乙ヶ妻集落
山梨県の乙ヶ妻集落です。
『おっかづま』と呼びます。



15_0412_乙ヶ妻集落_001



15_0412_乙ヶ妻集落_002



下の写真にあるように、縁側のある家って憧れます。
冬は日向ぼっこして、夏はスイカを食べるのです。
春や秋は昼寝してもいいし、今のような梅雨時は雨を眺めながらボーっとするのもいいかも。
こういう中としても外としても使えるスペースってのは現代では贅沢品なのでしょう。
うちの寝室に面してわりと広いベランダがありますが、これは駄目。
居間に面していないと。
それに窓の敷居をまたがなくてはならないってのも駄目。
縁側と居間はまたがないといけないほどの段差があっては一体感が出ません。
縁側なんて板間になってて屋根があればそれでよく、大して凝った作りはいらないと思いますが、それでもその少しのことが出来ないのが現代の庶民の住宅事情なんでしょうね?
そこらの建売住宅で縁側がある家なんて一回も見たこと無いです。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



今日の読売新聞夕刊に、JAXAが宇宙エレベーターにつながる研究を進めている、とかの小さな記事がありました。
直接的にエレベーターを開発するとかではなく、エレベータのワイヤとなるカーボン繊維を宇宙線に暴露させて変化を調べる実験をする、という記事だったと思います。
いずれ宇宙エレベータの基礎技術になるのでしょうか。
このエレベータで人や物資を運ぶんだとか。

記事によればワイヤの長さは100000km。
思い切りましたね。
ISS国際宇宙ステーションでさえ距離は400kmだそうです。
ぶっちぎりで宇宙ど真ん中ですね。
夢があります。






しかし!!!!!!!!!!!!!!!!


逆に極悪の宇宙人がどさくさにまぎれてそのエレベーターで地球にやって来るかもしれませんね?
そのようなリスクは織り込み済みなのでしょうね?
まさか知らなかったとか言わないでしょうね?


 


( 2015.06.25 ) ( ) ( COMMENT:4 )
コメント

広角の使い方が上手いなぁと、つくづく。特に二枚目。
散漫になりそうな景色なのに、じっくりと見入っちゃいます。ちょいと斜めが緊張感生んでるのかなぁとか、さりげなく空には飛行機雲とか、いろいろ気づくとまた楽しくて。
縁側ね...とっくに取り壊された母方の祖父母の家には、まさにおっしゃる通りの縁側があって、子供の私はその縁側だけで、じゅうぶん宇宙を感じておりました(笑)

...って、軌道エレベータごときを頼りにするようじゃ、そもそも地球まで来られませんよ宇宙人。と、強引につなげる(笑)

( by : CommA * URL ) ( 06/27 - 02:35 ) ( 編集 )

僕がコメントしようとしたこと、
CommAさんが前半で上手く表現してくれたので省略しますw
なんか集落と聞くと少し切なくなりますね。
宇宙人にはエレベータではなく宇宙エスカレータで来てほしいですね。
歓迎ののぼりたてて、はっぴとうちわで出迎えしますよww

( by : d@m@ * URL ) ( 06/27 - 08:45 ) ( 編集 )

エレベーター、ボタン押してからもう1週間もたってるんですけどまだ乗れません。動いているみたいです。 という事にならないのでしょうか?(笑) 

( by : kent_225 * URL ) ( 06/28 - 22:09 ) ( 編集 )

◆CommAさんへ

お褒めいただきありがとうございます。
この広角が僕にとっては標準です。
どうも目が離れてるようですw

自分でも思いますが子供の世界って狭かったですよね。
お母さんに怒られたりしたら世界が終わったような気になりましたしねw

いやいやわざわざ着地しなくても楽に地球に下り立てるならエレベータ使いますって。
宇宙人と言えども楽な道を選ぶものですww


◆d@m@さんへ

某アイドルグループみたいにJAL機からはっぴを着て降りて来るような演出もありですねw
あ、「アイドル」は言っちゃあ駄目ですか?


◆kentさんへ

いえいえ大丈夫です。
秒速10万メートルで動けば1秒で来ます。
ご安心くださいww
 

( by : MuhW * URL ) ( 07/08 - 21:34 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント