FC2ブログ
R152ツーリング・・・・vol.2
前回の続きです。
旧木沢小学校の見学の場面ですね。




2019_0806_R152ツーリング_RP_DPP4_010

この教室は、廃校の時のまま残してあるそうです。
学年で3人ですか。
僕が小学校の頃はかなり大きな小学校で、1クラスで何十人もいて、それが何クラスもありました。
それに比べて3人だと人間関係がひときわ濃くなりますね。
思い出も濃くなるかもしれません。




2019_0806_R152ツーリング_RP_DPP4_011

この人体模型は昔からありますが、見るたびにパーツが少なくなってきてて、寂しいですね。




2019_0806_R152ツーリング_RP_DPP4_012

平沢さん、美少女ですね!
昭和37年に小学生だったってことは、いま70歳前後でしょうか。
ぜひお目にかかりたいですね。





見学を終わらせ、学校を後にします。
この先の地蔵峠でR152が通行止めになってるので回り道しました。
かなりの大回りになるので、17㎞ほど余計に走ることになります。
たった17㎞ですが、曲がりくねってるので、タイムロスが多く、30分以上は余計にかかります。

ようやくR152に復帰したのもつかの間、分杭峠のところでまたもや通行止め。
これは事前の情報が無く、気づかなかったです。
そしてまたもや迂回路で小一時間ほどタイムロスでした。




2019_0806_R152ツーリング_RP_DPP4_014

迂回の途中にて。
くまモンが晒し首になってました。
何の罪でしょうか?
痴情のもつれでメス熊を殺したとかでしょうかw




けっこうタイムロスしたのですが、まあ順調に走って5時前には諏訪ICに到着しました。
あとは中央道を走るだけです。





R152シリーズ終わります。





にほんブログ村



ところで、つい先日、米オクラホマ州で人間が犬に銃で撃たれるという事件があったそうです。
クルマの中で犬が動いた拍子に置いてあった22口径の拳銃のトリガーを踏んでしまい、乗り合わせていた人の太ももに弾が当たったそうです。
幸いに命には別条はなかったそうです。
その銃の持ち主は79歳の女性だったとか。
そんな高齢の女性が銃を持ち歩いてるなんて・・・・
さすが銃社会のアメリカですね。

しかし、この事件、拳銃で良かったです。
犬が踏んだのが某国向けの核ミサイルの発射ボタンだったらえらいことになってます。
某国も報復の核ミサイルを発射。
地球はTHE END。

それに比べたら、拳銃など可愛いもんですw



( 2019.10.09 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )