野辺山参拝
国立天文台 野辺山宇宙電波観測所です。





直径10mのアンテナ6基が参道に並んでおります。
本殿は45m。


見ようによっては宗教空間のようです。
ご神体はもちろん宇宙です。


この望遠鏡は光学的な望遠鏡ではなく、宇宙からの電波を受信し、その電波を使って宇宙を探ります。
宇宙には光を出さない低温のガスや塵が漂っていており、その物質は物質ごとに異なる周波数の電波を放っているのだとか。
このアンテナでそれを受信すれば物質の分布が見えるそうです。
10mの6基のアンテナを連携すると直径600mのアンテナに相当する能力になるそうです。
いまいちピンときませんが・・・・


しかし不思議なことにここに来ると宇宙の気配を感じます。
宇宙の手がここまで延びているようです。




15_1003_野辺山宇宙電波観測所_DPP4_001




15_1003_野辺山宇宙電波観測所_DPP4_006




15_1003_野辺山宇宙電波観測所_DPP4_017




15_1003_野辺山宇宙電波観測所_DPP4_026




15_1003_野辺山宇宙電波観測所_DPP4_047




15_1003_野辺山宇宙電波観測所_DPP4_050




15_1003_野辺山宇宙電波観測所_DPP4_055



ここに来るとすがすがしい気分になりますね。


写真は見ての通りまだ去年の秋口です。
古い写真ですみません。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


ニュースによれば、この太陽系に9番目の惑星がある可能性があるとする研究成果が発表されたそうです。
地球の10倍の質量があり、太陽の周りを1~2万年かけて回るようです。
なんとも浮世離れした天体ですね・・・・

この星では1年が1~2万年あるわけです。
2万年としたら、地球換算では1日が54年に相当します。
人間がこの星に住んだら2日と持たない人がほとんど。
月曜に生まれたら火曜日の昼頃には死んでしまうのです。
夏に生まれたら一生夏を過ごすことに?・・・・・・・まあ、これはOK。
冬に生まれたら一生凍えて過ごすことに?・・・・・・・絶対お断りですね。

 


( 2016.01.21 ) ( 風景 ) ( COMMENT:2 )
コメント

めちゃカッコいいですね、ここ!いつか行ってみたいと思いました! アンテナの先(地球側)はどんな人がどんな仕事してるんでしょうか、、残業とかあるんでしょうか・・・すごく気になります。

( by : kent_225 * URL ) ( 01/22 - 22:26 ) ( 編集 )

◆kentさんへ

残業が気になるんですね??wwww
僕はここの食堂のメニューが気になります。
やっぱりカレーとかあるんですかね??
 

( by : MuhW * URL ) ( 01/22 - 22:58 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント