FC2ブログ
佐久穂町にて
前回記事にも書いた、僕の定番ツーリングコースである、十石峠、ぶどう峠を巡る周遊コース。
7月の後半にも行ってきて、その途中での出来事です。



2018_0722_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_002

R299の小鹿野町のヤマザキショップのすぐ近くで見つけた、DPE看板。
翌日仕上げってのが時代を感じます。
0って書いてありますが、何がゼロなんでしょう?
フィルム時代もなんだかんだ言って写真は撮ったはずですが、あくまでも実用ってことで興味はなし。
こういうのもぜんぜん分からないです。
いつ頃の看板なんでしょうね?




2018_0722_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_003

そのすぐ近くにある火の見櫓。
四本脚に八角形の屋根と足場。
装飾の少ないベーシックな形です。

火の見櫓、最近気になるようになりました。
田舎に行くといくらでもあるので、今は撮り放題ですが、あと10年、20年経ったらどうなるか・・・・
今のうちに撮り溜めておこうと思ってます。

似てるようでいて、それぞれ形は違っていて、二つと同じものは無いようです。
ある程度、撮り溜めたら、分類などしてみたいと思っております。



ということで、無事に十石峠を越えて長野県へ。
R141にぶつかったところで南下。
佐久穂町にさしかかり、とある交差点で、脇に立つ建物の看板に目がとまりました。
といっても、前から存在は認識してました、しかし流れの良いR141でいったんバイクを停めるってのは、それなりのエネルギーが必要。
今回は脳内で0.2秒くらい検討した結果、『STOPせよ』、との指令が出ました。
ブレーキ!!
ちょうど道端に良い駐車スペースがあったので、そこにバイクを停めました。





2018_0722_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_006




2018_0722_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_007





2018_0722_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_010




2018_0722_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_011

見よ、この味わい。
10年かそこらでこんな味は出ません
最低でも30年くらいは必要です。

このあたりでは、最寄りの大きな街というと、『中込(なかごみ)』になることが多いようです。
中込は佐久の中心的な街です。
かつては賑わったそうですが、今はもう見る影も無いです。




2018_0722_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_014

ランチはニンニク・チャーハン。
これ1杯に3つ分くらいは入ってますかね?
食後の吐息が素敵になれる一品ですw

ちなみに僕は紅ショウガが嫌いなので、真っ先に行うのが除染作業。
ええ、絶対に食べませんよ。
こんなもの。





終わります。




にほんブログ村

 


( 2018.09.01 ) ( 街・集落 ) ( COMMENT:0 )