おかず横丁・・・・vol.2
おかず横丁関係ない写真ですが。

錆は思い切り彩度を上げるのが僕流です。



16_1210_おかず横丁→佐竹商店街_DPP4_022




16_1210_おかず横丁→佐竹商店街_DPP4_026




16_1210_おかず横丁→佐竹商店街_DPP4_027



今回は1枚目2枚目には「クリア」というピクチャースタイルを当ててます。
極度にコントラストが高くなり彩度もアップ。
常用するものではありませんが、こういうケースでは重宝します。


ご存じと思いますが、キヤノンの写真にはピクチャースタイルというのが組み込まれています。
「風景」とか「スタンダード」や「モノクロ」とかいう複数のピクチャースタイルがあり、生データとそのピクチャースタイルのセットが絵になります。
ピクチャースタイル抜きの絵ってのはキヤノンには存在しません。
必ず何らかのピクチャースタイルを当てる必要があります。
しかしどれも今ひとつです。
特に空の色が気に入りません。
子供の絵のように空=水色という感じでべたっとしてしまうのです。
これを解決するには2つの方法があって、個別に色調整するやり方と、オリジナルでピクチャースタイルを作るというやり方です。
今までは個別にやってましたが、いいかげん面倒なのでピクチャースタイルを自作してみました。
ピクチャースタイルエディタっていうキヤノン純正ソフトがあってそれで弄くれます。
難しくて気に入った色にはなかなかなりませんが、とりあえず第一発目ができました。
それは次回の写真でお見せします。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



ところで、フィリピンの「麻薬戦争」で戦死者が5900人を超えたそうです。
2000人ちょっとは警察官によるものですが、残りは”自警団”と称する方々による”自主的な”殺害だそうです。
麻薬関係者が5900人もいることに驚きますが、その掃討方法も驚きです。

証拠も何もないのですから目をつけられたらアウト。
無関係の方々も相当数いるのではないでしょうか?



かつて日本でも麻薬が普通に売られてた時代があるそうです。


kakusei2.jpg


kakusei3.jpg


ちょっと今の感覚だと信じがたいですが。
 


( 2016.12.13 ) ( Ippons ) ( COMMENT:2 )
おかず横丁・・・・vol.1
仲間の写真を見て一発で行きたくなったので速攻で行ってきました。
見てから23時間後には現地入りしてましたから、まちがいなく速攻です。






横丁のネーミングだけ聞くと、イメージ戦略的に昭和レトロ調を売りにしてる風の印象も無いことも無かったのですが、すみません違いました。
じっさい昭和でした。
イメージではなく、体現してました。



16_1210_おかず横丁→佐竹商店街_DPP4_001




16_1210_おかず横丁→佐竹商店街_DPP4_015




16_1210_おかず横丁→佐竹商店街_DPP4_020





最寄りの浅草橋駅では仲間との待ち合わせに失敗。
いったん西口で下りて、待ち合わせ場所の東口へ向かうとこで方向を180度読み違えてしまいました。
東方向に歩いてるつもりで西へ向かってしまい、ずんずん歩いてるうちに秋葉原駅に着いてしまったときの衝撃度は半端ないです。
方向間違える以前に一駅分無意識に歩いてしまったのです。
こんな間違いはそうそうやらないんですが・・・・・
普通のひとは暑さでボケますが、僕は寒さでボケる質です。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



ところで、毎日寒いです。
朝の通勤タイムの寒さが嫌でしかたないので、今日は行きつけのお医者で漢方薬を出してもらいました。
ツムラ108 「人参養栄湯」。


効能は・・・・・・

====================================================================
体力と気力を補い、元気をとりもどすのを助けます。
冷え症で貧血気味、顔色が悪く、疲労衰弱がひどいとき、あるいは
病中・病後、手術後などで体力が弱っているときに用います。
====================================================================

・・・・・なんというか、まるで重病人扱いではないですか。
身体を温める薬をくださいと言っただけなのですがw

真冬でもTシャツ一枚で過ごせるくらい全力で暖まれれば言うこと無しですが。




( 2016.12.12 ) ( Ippons ) ( COMMENT:2 )
秋の風物詩・・・・vol.3
最後にボスキャラがきました。
大銀杏です。
キャンパス内は銀杏だらけですが、ここの銀杏は一回り大きく、広場の真ん中に立ってるので見栄えもします。
ここは望遠から標準域のレンズに交換して撮りました。



16_1203_東大の大銀杏→本郷菊坂_DPP4_030




16_1203_東大の大銀杏→本郷菊坂_DPP4_034




16_1203_東大の大銀杏→本郷菊坂_DPP4_035




東大キャンパス内、これで終わります。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



オランダのライデン大学研究チームによれば・・・・・
人間の場合、顔を区別するには、眉や目、唇、頬などのパーツの顔全体における相対的な認識を行うが、チンパンジーの場合も、同様のことを尻で行っているらしい・・・・・・
です。

つまり、チンパンジーにとって美人とはすなわち美尻のことだったということです。
顔は関係ないのです。
尻さえ良ければいいのです。
人間もフェチの人はそうなのでしょう。

チンパンジーに自己紹介するときは、顔ではなく尻をしっかり見てもらう必要があるのです。
ズボンを履いたままでもOKかでしょうかね?
やっぱり生じゃないと気が済まないかもですね。


 


( 2016.12.08 ) ( Ippons ) ( COMMENT:0 )
秋の風物詩・・・・vol.2
前回の続きです。
銀杏を一通り撮り終え、今度は三四郎池へ。
ここも紅葉の名所です。



16_1203_東大の大銀杏→本郷菊坂_DPP4_020




16_1203_東大の大銀杏→本郷菊坂_DPP4_028




16_1203_東大の大銀杏→本郷菊坂_DPP4_027




せっかく望遠を引っ張り出してきたのですから、望遠でしか撮れない写真を撮りました。
望遠っぽくないですか?
そうですか。


ピントが甘いですね。
元々EF70-300mm F4-5.6 IS USMはシャープなピントにはならないうえにMFということもあり、こういうことになりました。
しかしながらこうやって見ると、ピントがシャープなほど良いとも言い切れませんね。
これはこれでありかなとは思います。
ただ、3枚目だけはシャープな方が良いですかね。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




ところで、おなじみの温泉マーク。
実はJIS規格で決まってたそうです。
まず、それに驚き。

jis_28.jpg




さらに驚いたのは、この伝統を捨て去って新しいのに刷新しようと密かに企まれていたそうです。
外国人にとってわかりにくいそうです。




これが新しい案。
案と言ってもオリジナルではなく、国際ISO規格のマークらしいです。

yjimage.jpg



混浴風呂に見えます。
伝統的な従来温泉マークは悪くて、混浴はOKなのでしょうか?
意味不明です。
だいたい、従来温泉マークがわかりにくいという外人の方がおかしいのです。
温泉以外の何に見えるというのでしょうか?
おかしな奴らが増えてきてます。



ところで東京オリンピックを見据えてこの手のサインを作ろうという動きがあるようです。


1.jpg

祈祷室w

祈祷室っていうより拷問部屋のようではないですか。
大丈夫でしょうか?




奴らに任せたら大変なことになりそうです。

 


( 2016.12.06 ) ( Ippons ) ( COMMENT:6 )
秋の風物詩・・・・vol.1
土曜日に仲間たちと東大の大銀杏を見に行ってきました。
制限時間は1時間半。
だらだら撮るよりある程度締め切りを意識した方が集中できます。
時間が自由だと余計なもので時間を潰してしまいがちです。


赤門前で分かれて自由行動です。
一番の目的は大銀杏ではありますが、その前に撮るべきものはたくさんあります。



16_1203_東大の大銀杏→本郷菊坂_DPP4_014




16_1203_東大の大銀杏→本郷菊坂_DPP4_005




16_1203_東大の大銀杏→本郷菊坂_DPP4_002




16_1203_東大の大銀杏→本郷菊坂_DPP4_008




見ての通り、今回は望遠を使いました。
70-300mmのズームをEOS M3にアダプタを介して装着。
35mm換算で最大480mmにもなる大砲です。
最近は28mmあたりの広角が多いので、今回はたまには望遠でと決めてました。
並木とかを撮るには望遠の方が撮りやすいというのもあります。

M3との相性はいまいちで合焦が遅いので、今回はMFで撮ってました。
おかげでピントが甘いのが続出してしまいました。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




銀杏のくっさい匂いがあたり一面に漂っておりました。
あの匂いの成分は酪酸とエナント酸というのだそうです。
酪酸は足の臭いの成分とされてて、エナント酸ってのは腐敗臭に似た匂いだそうです。
要するに強烈に足の臭い男と腐った肉を担いだ女のアベック(死語)がうようよいるようなものですw
悪夢のデュエットです。
 
 
 


( 2016.12.04 ) ( Ippons ) ( COMMENT:2 )