FC2ブログ
長野ツーリング・・・・vol.1
8月に長野方面にツーリングに行ってきました。


コースはおなじみですが、秩父からR299で十石峠を越え、R141に出たら南下し、小海からK124でぶどう峠を越えてR299に戻ってくるもの。
交通量が少なく、クネクネ道を充分に楽しめるコースです。
僕の家からだと350kmくらいあり、ほとんどが下道という比較的ハードなコース。
もう何回走ったやら?
通算で、たぶん200回くらいは走ってると思います。







2018_0819_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_003

僕が知る限り、最も悲観的なキリ看。
全滅って・・・・・・w




2018_0819_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_005

マクラーレン570GTを目撃。
マクラーレンのディーラーってどこにあるんだろうと思って調べてみたところ、東京に2カ所、名古屋に1カ所、大阪1カ所、福岡に1カ所で、合計5カ所あるようです。
東京以北には1軒もなし。
このクルマを買える人ってのは資金力だけでなく、居住地にも左右されるようです。




2018_0819_十石峠→ぶどう峠ツーリング_GRII_DPP4_010

十石峠を越え、長野に入ったとこで。
運転免許保有者10万人あたりの飲酒運転事故件数では、長野県は2017年で5.6件。
これは全国ワースト11位と、けっこう高順位。

ちなみに飲酒運転による事故は2017年では全国で3582件だったそうです。
事故を起こしてない場合は件数に含まれませんので、潜在的には飲酒運転はもっと多いでしょう。
恐ろしいことです。
バイクはちょっと当てられただけでも即死傷事故に繋がるので、人ごとではありません。

飲酒運転による悲惨な事故は連日のように報道されますが、昔と比べてどうだったのでしょう。
警察庁の資料によれば、今から18年前の2000年(H12)には飲酒死亡事故が1276件ありました。
それ以前からも1200件越えがコンスタントに続いていたようです。
2001年(H13)に危険運転致死傷罪が新設されたことから件数は徐々に減りはじめ、その後も飲酒運転の厳罰化に関する法改正が繰り返されたことで、件数はだいぶ減り、2016年(H28)時点では死亡事故は213件となりました。
昔に比べれば、大幅に減ったと言えるでしょう。
しかし、213件でも多いですよ。
上でも書きましたが、検挙されていない潜在的飲酒運転、言ってみれば飲酒運転事故加害者候補は相当数いるでしょう。
ほんと、勘弁して欲しいです。




続きます。





にほんブログ村

 


( 2018.10.18 ) ( ツーリング ) ( COMMENT:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント