FC2ブログ
富士みち / R139 その3
富士みち / R139シリーズが立て続けですが、全部違う日です。
このあたり、けっこう見どころが多いんですよね。



今回、まず向かったのは、新倉山浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)です。



外国人に人気らしいですよ。
五重の塔と富士山がセットで見られる絶景スポットということらしいです。

麓の駐車場にバイクを停め、階段を上ること約400段!
グロッキー寸前で頂上に着きました。

頂上にあるのは、忠霊塔。
戦没者を祭る慰霊塔であって、仏塔ではないそうです。

忠霊塔の裏手に展望台があり、そこからの眺めは・・・・・


2018_1031_道志路→富士吉田→塩山ツーリング_GRII_DPP4_010

確かに絶景!
外人、ハイテンションで盛り上がってました。
周りには20人ほどいましたが、日本人は3人くらい。


しかし、この忠霊塔、建築的にはアレですよ。
間違っても法隆寺の五重塔とかと一緒にしてはなりません。
違いの分かる男には一目瞭然だと思いますがw




2018_1031_道志路→富士吉田→塩山ツーリング_GRII_DPP4_016

麓のほうに下りると、今度は鳥居越しに富士山を眺められるスポットがありました。
ここでも外人がハイテンションでした。



しかし、彼らはこんなところまでどうやって来るのでしょうか?
この公園の最寄り駅は、富士急大月線の下吉田駅。
中央線の大月から枝分かれしている路線です。
東京から来たとすると、この下吉田駅まで3時間くらいかかります。
凄いパワーですね。




公園を後にし、富士みちを大月方面に向かいました。
もうすぐで大月というところで、ちょっとストップ。




2018_1031_道志路→富士吉田→塩山ツーリング_GRII_DPP4_026

駒橋発電所落合水路橋です。
国の登録有形文化財に指定されたレンガ造りの水路橋です。
外観は橋になってますが、通ってるのは水路です。
川を水路が横切るという不思議なことになってるのです。
建造は明治40年。
なんちゃってレンガタイル張りとかでは絶対に出ない重量感に圧倒されます。


で、駒橋発電所というのはどこにあるかというと、ここからはるか離れた、桂川のほとり。



地図では分かりにくいですが、露天の水路となったり、地下に埋もれたりしながら、愚直に発電所まで水を引き続けること、100年以上。
派手さはないですが、その働き者ぶりに、敬意すら感じます。




2018_1031_道志路→富士吉田→塩山ツーリング_GRII_DPP4_033

これからも末永く頑張ってほしいですね。




そして、最近できた「道の駅つる」に立ち寄り。



R139からずいぶん奥まったところにあります。
この辺りは、バイパスが新しくできたりして、たいぶ変わりつつある場所です。
今後、道の駅のすぐわきに新しく大通りができたりするのかもしれませんね?


2018_1031_道志路→富士吉田→塩山ツーリング_GRII_DPP4_034

生姜焼き定食をいただきました。





終わります。






にほんブログ村




( 2019.02.07 ) ( その他 ) ( COMMENT:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント