FC2ブログ
渡良瀬バルーンレース・佐野・足尾ツーリング・・・・vol.11
前回の続きです。


「山ノ神ドライブイン」で蕎麦をいただいて、粕尾峠《MAP》に取り組みます。
この峠は、タイトで険しく、走り甲斐がある峠だ・・・・と言いたいところですが、ちょっと路面のコンディションが悪すぎます。
峠の東側はそうでもないですが、西側は浮き砂が多く、神経をとがらせてないと転倒しそう。
なぜこんなに浮き砂が多いのかは分かりませんが、たぶん春の雪解けから時間が経ってないので、雪が運んできた砂が路面に残されてるんだろうと思います。(記事は4月初旬時点のものです)
いま行けば、砂が洗い流され、状況は変わってるかもしれません。


と、言いつつも無事に峠を降りて、足尾に到着しました。


旅が始まってから足尾に着目したので、どこにバイクを停め、どこを見るかとか、そういう下調べは一切してないです。
片っ端から撮っていくことになります。
バイクを停める場所は、まあ臨機応変に。




2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_060

渡良瀬川にかかる橋は、その名もずばり、「渡良瀬橋」。
脇に説明書きがあって、それによれば、この橋は元々鉄骨の橋だったらしいですが、その後の昭和10年(1935年)の大改修で、鉄骨部分をコンクリートで巻いて、今の形になったそうです。
そして平成9年(1997年)にすぐ隣に新しい橋が造られるまで、現役だったようです。
大改修を受ける前の元々の鉄骨の橋がいつのものかは、資料の散逸により、不明だそうです。


新しい橋は写真に写ってます。
よくある鉄骨の無粋な橋。
最新の橋が、昭和だか大正時代だかの橋に比べて貧相だってのがよく分かりません。





2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_067

渓流が美しいですね。
水だけ見てると、かつて鉱毒事件が起こったとは思えないです。
そこが却って危険なのかもですが・・・




2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_068

社宅?らしき建物が建ってます。
いったいいつのものかは不明ですが、昭和初期とかじゃないですかね?
でも窓がアルミサッシになってたりしますし、案外新しいかも?
ちょっと、分かりません。




2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_078

2019_0406_バルーンレース→葛生→粕尾峠→足尾_081

古河キャ〇〇ックという会社の玄関脇に建ってる木造の事務所?です。
現役でしょうね?






続きます。






にほんブログ村

 


( 2019.08.17 ) ( 街・集落 ) ( COMMENT:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント