MI:J

川崎 昭和マーケット界隈・・・・vol.2  

前回の続きです。


うまく撮れなかった昭和マーケットを離れると、なぜか気が楽になりました。
そんなことって無いですか?
まあ僕だけかもですが。




16_0206_川崎_昭和マーケット→観音町→桜本商店街→川崎駅西口_DPP4_018




16_0206_川崎_昭和マーケット→観音町→桜本商店街→川崎駅西口_DPP4_020




16_0206_川崎_昭和マーケット→観音町→桜本商店街→川崎駅西口_DPP4_022




16_0206_川崎_昭和マーケット→観音町→桜本商店街→川崎駅西口_DPP4_023




16_0206_川崎_昭和マーケット→観音町→桜本商店街→川崎駅西口_DPP4_025




16_0206_川崎_昭和マーケット→観音町→桜本商店街→川崎駅西口_DPP4_024




こうやって自分の写真を見ると、かなり狭い範囲を撮ってますね。
広めの風景には苦手意識があります。
広すぎてコントロールできないと思うからです。
その割には広角レンズが好きです。
今回の写真はすべて35mmでした。





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


会社の隣の方との会話。

Aさん 『うまい物ばかり食ってると長生きできないそうだ』
僕   『では、いかに?』
Aさん 『人間は飢餓状態になると生き延びるためのホルモンがでるらしい』
僕   『まことに奇怪なり!』


調べてみると確かにそんな話があります。
そのからくりはよく分かりませんが、感覚的に分かりやすい記事がありました。
とあるサイトから転載。
くだんのホルモンの効果についての解説です。

=======================================================================================
本来動物としては生きるための食事をしますが、色々な問題もあり食べることができないことも自然界では起こり得ます。このときね空腹で餓死してしまっては子孫を残すことができません。

そこで体には空腹になっても生き残り、少しでも元気な状態を保ち、長生きしながら食事ができる時期まで生き延びる、そして生き延びることで子孫を保ち残すための猶予を得ていると考えられます。

少しでも長く生きることができればそれだけ子孫を残すチャンスが増えるからです。飢餓状態になったとしても、それだけで死ぬわけにはいかないのです。
=======================================================================================


もし生まれたときから節制してれば150歳も夢ではないかも?
しかし飢餓状態で150年も生きなければならないのです。
まあ僕は遠慮しておきます。

 



コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top