FC2ブログ
2017年 北海道ツーリング・・・・6日目
北海道ツーリング6日目です。


今日は稚内へ向かいます。



過去記事
2017年 北海道ツーリング・・・・1日目
2017年 北海道ツーリング・・・・2日目
2017年 北海道ツーリング・・・・3日目
2017年 北海道ツーリング・・・・4日目 《網走番外地編 vol.1》 】
2017年 北海道ツーリング・・・・4日目 《網走番外地編 vol.2》 
2017年 北海道ツーリング・・・・5日目 《トラブル編》 
2017年 北海道ツーリング・・・・5日目



網走から稚内に向かう最短距離は海沿いのオホーツクライン。
ツーリング計画段階からこれを楽しみにしておりました。
ひたすら何も無い道だと聞いたことがありますが、そう、それが好みです。
いままで走ったことがないので、今回ぜひ走ってみたかったのです。

しかし当日の予報では海沿いは風が強いとのこと。
北に行くほど強くなるようです。
慎重に判断しなくてはなりません。
バイクでは横風は禁物です。
横風が強いとまともに走れません。

ここで最も要注意なのは、待避ルートがあるかどうか。
北海道に限りませんが、ロングツーリングでは、途中で体調や天気や道路状況の急変を考えて、そのルートを避けて迂回もしくはショートカットして近道できる待避ルートを用意しておきます。
今回の場合では、もしオホーツクラインが強風で走れないとなれば、内陸に逃げ込むことを考えなくてはならないのですが、その選択肢は多くはありません。
内陸側に入れる道は数十キロに一本程度です。
これでは粗すぎ。
強風でまともに動けなくなったらその数十キロすら走行困難・・・・・・・・




・・・・・ということで、悩んだ結果オホーツクラインは諦めました。
ちょっとリスキーです。




当日朝は、4時半に目が覚めました。
目が冴えて眠れそうもなかったので、5時には出発しました。
今日は、今回のツーリングの中で最も長距離を走らないといけない日です。
400kmオーバー。
途中で何かトラブルがあったり、走行ペースを落とさざるを得なくなったら、時間を食うので早めに出発するに越したことはありません。


・・・・・で、走り始めたわけですが、空はどんよりと重苦しい曇り空です。


2017_0812_網走→稚内_DPP4_003


はたして120kmくらい走ったところで、雨が降り出しました。
この先晴れる見込みもなさそうだったので、しかたなくカッパを着ました。




カッパを着て走るのは実に鬱陶しいです。
充分暑ければカッパを着ないという選択肢もありますが、寒いです。
なんと15℃切ってます。

途中で寒さに耐えきれなくなり、グリップヒーターとシートヒーターを効かせました。
ノーマルでこの装備がついてるのは、バイクでは珍しいです。
限られた車種にしかついていません。
真夏にこれを使うことになるとは全く考えもしなかったです。
本当に洒落にならないくらい寒いです。

しかしながら走行はハイペース。
一般道で70km/h、高速道路で90km/hをキープ。
順調に距離を稼ぎます。





2017_0812_網走→稚内_DPP4_008




2017_0812_網走→稚内_DPP4_004

道の駅「なかがわ」《map》に着きました。
既に300km以上を走破し、稚内にあと90kmに迫りました。
まだ降ってます。
っていうか完全に本降りです。
バッグもびしょ濡れです。




ここで、ふと気がついたのですが、このままでは稚内に早く着きすぎます。
ただいま、11時。
このペースだと12時半か1時ってとこでしょう。

念のためにホテルに早めのチェックインができないかどうか聞いてみたのですが、やはり定時の3時にならないとダメとのこと。
しかたありません。
ここで時間調整しましょう。
1時半頃にここを出ればホテルに3時過ぎに着くでしょう。
ということはここで2時間半の待機ってことになります。
2時間半もどうすれば良いのでしょうか・・・・・・



2017_0812_網走→稚内_DPP4_007

とりあえず昼飯。
オムライスにしました。
マヨネーズは無いほうが好みでした。
何にでもマヨネーズをかけてしまうマヨラーってのがいますが、僕には理解できません。
まあ、やりたければやれば良いのですがw



苦痛の2時間半を消費し、13時半過ぎに再出発しました。
稚内に近づくにつれ、横風が強くなってきました。
しかたなく、60km/h以下にペースダウン。
後ろから迫ってくるクルマに道を譲りながらの走行でした。
常にバックミラーを見てないといけないので、気を使います。
この状況を考えると、オホーツクラインを選択しなかったのは、たぶん正解です。
海沿いは風が強いので、ここよりさらに横風が強いということになります。
おそらく立ち往生してしまった可能性も。

横風を警戒しつつ走行を続けます。
こんなときはクルマが羨ましいです。
雨が降ろうが、寒かろうが、横風が吹こうが、快適そのものですから。
そんなことを考えつつも我慢の走行。
ただ、風はある程度の強さ以上にはならず、なんとか走ることができました。


ところで、今日は日本最北端の宗谷岬に立ち寄ろうと思ってました。
しかしこの状況では諦めざるを得ません。
稚内には2泊する予定ですから、明日雨がやめば行けばいいのです。




2017_0812_網走→稚内_DPP4_010

ホテルには3時半過ぎに着きました。
こんな早い時間ですが、他のバイクがけっこう停まってました。
この天候ですから、他のライダーたちも予定を繰り上げて早めに宿に着こうと考えたのでしょう。

バイクを停めてると、ちょうど他のライダーがやって来たので言葉を交わしました。
東京のライダーで、毎年北海道に来てる強者らしいです。
この時期毎回天気が悪いような気がすると仰ってました。
僕自身は北海道3回目ですが、過去2回は天気に恵まれてましたのでそんな感じもなく、今回が特殊なのかと思いましたが、そうでもないんでしょうか。

その方は僕の軽装ぶりに驚かれてました。
実際、僕はいかに身軽になるかを考えて装備を決めるので、荷物は最小限。
腰に着けてるカメラの入った大型のバッグを除けば、他の荷物はスーパーの買い物かごサイズ相当でいえばその半分以下。
かさばるのが衣類なので、それを削るのです。
衣類は全て1セット。
宿に着いたら着てるものは洗濯し、干しておけば翌朝には乾いているという手法です。
ですから衣類は全て速乾性のものしか使いません。




2017_0812_網走→稚内_DPP4_011

お部屋はこんな感じ。
ツインの部屋なので割と広いです。
窓の高さが妙に高いですね。

しかしこのホテルは酷かったですね。
バスルームは汚いしかび臭いし、部屋も掃除が行き届いてるようには見えません。
ドアは体当たりしないと開きません。
これで一泊1万円オーバーはあり得ません。
僕の感覚からすれば5000円級がいいとこですね。
夏休み価格なのでしょうけど、これは無いです。
この部屋に2泊もするのかと思うとげっそりです。




2017_0812_網走→稚内_DPP4_013

夕食は居酒屋にて。
ハイボール、じゃがバター、刺身、サンマの塩焼き、鮭のお茶漬けでした。
味は〇〇でした。
安かったですが。





今日のルート図。





続きます。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村





( 2017.09.16 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:4 )
コメント

もうバイクの左側は拝めないかと思っていました(笑)とんだ災難でしたね、、さいごの地図みて走行距離驚きました、きっと自分の1年分です(笑)

( by : kent_225 * URL ) ( 09/16 - 21:53 ) ( 編集 )

◆kentさんへ

いやほんと災難でした。
駐車場で、ちゃんとマスの中に停めててそうだったのですから、避けようがないですよ。
でも相手が逃げずに対応してくださったので幸いでした。
北海道から帰ってきてすぐにバイク屋に修理に出しました。
まだ戻ってきてません。
3連休を逃してしまいましたが、どうせ台風きてますから、まあ損はしなかったと思うようにします。

この日の走行距離は420kmでした。
ぜんぜん楽勝です。
一方で四国は距離を稼ぐのは大変ですよね。
徳島から宿毛まで360kmを下道で走ったことがありますが、身体ががたがたになりました。
たぶん、北海道の人が四国に来たら発狂しますねw

( by : MuhW * URL ) ( 09/17 - 09:33 ) ( 編集 )

風が強い日に自転車で走ってもあおられるのに
バイクのスピードで…と思うと怖くてたまりません。
しかも雨だなんて!
よくぞご無事で…よかったです( ´ ▽ ` )ノ

( by : af-plus * URL ) ( 09/17 - 15:47 ) ( 編集 )

◆af-plusさんへ

バイクで横風は怖いです。
対向車線に飛ばされたりしたら、命の危険があります。
なので雨より気を使います。
雨も嫌ですけどね。
バイクは自由そうに見えますが、実際はクルマより面倒な乗り物です。
 

( by : MuhW * URL ) ( 09/17 - 16:13 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント