FC2ブログ
西伊豆 西浦古宇集落・・・・vol.1
冬のツーリングの定番である西伊豆。
三津、戸田、土肥を繋ぐ静岡県道17号線沿いには小さな集落が点在しています。
今まで気が付いてはいましたが、足を止めることなくスルーしていました。
しかし、最近の私的集落巡りブームのなかで、各地の目的地を探すうちにこのエリアを思い出して調べてみると、実はかなり良質なものが少なくないようだということに気が付きました。

そんなことで、このエリア第1回目に選んだのは、西浦古宇(にしうらこう)という集落。
沼津市に属します。




表通りの県道17号線から細い道をちょっと入ると、そこは別世界。
10メートルくらい入った程度で、ぜんぜん違う次元に入ったように感じます。



2019_1201_西伊豆_西浦古宇集落_RP_DPP4_009




2019_1201_西伊豆_西浦古宇集落_RP_DPP4_010

火の見櫓は静岡タイプ。
とんがり屋根に細身のフレームが特徴的です。




2019_1201_西伊豆_西浦古宇集落_RP_DPP4_013

この集落は蔵がたくさん建ってるのですが、1階が石造なのが特徴的です。
2階は石だったり、板張りだったり、なまこ壁バージョンもあり、バラエティ豊かです。
この蔵は1階2階ともに石造ですね。




2019_1201_西伊豆_西浦古宇集落_RP_DPP4_012

さらに面白いのは1階の窓の造形。
西洋風っぽい感じもしつつ、そうでない感じにも見えます。
大工さんというか石工のおしゃれ感覚あるいは遊び心でしょうか。
石材の模様と相まって、見ごたえがありますね。




続きます。




にほんブログ村



ところで、去る12月20日、アメリカのトランプ大統領は国防権限法に署名し、同法が成立しました。
アメリカ宇宙軍が発足し、既存の陸軍、海軍、空軍、海兵隊、沿岸警備隊に続いて6つ目の軍となります。
宇宙軍のメンバーは、空軍から兵士と文官を合わせて16,000人を引っ張ってきたようです。
ところで、その宇宙軍の装備はどんな感じになるのでしょうね?
当然ながら、宇宙の遥か彼方に行ける宇宙船が必要です。
もちろん、多量の人員を運べるよう、数千人が乗れるくらいの大きさが必要でしょうか。
そして迅速に目的地に駆け付けられるよう、ワープ装置付きが求められます。
普通に飛んだら30年かかる距離を1時間くらいで飛んじゃうやつです。
え? まだない?
では仕方ないです。30年かけて行ってください。
着いた頃には定年退職寸前ですがw



( 2019.12.23 ) ( 街・集落 ) ( COMMENT:2 )
コメント

お疲れ様です。
自分も県道17号線は、通ることがありますが、
いつも素通りで、どんな街があるのかあまり考えたことがありませんでした。
別世界ということだったので、ストリートビューで見学してみました。
火の見櫓や神社の鳥居、石造の建物までわずかな距離しかありませんね。
面白いですね。
こうして伊豆の集落巡りをやったら、
結構新発見があるかもしれませんね。

( by : えふ5.6 * URL ) ( 12/26 - 08:56 ) ( 編集 )

◆えふ5.6さんへ

この辺りは小さな集落が点在していて、けっこうな数になります。
ずっと南下して松崎の辺りまで範囲を広げたら、さらに多くなるでしょう。
今年の冬は、西伊豆の集落巡りと決め込みたいです。
ちょっとわくわくしますね♪

( by : MuhW * URL ) ( 12/26 - 21:34 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント