FC2ブログ
塩山ツーリング
もうだいぶ前ですが、塩山まで軽くツーリングに行ってきました。
まだ猛暑続きの頃です。




2018_0817_塩山往復ツーリング_GRII_DPP4_002

上野原市棡原(ゆずりはら)地区の火の見櫓。
最近、火の見櫓がマイブームで、そればっかり撮ってます。
興味ない人にはどうでもいいかもですが・・・・

4本脚で四角い屋根。
屋根の四隅にはくるっと巻いた蕨手(わらびて)が着いてて、頂部には風向計が取り付けられております。
見張り台は円形で、手すりには唐草模様の装飾があしらわれています。
足下にある建物との取り合わせが絶妙で、これはかなり美しいですね。
手前の電柱が無ければ、もっと良かったですね。





K18をずっと走り、R411(青梅街道)に出たら西へ。
どんどん西に走ると、柳沢峠に至り、そこから甲府盆地へ駆け下っていきます。
下りるに従い、気温がぐんぐん上昇してくるのが分かります。
甲府盆地はめちゃ暑いのです。
そして下りきったところが塩山。




2018_0817_塩山往復ツーリング_GRII_DPP4_004

塩山近郊の通称フルーツラインにて。
その名のように、道の両側は果樹園になっています。
写真はぶどう畑。
驚いたことに、一房一房、丁寧にカバーが掛けられています。
全部です。
凄い手間です。
このカバーは、「傘紙かけ」や「傘かけ」と言われるもので、雨粒に含まれるカビ菌からぶどうを守るために施すものだそうです。




2018_0817_塩山往復ツーリング_GRII_DPP4_005

道の駅「花かげの郷まきおか」にて、昼食はカレーライスでした。
いつもは天玉そばを食べるのですが、この日はちょっと気まぐれを起こしました。
味は、学生食堂のカレーという感じで、懐かしい味でした。




昼食が終わったら、帰途につきます。
R411で再び柳沢峠を越え、ずんずん走って奥多摩湖へ。
そして奥多摩周遊道路。
このときは空いていて、ほとんどクルマ・バイクと行き会わなかったです。
ここの制限速度は40km/h。
性能の良いクルマ・バイクには、退屈きわまる速度域です。
あと10kmくらい上乗せしてくれれば嬉しいんですけどね。




2018_0817_塩山往復ツーリング_GRII_DPP4_007

K33沿いの集落にある火の見櫓。
4本脚で屋根と見張り台共に8角形。
屋根の蕨手、風向計、手すりの唐草模様と、定番の装飾が施されています。
半鐘は一番上には見当たらず、下の踊り場に設置されていました。





以降は普通に走って帰宅。
高速道路は使いませんでした。
中央道はいつも渋滞してるし、高速代もバカになりません。
時間がかかっても、最近は下道オンリーで帰ることが増えました。




終わります。





にほんブログ村





( 2018.10.12 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:2 )
コメント

火の見櫓は、デザインにバリエーションがあって、
写真を撮り集めたら楽しいかもしれませんね。
自分も一時期、そのような考えが浮かんだのですが、
おそらく、相当な数になるはずで、きりがなくなりそうなので
実行には移していません。^^;

我が家のお隣さんが、家庭菜園で毎年ブドウを作っています。
写真のように、それぞれカバーをかけて本格的にやっています。
ただ、おすそ分けは、いままで一度もありませんが…。^^;

( by : えふ5.6 * URL ) ( 10/16 - 00:18 ) ( 編集 )

◆えふ5.6さんへ

ある情報によれば、長野県で2300基、静岡県で1000基、あるそうです。
全国47都道府県で見れば、たぶん万単位でしょうね。
たしかにキリがないですね。
ツーリングのネタになるので、今後も続けていこうと思ってますが、いずれどれを見て、どれがまだかってのが混乱することが目に見えてます。
ある程度貯まったら、整理の方法を考えようと思います。

こちらにぶどうの栽培管理に関する記事があります。
http://www.nosai-yamanashi.or.jp/agricultural/grape
けっこう大変そうです。
植えて水さえやってれば良いってものではないようです。
なので、そうそうお裾分けはなさそうですねww


( by : MuhW * URL ) ( 10/17 - 19:09 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント