FC2ブログ
山梨県硯島地区ツーリング・・・・vol.1
8月終盤のくそ暑い日、バイクで出かけてきました。
山梨県西部の早川町の硯島(すずりしま)地区です。


正確に言うと、今現在、「硯島地区」という名称はありません。
山梨県道37号線の早川町役場のちょっと先で雨畑湖の方に枝分かれする県道810号沿いの地域を、かつては硯島地区と言いました。《参考



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


現在の住所でいうと、「山梨県南巨摩郡早川町雨畑」となります。
この雨畑地区と硯島地区はだいたい同じなので、わざわざ旧名を使わなくても良いのかもですが、個人的にはかつての名前に敬意を表して硯島地区と呼びたいと思います。


そして、硯島地区は複数の集落によって構成されるわけですが、今回訪ねたのは馬場(ばんば)集落、老平(おいだいら)集落、本村(ほんむら)集落です。
この集落名は、市町村合併により、今は残っておりません。
ひとくくりに雨畑○○番地です。
個人的にはこれが気に入りません。
住所の特定という目的はこれで十分ですが、各集落の名前が消え去ってしまい、こうしてブログなどで集落名を呼称するには不便この上ないです。
山村の集落ってのは十把一絡げではなく、起伏や河川などの地形から住むのに適した土地に家屋が集まってきたもので、限定的な範囲を指すものです。
当然ながら、その各集落には名前がついていたわけで、集落好きの僕としては、その名前をもって集落を区別したいのです。
 


朝7時前に出発。
R413道志路を経て山中湖へ至り、山中湖からはR138、139で本栖湖へ。


2018_0825_道志路→硯島地区→塩山ツーリング_GRII_DPP4_003

本栖湖名物の「もぐらん」
いかにも潜水艇っぽいですが、潜りません。
カッコだけです。
勘違いしてずっこけた乗客からたぶん、よほどクレームが来たのでしょう。
もぐらんHPには、潜らないので、その名も「もぐらん」とTOPにどーんと書いてありますw




2018_0825_道志路→硯島地区→塩山ツーリング_GRII_DPP4_006

本栖湖は富士五湖の中で水深が一番深く、121mもあります。
これは全国でも8番目に深い湖です。
山中湖や河口湖は水深15mにも及びません。
本栖湖が突出して深いのです。
落ちたら足がつかないので、助かりませんw

ちなみに、僕は泳げないので水は怖い存在。
水辺にはなるべく近づかないようにしております。




本栖湖からはR300で急坂のくねくね道を駆け下ります。
下部温泉を超え、R52と交差する交差点を直進するとK37です。
K37は南アルプスの懐深くまで延びている道です。
しかし、残念なことに2005年から自然保護のためにマイカー規制が入り、途中から車両通行止めになります。
そんな行き止まりの道なのにもかかわらず、意外にクルマ・バイクが通ります。
皆さん、どこに行くのでしょうね?




2018_0825_道志路→硯島地区→塩山ツーリング_GRII_DPP4_012

取り締まりに遭遇しました。
スピードは大して出しませんし、一時停止や、信号待ちなど、ちゃんとやってますから、怖くもなんとも。
やれるもんなら、やってみやがれ、という感じですw




K37からK810に入りました。
4kmほど進んで、トンネルを越えると分かれ道になります。《MAP
右折すると、馬場集落、老平集落。
直進すると本村集落に至ります。
ここはまずは右折しました。




2018_0825_道志路→硯島地区→塩山ツーリング_GRII_DPP4_015

馬場集落です。
ここは硯島地区の中心部ともいえる部分だったらしく、かつては硯島小・中学校、役場の出張所がありました。
この大衆食堂は役場出張所があった頃に営業されていたのかもしれません。
僕が超お金持ちになったら、こういう大衆食堂にロールスロイスで乗り付け、固唾をのんで見守る大衆たちの目の前で、おもむろにカツ丼を注文する、ってのをやってみたいのですが、そんな機会は来そうもありませんw




馬場集落を通過し、道なりに行き止まりまで行くと、ちょうど駐車場がありました。《MAP
老平集落です。
そこにバイクを停めさせてもらいました。
バイクですから駐車場が無くても大抵はなんとかなるものですが、とはいえ地元の方々の往来を邪魔しないように気をつけたり、私有地に勝手に停めないようにとか、あれこれ考えると駐車場があるのはありがたいです。




2018_0825_道志路→硯島地区→塩山ツーリング_GRII_DPP4_017_老平集落

いきなりヤバい感じのDIYな雰囲気満載の小屋が出迎えてくれます。
写真右端に家が建っててスロープがあるのが見えますか?
これからこのスロープを上って集落の中に入っていきます。




続きます。







にほんブログ村




ところで、古い集落名を調べる方法として、僕は地図会社のゼンリンが運営している「いつもNAVI」を愛用しております。
GoogleマップやYahoo地図に比べ、地方の小さな集落の情報が圧倒的に多いです。
たとえば、今回訪問した本村集落を見てみましょう。


■いつもNAVI

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


■Googleマップ



■Yahoo地図



この情報量の圧倒的な差。
そして地図で探すのは公民館、自治会館、消防分団のたぐいです。
この手の公共施設には昔の集落名が着けられていることが多いのです。
いつもNAVIなら、「本村公民館」というのが載ってるので、この地区がかつては本村と呼ばれたのだということが分かります。
ちなみにGoogleマップもYahoo地図もベースとなる地図データはゼンリンのものです。
それをカスタマイズして使ってるのでしょうけど、地方の小さな集落などでは情報が省かれてしまっています。
これは意図してそうしてるんでしょう。
いつもNAVIはここが省かれてません。
そこが大事なとこです。

あと、バス停や交差点名に、昔の名残が残ってることもあります。
注意してみてみましょう。


 
 


( 2018.10.30 ) ( ) ( COMMENT:0 )
ふなっしーワールド
ようこそ、ふなっしーワールドへ。


2018_0926_橋本までの散歩_GRII_DPP4_002


無料です。




にほんブログ村




( 2018.10.26 ) ( ) ( COMMENT:0 )
長野ツーリング・・・・vol.2
前回の続きです。


R299十石峠を越え、長野県に入ってきました。
このまままっすぐ走ってR141にぶつかるのがいつものコースですが、今回はちょっと脇道に逸れてみました。



2018_0819_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_014

いつ頃まで営業していたのでしょうか?
百貨店と書いてありますが、地元のスーパーっていう感じだったのでしょうかね。
ジャンボ餃子の字が目を引きます。




379566.jpg

ところで、東京でジャンボ餃子といえば、神楽坂飯店
普通の餃子100個分だそうです。
お値段驚きの9600円!
一人で1時間以内に完食すると、無料になり、中国酒がお土産にいただけるそうです。
写真見てるだけで胸焼けがしてきますw



とか言いつつ、そろそろランチタイムです。



2018_0819_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_015

R141沿いの中華屋で、ニンニクチャーハン。
スタミナをつけるには向いてますが、ニンニクが多すぎて味覚がちょっとおかしくなるのが難点。




2018_0819_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_016

食後はモンスター・エナジーでドーピング。
レッドブルより安くて量が多いですが、個人的にはレッドブルの方が美味しいかなと思います。




R141を小海まで南下し、K124でぶどう峠を越えて秩父まで戻ってきました。
秩父市街はいつも混雑してます。
今回は渋滞回避の意味と、単なる好奇心で、今まで入ったことのない横道に逸れてみました。



2018_0819_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_017

青いオブジェが並んでおりました。
ロープのかけ方が左右で違うのが気になります。
右の方はずいぶん几帳面な人が巻いたっぽいですね。
けっこう凝ってます。





秩父を超え、延々と下道を走って無事に家まで帰ってきました。
時刻は7時。
とっぷりと日が暮れてしまいました。
これは出発が朝8時前と、ずいぶん遅かったからです。
夜間走行を最小限にするためには、朝早めに出ないといけませんね。
ただ、あまり極端に早くしすぎると、ランチタイムのタイミングがうまくいかないこともあります。
前に一度、お店に大幅に早く着きすぎて、11時半のオープンまで小一時間待ったことがあります。




2018_0819_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_024

もう遅い時間で疲れてたし、食事の用意をするのが面倒だったので、ドトールで食事を済ませました。






終わります。





にほんブログ村


 






( 2018.10.22 ) ( ) ( COMMENT:2 )
長野ツーリング・・・・vol.1
8月に長野方面にツーリングに行ってきました。


コースはおなじみですが、秩父からR299で十石峠を越え、R141に出たら南下し、小海からK124でぶどう峠を越えてR299に戻ってくるもの。
交通量が少なく、クネクネ道を充分に楽しめるコースです。
僕の家からだと350kmくらいあり、ほとんどが下道という比較的ハードなコース。
もう何回走ったやら?
通算で、たぶん200回くらいは走ってると思います。







2018_0819_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_003

僕が知る限り、最も悲観的なキリ看。
全滅って・・・・・・w




2018_0819_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_005

マクラーレン570GTを目撃。
マクラーレンのディーラーってどこにあるんだろうと思って調べてみたところ、東京に2カ所、名古屋に1カ所、大阪1カ所、福岡に1カ所で、合計5カ所あるようです。
東京以北には1軒もなし。
このクルマを買える人ってのは資金力だけでなく、居住地にも左右されるようです。




2018_0819_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_010

十石峠を越え、長野に入ったとこで。
運転免許保有者10万人あたりの飲酒運転事故件数では、長野県は2017年で5.6件。
これは全国ワースト11位と、けっこう高順位。

ちなみに飲酒運転による事故は2017年では全国で3582件だったそうです。
事故を起こしてない場合は件数に含まれませんので、潜在的には飲酒運転はもっと多いでしょう。
恐ろしいことです。
バイクはちょっと当てられただけでも即死傷事故に繋がるので、人ごとではありません。

飲酒運転による悲惨な事故は連日のように報道されますが、昔と比べてどうだったのでしょう。
警察庁の資料によれば、今から18年前の2000年(H12)には飲酒死亡事故が1276件ありました。
それ以前からも1200件越えがコンスタントに続いていたようです。
2001年(H13)に危険運転致死傷罪が新設されたことから件数は徐々に減りはじめ、その後も飲酒運転の厳罰化に関する法改正が繰り返されたことで、件数はだいぶ減り、2016年(H28)時点では死亡事故は213件となりました。
昔に比べれば、大幅に減ったと言えるでしょう。
しかし、213件でも多いですよ。
上でも書きましたが、検挙されていない潜在的飲酒運転、言ってみれば飲酒運転事故加害者候補は相当数いるでしょう。
ほんと、勘弁して欲しいです。




続きます。





にほんブログ村

 


( 2018.10.18 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:0 )
塩山ツーリング
もうだいぶ前ですが、塩山まで軽くツーリングに行ってきました。
まだ猛暑続きの頃です。




2018_0817_塩山往復ツーリング_GRII_DPP4_002

上野原市棡原(ゆずりはら)地区の火の見櫓。
最近、火の見櫓がマイブームで、そればっかり撮ってます。
興味ない人にはどうでもいいかもですが・・・・

4本脚で四角い屋根。
屋根の四隅にはくるっと巻いた蕨手(わらびて)が着いてて、頂部には風向計が取り付けられております。
見張り台は円形で、手すりには唐草模様の装飾があしらわれています。
足下にある建物との取り合わせが絶妙で、これはかなり美しいですね。
手前の電柱が無ければ、もっと良かったですね。





K18をずっと走り、R411(青梅街道)に出たら西へ。
どんどん西に走ると、柳沢峠に至り、そこから甲府盆地へ駆け下っていきます。
下りるに従い、気温がぐんぐん上昇してくるのが分かります。
甲府盆地はめちゃ暑いのです。
そして下りきったところが塩山。




2018_0817_塩山往復ツーリング_GRII_DPP4_004

塩山近郊の通称フルーツラインにて。
その名のように、道の両側は果樹園になっています。
写真はぶどう畑。
驚いたことに、一房一房、丁寧にカバーが掛けられています。
全部です。
凄い手間です。
このカバーは、「傘紙かけ」や「傘かけ」と言われるもので、雨粒に含まれるカビ菌からぶどうを守るために施すものだそうです。




2018_0817_塩山往復ツーリング_GRII_DPP4_005

道の駅「花かげの郷まきおか」にて、昼食はカレーライスでした。
いつもは天玉そばを食べるのですが、この日はちょっと気まぐれを起こしました。
味は、学生食堂のカレーという感じで、懐かしい味でした。




昼食が終わったら、帰途につきます。
R411で再び柳沢峠を越え、ずんずん走って奥多摩湖へ。
そして奥多摩周遊道路。
このときは空いていて、ほとんどクルマ・バイクと行き会わなかったです。
ここの制限速度は40km/h。
性能の良いクルマ・バイクには、退屈きわまる速度域です。
あと10kmくらい上乗せしてくれれば嬉しいんですけどね。




2018_0817_塩山往復ツーリング_GRII_DPP4_007

K33沿いの集落にある火の見櫓。
4本脚で屋根と見張り台共に8角形。
屋根の蕨手、風向計、手すりの唐草模様と、定番の装飾が施されています。
半鐘は一番上には見当たらず、下の踊り場に設置されていました。





以降は普通に走って帰宅。
高速道路は使いませんでした。
中央道はいつも渋滞してるし、高速代もバカになりません。
時間がかかっても、最近は下道オンリーで帰ることが増えました。




終わります。





にほんブログ村





( 2018.10.12 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )
秋風
ちょっと前、とある喫茶店に行きました。
少し肌寒いくらいの雨上がりでした。
喫茶店までの2kmちょっとの道のりを楽しみました。




2018_0922_橋本までの散歩_GRII_DPP4_003





2018_0922_橋本までの散歩_GRII_DPP4_006




2018_0922_橋本までの散歩_GRII_DPP4_010





にほんブログ村

 


( 2018.10.08 ) ( ) ( COMMENT:2 )
宮ヶ瀬湖ツーリング
今日、午後遅くなってから、ふらっと宮ヶ瀬湖の方にツーリングに行ってきました。

湖畔のワインディングでは、後ろから迫ってくる、クルマやバイクに道を譲りながらのんびり走行を楽しみました。
でも思うに、TMAXはスポーツバイクなので、時速40km/hプラスアルファ程度の速度域では、けっこう乗りにくいですね。
もっとペースを上げ、ブレーキングで荷重移動を積極的に行いっていう風にすると、グイグイ曲がりますが・・・・



2018_1006_宮ヶ瀬湖ツーリング_GRII_DPP4_005

カフェの「オレンジ・ツリー」でコーヒータイム。
今日は思ったより暑く、ベランダで上着を脱いでちょうどいい感じでした。




2018_1006_宮ヶ瀬湖ツーリング_GRII_DPP4_006

呼ばれて振り返ると、猫がいました。




2018_1006_宮ヶ瀬湖ツーリング_GRII_DPP4_010

精算時に財布を忘れてきたことに気がつき、一瞬ぎょっとしましたが、バッグに現金を常備していたので、無事切り抜けました。





そんな一日でした。





にほんブログ村

 


( 2018.10.06 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:0 )
秋桜の季節がやってきた・・・・ver.2
9月27日にもコスモスの写真をアップ《記事》しましたが、その後もう一回行ってきました。

前回は28mmと85mmを持っていったのですが、今回はマクロレンズを久々に持ち出しました。
マクロ、最後に使ったのはいつでしたっけ・・・・
もう全く思い出せません。
超久々です。

機材は、EOS 6D MarkIIと、Tokina AT-X M100 PRO D F2.8。
それと念のため、EF28mm F1.8 USM。

適度に薄曇りで風の穏やかな休日に出かけました。
行き先はいつもの昭和記念公園。
その中央部にある原っぱにコスモスが植えられております。
けっこうな面積です。
品種はレモンブライトです。

昭和記念公園はなにせ広大。
コスモス畑にたどり着くまでには、立川駅から2kmくらい歩きます。
機材が重いので、けっこう疲れます。




2018_0924_昭和記念公園のコスモス_6DMarkII_DPP4_003

コスモスの前にススキで肩慣らし。
これも100mmマクロです。
ただしf20くらいまで絞ってます。




2018_0924_昭和記念公園のコスモス_6DMarkII_DPP4_004

公園内のレストランで遅いランチ。
釜焼きピザを楽しみにしていたのですが、まさかの売り切れ。
時間が遅かったからでしょうかね。
やむなくビーフカレーに。
けっこう美味しかったですよ。



コスモス畑に着きました。
広いので、どこから撮り始めるか迷いますが、悩んでも仕方ないので、近いとこから撮り始めます。
前回は逆光気味で撮ることが多かったので、花の裏側しか撮れなかったのですが、今回は表側から撮りたいです。
なので、必然的に順光で撮ることになります。




2018_0924_昭和記念公園のコスモス_6DMarkII_DPP4_008




2018_0924_昭和記念公園のコスモス_6DMarkII_DPP4_014




2018_0924_昭和記念公園のコスモス_6DMarkII_DPP4_015




2018_0924_昭和記念公園のコスモス_6DMarkII_DPP4_025




2018_0924_昭和記念公園のコスモス_6DMarkII_DPP4_029




久々のマクロだったということと、穏やかとはいえ風があったので、ピンぼけ写真を連発してしまいました。
300枚近く撮って、セレクトで残ったのはわずか33枚だけでした。
にしても、我ながら、けっこう下手ですね・・・・・



マクロの場合、絞りのコントロールはけっこう神経を使います。
EOS 6D MarkIIのプレビューボタンは、小さすぎかつ引っ込みすぎで、かなり押しにくく、これが地味にストレスです。




ところで、その後、台風の影響で、コスモス畑はかなり倒れてしまったそうです。
徐々に起き上がってくるそうですが、完全には戻らないようです。
台風、厄介です。
公園北部の花の丘のピンクのコスモス畑は、今月半ばが見ごろという予想になっています。
もうすぐです。
そのころ、また行こうと思います。






にほんブログ村





( 2018.10.06 ) ( 風景 ) ( COMMENT:0 )
上野原散歩・・・・vol.3
前回の続きです。



上野原のメインストリート400mくらいのうち、西側から攻めて300mくらいは来ましたかね。
それ以降の写真です。



2018_0816_R20→柳沢峠→奥多摩→上野原散歩ドライブ_GRII_DPP4_025

果物屋さん。
果物専業は、最近はあまり見かけなくなってるような気がします。
ちなみに僕は果物はあまり好きではありません。
甘いものは好きですが、どういうわけか果物はダメ。
特にバナナが嫌いです。
一方で、うちの母は、黒くなってドロドロになったバナナが好きでした。
おえええ。




2018_0816_R20→柳沢峠→奥多摩→上野原散歩ドライブ_GRII_DPP4_026

自分でできるそうです。
あらかじめ腕を磨いて、高さ30cmとかの大盛りをゲットすれば、お得感が高いかもですねw
ちなみに僕自身はお腹が弱いので、ソフトクリームは禁止です。




2018_0816_R20→柳沢峠→奥多摩→上野原散歩ドライブ_GRII_DPP4_028

2018_0816_R20→柳沢峠→奥多摩→上野原散歩ドライブ_GRII_DPP4_029

メインストリートを見終わったので、ちょっと路地裏に入ったところ、遭遇したのがこれ。
大正館です。
国の登録有形文化財になっております。
文化庁HPからの引用ですが、「甲州街道旧上野原宿の東側に建つ映画館。昭和63年まで現役であったが、現在は倉庫となっている。木造2階建、下見板張りの建築であるが、ファサードはモルタル塗りとし、横連窓を配しており、インターナショナルスタイルの影響が見られる早い事例である。」
周りは完全に住宅街。
そこに忽然と建つ感じで、ちょっと不思議な立地。
場所はここです。→《MAP
維持管理が行き届かず、一部壊れかけています。
見るなら早めに行くのをお勧めします。




2018_0816_R20→柳沢峠→奥多摩→上野原散歩ドライブ_GRII_DPP4_035

メインストリートから南側にちょっと入ったとこにある雑居ビル。
どうも営業してるようには見えないのですが、どうなのでしょう。
中には入れるようになってましたが、おっかないので入りませんでした。




上野原シリーズ、終わります。




にほんブログ村



【10月5日追記】

文化財がこんな状態で良いのか?という素朴な疑問を読者から頂きました。
確かにごもっともな意見だと思いますので、ネットで分かる範囲で調べてみました。(以下長文失礼します)
 
まず基本方針として、「文化財保護法」では建物の維持管理は所有者が行うこととなっております。
で、その一方で維持管理に関わる費用に関して、一部補助が出る制度があります。
文化庁HPから閲覧できる「登録有形文化財建造物修理等事業費国庫補助要項」を読むと、建物の保存修理の際には”設計監理費”の50%が補助されるとなっています。
ただし、ここが大事なとこですが、”工事費”は対象外です。
また建物を公開する場合は、その準備にかかる”経費等”の50%が補助されます。
同様に”工事費”は対象外。
固定資産税の減免措置はあるようですし、他に優遇措置はあるかもですが、いずれにせよ工事費は所有者負担です。
こういうことですから、これらを総合的に勘案して、負担が大きければ修繕は手が回らなくなる恐れがあります。

登録有形文化財は所有者側が申請することになっているそうです。
自分で申請したのなら維持管理はしましょう、法でも決まってるんだし、というのが原則だと思いますが、申請した当時と今とでは財政状況が違うとか、所有者が高齢化して例えば長期入院してしまい維持管理が困難になったとか、様々な事情もあるでしょう。一概に批判がましいことは言えません。
工事費は数百万円から、千万単位のものもあると思いますが、それを所有者が出せるかどうかってのは、よほど裕福であるとか、入場料を取って利益が出てるとか、そうでもないと、なかなかハードルが高いのではないかと思います。

それに対し、自治体で独自に上乗せで補助をしているところもあるようです。
例えば栃木県の足利市では修理費の一部補助(最大200 万円程度)を実施しているそうです。
でも、おそらくかかる工事費の一部ってことも多いのではないかと推察します。

登録有形文化財への登録制度というのは、僕のような一建物好きからしてみれば、貴重な歴史遺産を守る重要な制度だと思います。
維持管理にかかる経費や工事費に関して、もっと国や自治体の公的なサポートが充実してくれば、制度がもっと行き渡るのではないかと思います。
ただ、その財源が単に税金をつぎ込むだけというのは限度があると思います。
維持管理人を法人化して入場料、関連グッズ、お土産、などで売り上げを得る、ということもできるものもあるかもしれませんが、全てがそれを実行できるわけではないでしょう。
今後、良い仕組みが出てきて、維持管理が行き届くようになれば良いなと思います。

 


( 2018.10.04 ) ( ) ( COMMENT:0 )
上野原散歩・・・・vol.2
前回の続きです。


奥多摩周遊道路を経由し、上野原に出てきました。
そこでコンビニ休憩。


2018_0816_R20→柳沢峠→奥多摩→上野原散歩ドライブ_GRII_DPP4_015

コンビニから50mくらい離れたとこにある倉庫。
好みの看板が満艦飾です。



次は上野原のメインストリートに向かいます。
駐車場にクルマを停め、歩き出します。







2018_0816_R20→柳沢峠→奥多摩→上野原散歩ドライブ_GRII_DPP4_017

お茶屋さんの看板ですが、かなり個性的で、目を引きます。
堀内のりこさんの目線も合わせ技で効いてるかも?




2018_0816_R20→柳沢峠→奥多摩→上野原散歩ドライブ_GRII_DPP4_019

一見してミッキーマウスに似て・・・・・・いえ、違います。
ミッキーにはヒゲも眉毛もありませんよ。




2018_0816_R20→柳沢峠→奥多摩→上野原散歩ドライブ_GRII_DPP4_020

ずいぶん年期の入った蛇口ですね。
この形のハンドルは近年は見ませんね。




2018_0816_R20→柳沢峠→奥多摩→上野原散歩ドライブ_GRII_DPP4_021

廃業されたガソリンスタンド。
古いBMWが放置され、なぜかエンジンが転がっています。





ところで、この上野原のメインストリートは、これまで何度となく走ってます。
頻繁に行く奥多摩方面への入り口になるからです。
通るたびにここを撮ってみたいと思ってましたが、どういうわけか長年スルーしてました。
今回、ようやく機会が作れたわけです。
きっかけは特にありません。
ただの思い切りです。
そんなこともあるんです。




続きます。





にほんブログ村

 


( 2018.10.02 ) ( ) ( COMMENT:2 )