90km/hくらいで走ってます。
長距離トラックと同じか、やや遅いペース。
TMAX買うときに、日本ではクルーズコントロールなんか使えないだろ、と半分バカにしてましたが、ぜんぜん。
使いまくりです。
速度維持に神経を使わなくても良いのは格段に楽です。
その分の神経を、周囲の安全確認に振り向けられます。




2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_030

なんだかんだ言って、けっこう疲れました。
双葉SAで休憩。
バイク置き場が満杯で、こんな端っこに停めざるをえませんでした。
今日は良い天気でツーリング日和でしたからね。
時刻は6時半。
あと30分で日没です。



そして、ひたすら走って大月JCTに近づきました。
電光掲示板では、「大月→小仏トンネル渋滞30km」とか。
いつも以上です。
仕方ないので、大月ICからR20に降りました。
R20も混んでましたね。


もたもた走るファミリーカーと、それをあおり倒すトラック、という定番の混戦状態を目の当たりにしつつも、平常心を保って無事帰宅。
5年前ならかなりイライラきた状況でしたが、今やぜんぜん。
追い越しも、すり抜けも一切せず。
仙人の境地に達したのでしょうか。


玄関を開けたらちょうど9時でした。
もう遅いので、夕飯はご飯だけ炊いて、レトルトのカレーライスにしました。



R152ツーリングシリーズ、終わります。





にほんブログ村



 


( 2018.07.20 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )
4L
近くのスーパーで。



2018_0719ウイスキー4L瓶

驚きのウイスキー4L瓶。



これでないと追いつかないという人は、もはやアル中ではw







にほんブログ村

 


( 2018.07.19 ) ( その他 ) ( COMMENT:0 )
GIGAMAX
暑さGIGAMAXですね。



近くのスーパーで、ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX がセール中です。

2018_0707GiIGAMAX焼きそば

あんまり売れてないですね・・・・
もう1週間くらいセールやってますが、あまりはけてないです。


このくそ暑いのに、ソース焼きそばなんて、あまり食いたくないですよね。
しかも、この食欲を一切無視したパッケージデザイン。
2142kcalのスペックも、ひたすら暑苦しいです。
利口な消費者は、ここでまとめ買いして、秋にでも食うのでしょうか?



ちなみにAmazonでは・・・・・



1個あたり600円オーバー?!
メーカー希望小売価格が税別で385円ですから、これは高すぎ。
買う人いるんですかね?




にほんブログ村




( 2018.07.18 ) ( その他 ) ( COMMENT:0 )
R152ツーリング・・・・vol.2
前回の続きです。


ランチタイムを終え、走行再開。
先は長いので、じっくり腰を据えて走ります。
ペースはゆっくり。




2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_016

蛇洞林道(じゃぼらりんどう)にて。《MAP
先述したように、R152は2カ所ほど未開通区間があって、それぞれ迂回路があります。
この蛇洞林道は、その迂回路の一つ。

ここは蛇洞林道の中でも最も美しい部分です。
両側はすっきりしたカラマツ林になっていて、無粋なガードレールがありません。
秋は黄葉と落ち葉で景色が金色になります。
いまの季節だと、ちょっとそれが想像できにくいかもですが。






2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_017

日本共産党のポスターって、木造とのマッチングが抜群です。







そして大鹿村中心部へ差し掛かり、視界が開けたところで、この看板が目を引きます。



道路の軸線上にあるので、いやでも目に入ります。




2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_019

2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_020

ここの地名が「大鹿村」だけに、かなりのインパクト。
前から気になってました。
ネットで調べると、2011年の日本映画「大鹿村騒動記」で使われたセットをそのまま引き継いでいるそうです。





あと、ちょっと分かりにくいですが、ここからもうちょっと北上したとこで、「塩の里」という休息施設があって、そこでも食事ができるそうです。《食べログ
名物の鹿肉料理が食べられるそうです。
R152からちょっと脇に入るので、気をつけていないとスルーしてしまいそう。
よく見れば、「塩の里→」という標識が出てるようですね。


「ディア・イーター」と「塩の里」と、どっちの鹿肉料理が美味しいでしょうね?
今度、食べ比べてみたいと思います。
いずれにせよ、鹿にとってはここらはデンジャラスゾーンですね。





続く







にほんブログ村





( 2018.07.15 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:0 )
GOKIの季節がやってきた!
ついに来ましたね・・・・・・。


2018_0712GOKIの季節がやってきた_001


イラストだけでも拒否反応。

視神経が腐りそうです。






にほんブログ村




つい昨日、今期初GOKIを退治しました。
瞬殺のはずのゴキジェットプロがすぐに効かず、しばしのたうち回ってました・・・・・おえええ

発見したときの視覚的ショック、戦闘、片付け、とストレスが半端ないです _| ̄|○






  


 


( 2018.07.12 ) ( その他 ) ( COMMENT:0 )
R152ツーリング・・・・vol.1
去る5月終盤に、お気に入りのR152を、久々に走ってきました。
4年ぶりです。


R152は、静岡県の浜松と、長野県の茅野を、ほぼ一直線で結ぶ、約180kmのルートです。



正確に言うと、2カ所ほど未開通の部分があって、それぞれ迂回ルートを通ることになります。
全般的に交通量が少なく、その割には道が整備されていて、走りやすいです。
荒れた舗装林道のような区間もありますが、それは全体から見たらごく一部です。
変化があって、走り甲斐があります。


東京方面からだと、新東名の浜松浜北ICで降りてR152にコースインし、ずっと走って北上し、諏訪ICから中央道に乗って帰ってくる、という感じになります。
東京起点とすると、総走行距離は650km前後になります。
けっこうな距離ですが、このうち下道はたった180kmだけですから、イメージよりハードではありません。
まあ疲れるには疲れますが。




ということで、今回も新東名の浜松浜北ICからのアプローチになりましたが、R152の一部が土砂崩れで通行止めになっているとのこと。 【通行情報
迂回路はあるのですが、その迂回路が狭くて中型車以上のすれ違いが困難なので、約15分間隔で北進・南進を切替えるという片側交互通行規制になってるそうです。
なんだか面倒くさいので、今回はぜんぜん別のルートでここを迂回し、適当なところでR152に合流するというコースにしました。
その迂回路はこんな感じ。



分かりにくそうに見えますが、それほど面倒ではありません。
この大きな迂回により、25kmほど余計に走ることになりますが、まあぜんぜん許容範囲です。





2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_003

天気が良くて暑いくらい。
木陰で小休止。




2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_004

ん?
廃線?
と、雰囲気でそう思ったのですが、ぜんぜん違いました。
JR飯田線です。
現役です。




2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_006

なんだか可愛い建物でした。
花が満開なのはポイント高いです。




この後、無事にR152に合流。
快適に走ります。

そろそろランチタイムです。
道の駅遠山郷に差し掛かりましたが、いつもこの先の食堂で食べてるので、道の駅はスルー。
そして、「梨元ていしゃば」《MAP》に行くと、まさかの閉店。
え??!!
もう何十年もお世話になってるのに・・・・いったいいつから?
情報が少ないのですが、調べていくと、2015年の11月30日に店じまいしたようです。
非常に残念です。



・・・・・と、いうことで、道の駅遠山郷《MAP》に引き返しました。
何度か立ち寄ってますが、食事はしたことないです。
何かありますかね?

2018_0527_R152ツーリング_GRII_DPP4_010

レストラン「味ゆ~楽」で、遠山郷ジンギス定食をいただきました。
1200円です。
けっこうなボリュームでした。
ジンギスカンというと、北海道だと思ってましたが、長野県北部の一部地域ではジンギスカンを食べる習慣があるそうです。
そこと、ここの関係は分かりませんが、調理法などはその地域のものにならってるのかも?
こんど機会があれば聞いてみたいと思います。




続きます。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




( 2018.07.11 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )
@N.R.O.
Nobeyama Radio Observatory、すなわち野辺山宇宙電波観測所です。
ちょっと前のことになりますが、5月の中旬頃にバイクで行ってきました。









入場は無料。
受付で記帳すれば自由に入れます。
観測に影響を及ぼすので、携帯電話はOFFにしなければなりません。





この観測所に並んでいるパラボラアンテナは、電波望遠鏡と言われるものです。
Wikiによれば、電波望遠鏡とは、可視光線を集光して天体を観測する光学式の天体望遠鏡に対して、電波を集めて天体を観測するものです。
可視光線を出さない星間ガスなどの観測に用います。
例えばブラックホールの周りを回る高温のガスは、電波望遠鏡なら観測できます。




2018_0522_須玉→野辺山→ぶどう峠ツーリング_6DMarkII_DPP4_002




2018_0522_須玉→野辺山→ぶどう峠ツーリング_6DMarkII_DPP4_007





2018_0522_須玉→野辺山→ぶどう峠ツーリング_6DMarkII_DPP4_012




2018_0522_須玉→野辺山→ぶどう峠ツーリング_6DMarkII_DPP4_013



なんだか暗い感じですが、実際は快晴です。
アンテナの白い部分のトーンを残そうとすると、どうしても全体的に暗めになります。
キヤノンのカメラは特にハイライトの粘りに弱いので、ハイライトを優先すると、こうなってしまいます。
他メーカーのカメラなら違うかも?





見学後は観測所の近くにある展望台へ。


2018_0522_須玉→野辺山→ぶどう峠ツーリング_6DMarkII_DPP4_024


八ヶ岳が見通せる絶景スポットでした。
柵が無いのがありがたいです。


使用レンズは85mm。
久々に使いましたが、28mmあたりに慣れた身には85mmって完全に望遠レンズの領域。
ファインダーを覗いて、おもわずのけぞってしまいました。









にほんブログ村




( 2018.07.03 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )