FC2ブログ
塩山にて・・・・vol.1
週末に山梨県の塩山へバイクで行ってきました。
上野原から山梨県道18号で小菅村を経由し、丹波山村。
そこから国道411号で柳沢峠を越えて塩山へ出るという山岳コースです。





国道413号(道志路)などは台風19号で大打撃を受けて通行止めになっていますが、この柳沢峠越えのコースは通れました。
路面に土砂が流れたような跡があったので、おそらく重機が入ったのでしょう。
たった1週間で通れるようになるなんて、日本の道路の維持管理レベルは世界最高峰だと思われます。
滑りやすいコンディションだったので、慎重に走りました。


塩山は何度か来ていますが、今回は割とパーツを切り取る感じの写真になりました。
なんとなくそんな気分だったのです。





2019_1020_塩山散歩_RP_DPP4_003



2019_1020_塩山散歩_RP_DPP4_005



2019_1020_塩山散歩_RP_DPP4_010



2019_1020_塩山散歩_RP_DPP4_007



2019_1020_塩山散歩_RP_DPP4_014




ちなみにバイクは駐車場《MAP》に停めました。
1時間100円です。





にほんブログ村




明日10月22日は天皇陛下の即位を宣言する「即位礼正殿の儀」が行われます。
これに合わせ、55万人の恩赦が実施されるそうです。
超凶悪な連続バラバラ殺人鬼とかが55万人も野に放たれる??・・・・というのは杞憂で、罰金刑が対象だとか。
僕が思うに、悪いことをした55万人を相手にするより、良いことをした55万人を表彰する、というほうが前向きなような気がしますね。
誰のためだかよくわからない制度です。





( 2019.10.21 ) ( 街・集落 ) ( COMMENT:0 )
榛名湖・軽井沢ツーリング
ずいぶん前のことになりますが、8月終盤に榛名湖と軽井沢を巡るツーリングに行ってきました。





このコースは関越道の鶴ヶ島JCTあたりで軽く渋滞するのを除けば、流れの良い快走ツーリングコースです。
標高が高いので夏でも快適で、夏のツーリングコースとして、ここ数年のお気に入りです。
今回は走るのをメインにしたので、写真の枚数はわずか20枚程度でした。




2014_0824_榛名湖→軽井沢ツーリング_RP_DPP4_003

榛名湖の北部のとある集落にて。
昔のヨコハマタイヤのキャラ「スマイレージ」がけっこう怖いです。
「スマイレージ」はイメージ戦略の方針で、1980年代後半あたりから使われなくなってきたそうです。
ところで、「ヨコハマタイヤ」はブランド名で、会社名は「横浜ゴム」です。




2014_0824_榛名湖→軽井沢ツーリング_RP_DPP4_011

村上家釜めしにて昼食。
味覚異常があるので、食べた気がしませんでした・・・
それは分かってたので、安くコンビニ弁当にしようと思ってたのですが、タイミングよくコンビニに行き合わず、お店の前に着いてしまったのです。




2014_0824_榛名湖→軽井沢ツーリング_RP_DPP4_015

軽井沢の別荘地にて。
なんとなく別荘のオーナーになったような気が・・・・・しませんねw




軽井沢駅周辺はかなり渋滞していました。
小一時間ほど渋滞に巻き込まれいていましたが、暑からず寒からずで快適で、さほど苦ではありませんでした。




終わります。





にほんブログ村




台風19号関東直撃の翌日、相模湖の方にバイクで様子を見に行ってきました。


2019_1013相模湖周辺の被害状態


そこらじゅうで土砂崩れで通行止め多数で、まともに走れず。
迂回しながら上野原までたどり着けたのですが、その先でさらに通行止めということで、Uターンしました。
帰路は渋滞に巻き込まれ、3時間近くは嵌ってましたかね?
ほうほうの体で帰宅しました。

 


( 2019.10.13 ) ( 街・集落 ) ( COMMENT:0 )
R152ツーリング・・・・vol.2
前回の続きです。
旧木沢小学校の見学の場面ですね。




2019_0806_R152ツーリング_RP_DPP4_010

この教室は、廃校の時のまま残してあるそうです。
学年で3人ですか。
僕が小学校の頃はかなり大きな小学校で、1クラスで何十人もいて、それが何クラスもありました。
それに比べて3人だと人間関係がひときわ濃くなりますね。
思い出も濃くなるかもしれません。




2019_0806_R152ツーリング_RP_DPP4_011

この人体模型は昔からありますが、見るたびにパーツが少なくなってきてて、寂しいですね。




2019_0806_R152ツーリング_RP_DPP4_012

平沢さん、美少女ですね!
昭和37年に小学生だったってことは、いま70歳前後でしょうか。
ぜひお目にかかりたいですね。





見学を終わらせ、学校を後にします。
この先の地蔵峠でR152が通行止めになってるので回り道しました。
かなりの大回りになるので、17㎞ほど余計に走ることになります。
たった17㎞ですが、曲がりくねってるので、タイムロスが多く、30分以上は余計にかかります。

ようやくR152に復帰したのもつかの間、分杭峠のところでまたもや通行止め。
これは事前の情報が無く、気づかなかったです。
そしてまたもや迂回路で小一時間ほどタイムロスでした。




2019_0806_R152ツーリング_RP_DPP4_014

迂回の途中にて。
くまモンが晒し首になってました。
何の罪でしょうか?
痴情のもつれでメス熊を殺したとかでしょうかw




けっこうタイムロスしたのですが、まあ順調に走って5時前には諏訪ICに到着しました。
あとは中央道を走るだけです。





R152シリーズ終わります。





にほんブログ村



ところで、つい先日、米オクラホマ州で人間が犬に銃で撃たれるという事件があったそうです。
クルマの中で犬が動いた拍子に置いてあった22口径の拳銃のトリガーを踏んでしまい、乗り合わせていた人の太ももに弾が当たったそうです。
幸いに命には別条はなかったそうです。
その銃の持ち主は79歳の女性だったとか。
そんな高齢の女性が銃を持ち歩いてるなんて・・・・
さすが銃社会のアメリカですね。

しかし、この事件、拳銃で良かったです。
犬が踏んだのが某国向けの核ミサイルの発射ボタンだったらえらいことになってます。
某国も報復の核ミサイルを発射。
地球はTHE END。

それに比べたら、拳銃など可愛いもんですw



( 2019.10.09 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )
R152ツーリング・・・・vol.1
8月の初めに、国道152号線を走ってきました。
R152は南アルプスの西側をほぼ南北に走るルートで、南端は浜松、北端は上田市です。
今回走るのは浜松から茅野の区間です。
行きは浜松浜北ICまで第2東名を走り、R152を北上し、茅野ICからは中央道で戻ってくる、というコース。
ただし、今回はR152の一部が土砂崩れで通行止めとのことなので、迂回しなくてはいけません。そこがちょっと残念。



2019_0806_R152ツーリング_RP_DPP4_002

浜松市天竜区のお店です。
もちろんR152沿い。
以前から撮ろうと思ってましたが、交通量が多いエリアでバイクを停めにくく、撮れずにいました。
それを今回は、なんとか撮れました。




2019_0806_R152ツーリング_RP_DPP4_004

旧木沢小学校《MAP》にやってきました。
昭和7年に建てられた木造の校舎で、平成12年に廃校となりました。
内部も見学可能です。




2019_0806_R152ツーリング_RP_DPP4_007

玄関口で堂々と寝てるのは、猫校長の「たかね」さんです。
プロフィールはこちらの記事に詳しく書いてあります。
必ず出会えるとは限らないそうですが、僕の場合はラッキーなことにほぼ毎回会えてますね。




2019_0806_R152ツーリング_RP_DPP4_008

板書を見ると、否が応でも昔の頃を思い出します。
一番思い出深いのは小学校時代でしょうか。
関西地方のとある田舎町でした。
喧嘩もしたけどいい友人たちに恵まれ、幸せでしたね。




続きます。




にほんブログ村




( 2019.10.05 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )
川越撮影会・・・・vol.3
前回の続きです。


そろそろいい時間になってきました。
4時から川越駅そばの居酒屋で宴会があるので、獲物を探しながらも、お店に向かいました。
もう歴史的建造物のエリアからは離れておりますが、よく観察すると、かつての名残が感じられるものも散在していました。




2019_0923_IPPONS_川越_RP_DPP4_082



2019_0923_IPPONS_川越_RP_DPP4_083



2019_0923_IPPONS_川越_RP_DPP4_084




川越シリーズ、終わります。





にほんブログ村

 

昨日、名古屋の市バスで、定刻から30分以上バスが遅れるというケースがあったそうです。
運転手さんが空き時間中に仮眠を取っていて、アラームに気づかずに寝過ごしてしまったことが原因だとのことでした。
おかげでニュースになっちゃって・・・
僕も寝坊で失敗したことがあるので、人ごとではなく、どちらかというと運転手さんに同情したい気がしますね。

寝坊癖のある方にお勧めの目覚ましグッズがあります。
定刻起床装置個人簡易型[SAC-5A型]
下関にある新光産業という会社が、1965年(昭和40年)に、旧国鉄の依頼を受けて開発したんだそうです。



動画にシーンが出てきますが、背中に敷いた袋がセットした時刻になると膨らむことで強制的にエビ反りになり、起きずにはいられない、という仕組みだそうです。
この荒業でありながら、名称が「簡易型」とは何ぞや?
ぜひとも簡易型ではないほうを見てみたいです。

お値段は驚きの10万円越え。
超高額商品ですが、名古屋市バス様もこれを機会に導入してみてはいかがでしょう。




( 2019.10.02 ) ( Ippons ) ( COMMENT:0 )