奈良井宿にて
奈良井宿観光協会HPより抜粋

中山道六十九次の中で、東海道と共有する草津・大津宿を抜いた純粋な中山道六十七宿中(板橋から守山まで)、奈良井宿は江戸側の板橋宿から数えても京側の守山宿から数えても34番目に位置する、中山道の丁度真ん中の宿場町です。
木曽11宿の中では最も標高が高く、難所の鳥居峠を控え、多くの旅人で栄えた宿場町は「奈良井千軒」と謳われました。

奈良井宿は日本最長の宿場町であり、中山道沿いに南北約1km、東西約200mの範囲で南北両端に神社が、町並みの背後の山裾に五つの寺院(奈良井五ヶ寺)が配され、街道にそって南側から上町、中町、下町の三町に分かれています。 昔は中町に本陣、脇本陣、問屋などが配置されていました。

場所はここです。




では奈良井宿をどうぞ。


15_0920_奈良井宿_DPP4_014




15_0920_奈良井宿_DPP4_001




15_0920_奈良井宿_DPP4_005
15_0920_奈良井宿_DPP4_010




15_0920_奈良井宿_DPP4_012




15_0920_奈良井宿_DPP4_016




15_0920_奈良井宿_DPP4_022




ちなみに中山道六十九次の中で42番目は妻籠宿。
奈良井宿と並んで有名なので耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。
奈良井宿の南方55kmくらいの位置にあります。

奈良井と妻籠の大きな違いは道幅。
妻籠のほうが細いです。
奈良井の半分くらいでしょうか。
そのうえくねくねしております。
そしてすぐ近くまで山肌が迫っています。
この囲まれ感は個人的には大好きです。
奈良井は道幅も広く、山はありますが迫っているというほどでは。
明るく開放的です。
この違いはかなり多いので、時間に余裕のある方は両方ご覧になって比べるのも面白いと思います。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



この日は実は財布をホテルに置きっぱなしにしてきてしまったのです。
お焼きを買おうとして財布がないことが判明。
普通ならホテルにとって帰すところでしょうけど、僕は違います。
バイクに乗ってさえいれば幸せなので、帰るなど全く考えもせず。

昼食抜き、飲み物抜き。
ガソリンは前日に満タンにしておいたのでまあ大丈夫。

ということで予定通りのルートで走りきりました。
ガソリンはほとんど残ってませんでした・・・・

しかしお金がないってのはどうにもならないですね・・・・


お金なしで生活するすべはないのでしょうか?
仮に家のローンは払い終えているとしても、水もガスも電気もなし。

庭で野菜を育て、ニワトリを飼えば暮らせるのでは???
いえ!
そのニワトリを焼くガスがありません。

山で薪を拾ってきて七輪で焼くとか。
しかしその山にはどうやって行くのでしょうか?
自転車で行くしかないですね?

ニワトリ以外が食べたくなったらどうしましょう?
山に自転車で行き、鹿とか兎を素手で捕まえるしかありません。

しかしその自転車はパンクしたら終わりです。
修理するのに必要なゴムパッチさえ買えません。

徒歩しかないですかね・・・・

街中を鹿を背負って歩いてる人を見たら、ぜひ寄付をお願いします。


 


( 2016.01.17 ) ( ) ( COMMENT:2 )
コメント

いかにも宿場町といった雰囲気ですねー。ステキな雰囲気。
観光客がけっこういますね。
妻籠宿は数年前に行ったことがあります。
今、その時の写真を引っ張り出して見たのですが
確かに道幅が狭いです(^^ゞ

>街中を鹿を背負って歩いてる人を見たら、ぜひ寄付をお願いします。
ニワトリや鹿はともかく、ケーキやドーナツや饅頭が食べたくなったらどうするのでしょう。
デコレーション用の果物は栽培するとして、生クリームとか作れません。
牛飼って下さい…_| ̄|○

( by : 絵里 * URL ) ( 01/18 - 20:15 ) ( 編集 )

◆えりさんへ

シルバーウィークでしたからけっこう混んでましたよ。
駐車場もかなり満杯でした。
バイクなら置き場にあまり困らないのが助かります。
街を撮るようになってからは妻籠に行ってないので、また近いうちに行きたいです。

>生クリームとか作れません。
隣のワンコがメスなのですが、いかがでしょうか?
 

( by : MuhW * URL ) ( 01/20 - 20:21 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント