GW紀伊半島ドライブ・・・・関宿vol.2
前回の続きです。


1.8kmの街道を端から端まで歩いて行きます。
どこかで雰囲気の良いお店で軽く食事でも・・・と思いましたが、さっき昼飯を外で食べたばかりで、ぜんぜんお腹が空いてないので止めておきました。
昔から間食はしない習慣ですし・・・。


建ち並ぶ町屋は200軒あるそうです。
うち、旅籠が何軒あるのか不明ですが、1/3が旅籠だとすると60軒少々になります。
けっこうな量ですね。
これだけの旅籠が埋まるほどの交通量があったわけですね。
東海道五十三次は日本の大動脈だったわけです。

ちなみに東海道五十三次で最も規模が大きい宿場町は熱田宿(現在の名古屋市あたり)で、247軒もの旅籠があったそうです。
熱田宿には行ったことは無いですが、宅地化されて当時の面影は残ってないそうです。
東海道五十三次で当時の面影を相当な規模で残してある唯一の宿場町がここ関宿だそうです。
残ったのはいろいろな要因があったのでしょうし、先見の明もあったのでしょう。



2017_0503_関宿_DPP4_024




2017_0503_関宿_DPP4_027




2017_0503_関宿_DPP4_040




2017_0503_関宿_DPP4_047




2017_0503_関宿_DPP4_051



この宿場町には生活があります。
単に観光用に家が残してあるわけではありません。
家々には普通に人が住んでます。
なのでひっきりなしに住民が乗るクルマや自転車が行き交います。
こういうところに住んでる方は、自分の家を観光客にじろじろ見られるのをどう思っていらっしゃるのでしょうね?
迷惑と考えるか、誇らしげと考えるか・・・・


これでGW紀伊半島シリーズ終わります。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


ところで、今日のニュースですが・・・・・・

大阪・南港の海上で、頭部のない男性の遺体が見つかりました。
警察は、男性が後ろ手に縛られていたことから、事件と自殺の両面で調べています。
(朝日放送)

・・・・だそうです。

どう考えても自殺ではないと思うのですが、どうやったらそのような嫌疑が出てくるのでしょうか?
自殺だとしたら、自分で後ろ手に手を縛り、後ろ手のまま自分自身で首を切り落とし、さらに首なし状態で海にダイブするという高度なテクニックが要求されます。
無理です。

以上!!

 


( 2017.08.02 ) ( ) ( COMMENT:3 )
コメント

趣のある街道ですね。
静岡は東海道五十三次のなかでも22箇所もあるのですが、
このようなところはないような?

白川郷の合掌造りも普通に人が生活しているらしいですが、
観光客にジロジロ見られるのはいい気分はしないように思います。
まあ、住んでみないとわかりませんが…。

( by : えふ5.6 * URL ) ( 08/06 - 23:27 ) ( 編集 )

湯浅でそのような話をしました。観光客大歓迎ですね。
古い建物を妙に今風にアレンジしたカフェもないかわりに誰でも気軽に休める茶屋もあります。
地元の方が使わなくなった家や店を町に寄贈し予算をつけて改修、観光客に来て休んでもらえる場所の提供をいくつも作っていました。無料でくつろげました。
あるお店の方は、他所の町でやっている、宿場町を生かしたまちづくりに、きれいで観光の方も喜びそうで羨ましいとも。でも、ありのままがいいですよと伝えました。
気がついたと思いますが昔ながらのお家の窓や壁には代々伝わる古民具などが木枠のケースに入れられ飾ってあります。旅人の目を楽しませているのです。営みこそすてき、そういうものじゃないですかね?

( by : ariari * URL ) ( 08/10 - 02:57 ) ( 編集 )

◆えふ5.6さんへ

どうやら53次はこの関宿以外は全滅のようです。
残ってたらすごい観光資源や文化遺産になってたのでしょう。
もったいないです。
かつて【古いものは悪である】という風潮が日本人の中にあったからでしょう。

聞いた話だと、合掌造りはほんとうに住んでるそうですね。
世界遺産になると家を維持する補助金が出るのでしょうか?
補助金と引き替えにジロジロ見られる。
けっこう複雑な気持ちかも?
 

◆ariariさんへ

確かに湯浅には営みが色濃くありました。
そこが魅力的でしたね。
湯浅周辺には宿屋もあるそうなので、2泊くらい宿泊してじっくりもう一回見たいです。

( by : MuhW * URL ) ( 08/19 - 15:02 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント