FC2ブログ
2017年 北海道ツーリング・・・・4日目 【網走番外地編 vol.2】
前回の続きです。


博物館網走監獄にて。




過去記事
2017年 北海道ツーリング・・・・1日目
2017年 北海道ツーリング・・・・2日目
2017年 北海道ツーリング・・・・3日目
2017年 北海道ツーリング・・・・4日目 《網走番外地編 vol.1》 




さて、いよいよ本丸の五翼放射状房です。
上空から見るとこんな感じ。

caption.jpg

国の重要文化財に指定されています。
明治45年の建物です。(昭和60年に現在の場所に移築)





2017_0810_網走監獄博物館_DPP4_031

木目とトラスが美しいですね。
刑務所にするには勿体ないほどです。




2017_0810_網走監獄博物館_DPP4_028

中央の見張所です。
ここから5本の廊下が全て見通せます。
うまくできたものです。




2017_0810_網走監獄博物館_DPP4_034

むむ?
上に何かいますね。




2017_0810_網走監獄博物館_DPP4_037

あっ、脱獄犯!



・・・・・とお約束の展開。



これは実話だそうです。
白鳥由栄という受刑者で、「昭和の脱獄王」と呼ばれたそうです。
26年間もの服役中に各地の刑務所を4回も脱獄し、累計逃亡年数は3年にも及んだんだとか。
この網走監獄では味噌汁で手錠と視察孔を錆びさせて外し、関節を脱臼させ、監視口をくぐり抜けて脱獄したそうです。




もう2時前です。
いい加減、お腹が空いてきました。





2017_0810_網走監獄博物館_DPP4_040


2017_0810_網走監獄博物館_DPP4_041

監獄食。
現在の網走刑務所で収容者が食べている食事のメニューを再現したものです。

普通に美味かったです。
囚人はこんなに良いものを食ってやがるんですね。
うちの晩飯より豪華です。






続きます。



 
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


 


( 2017.09.08 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )
コメント

「昭和の脱獄王」なんていたのですね。
その努力には頭が下がりますが監獄食を見る限り、
そのまま服役していてもよかったように思います。
やっぱり自由が欲しかったのでしょうか?
「平成の脱獄王」ってのはいるのでしょうかね?
今時の脱獄は、簡単ではないと思いますが…。

( by : えふ5.6 * URL ) ( 09/10 - 23:09 ) ( 編集 )

最近でも脱獄事件はあるようです。
広島刑務所で中国人の受刑者が脱走したとか、東京拘置所からイラン人が集団脱獄したとか。
メキシコでは捕まった麻薬王が、外部の協力者に脱獄用のトンネルを掘らせて逃げたそうですが、そのトンネルを掘るには6億円かかったと推定されているそうです。
ブラジルでは受刑者89人が、トンネルを使って集団脱走したそうです。そのトンネルは以前脱獄事件があった際のもので、その後放置されたままになってたそうです。
海外はスケールが桁違いですね。

ところで昭和の脱獄王はその後何回か脱獄を繰り返した後、模範囚になり仮釈放されたんだとか。

( by : MuhW * URL ) ( 09/11 - 18:13 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント